お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg
 

お金借りられないが、支払いが、どうしたら??

  1. 奨学金を大手消費者金融のキャッシングで支払いしている?
  2. 奨学金支払いに学生ローンという提案は?
  3. 住宅ローンの支払いができない
  4. 借金で支払いしていることが大きな問題
  5. キャッシング支払いための借入はNG
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

奨学金を大手消費者金融のキャッシングで支払いしている?

大手消費者金融カードローンの審査に落ちたときに、支払いのために借りようとしていた方はがっかりしてます。
同時に支払期限が迫っているときには、どうにかしなくてはならない。
 

若者に多い?奨学金の支払い期限

大学進学のときに借金してしまった奨学金は卒業と同時に、就職したら返済している方が多いです。順調に支払いができるとしたら良いのですが、ちょっと遊び金がほしいなどでカードローンでキャッシングしてしまう方もいます。

これが、返済のための借入ではなく、遊びのための借入では良いのですが、カードローンが奨学金の返済のために借りようとしているとしたら、それは問題です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

金融業者には理由は話さない

大手消費者金融カードローンや銀行カードローンでは、どうして借入したいのかの理由は問われることはありません。数万円だったら良いと考えがちで、返済が1回2回だけなら良いでしょう。ただ、継続的に借りてしまっていると、大手消費者金融の審査落ちは大きな痛手になります。

内緒で借りれることでは、大手消費者金融などは手軽で良いですが、奨学金の返済を消費者金融の借入にたよっているところは少し困ったことになります。
 

奨学金の支払い解決の場合

一応若者の返済困窮者の場合は、大手消費者金融カードローンなどでの支払いをなんとかするのではなく、奨学金の支払いを減額するなどの工夫が必要です。

奨学金は返済しなくてはならないのですが、他の金融業者と違って、理由があれば支払いでは猶予や減額対応ができます。少し待ってほしいとか、返済期間が長期化しますが、今は多少減額をしてほしいなどの要望をしてみて下さい。

少なくとも、奨学金の金利は数%のはずで、大手消費者金融、銀行カードローンでは15%以上のものです。支払いをこうした高金利の借金でまかなうのはおかしな話しです。低金利になっている奨学金の返済のために高金利のキャッシングで支払いをしている事実は、悪の自転車操業的な借り方です。このまま続けていくと、後に支払いができなくなってしてしまいます。

奨学金の支払いでは、まずは金額調整をしてみる。
借りて返すということはしない方が良いと提案したいところです。
 

若者だけではない

奨学金の支払いは、40歳代の方でも行なっている場合があります。キャッシングをして支払いをしている。完済が見える場合以外は、今一度奨学金返済の内容確認をしてみて下さい。ボーナスなどで一括完済などができれば、良いのですが。

現状としては、奨学金支払いがあるので、大手消費者金融カードローンや銀行カードローンの借入があり、同時返済している方も存在していることでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

奨学金支払いに学生ローンという提案は?

大学生でも何かとお金が掛かる生活をしています。昔から、学生ローンという言葉もあり、大学付近には学生限定のキャッシングができる金融業者が存在しています。今は、カードローン審査もインターネットで申込ができますが、学生ローンの店舗のホームページも存在しています。
 

誰でも借入はできない

学生ローンは大学生の中でも収入があることが必要です。親からの仕送りだけでは収入にはならないでしょう。ただし、保護者が保証人となり借入ができるローンもあります。

この場合、両親にバレバレの借金になります。そうではなく、学生ローンでは自分が20歳以上で、アルバイトの収入があることで審査を受けることができます。ほぼ、大手消費者金融カードローンなどと同じ審査と考えて良いでしょう。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

審査基準が多少甘いだけ

学生ローンは、30万円程度の借入額になります。審査では、どうして必要なのかとか、返済能力に付いては詳細に事情を聞かれます。個人信用情報機関の確認も必要ですが、学生でアルバイトという不安定な収入で借入をするのですから、審査は慎重です。

20歳以上のアルバイターなら大手消費者金融カードローン審査も受けられます。
少ない限度額で、多少ですが甘い審査で借りれることがあります。
完済ができる範囲内ですが、返済できないと親に連絡してしまいますと脅されながら。
 

支払いのための借入

中には大学生で、支払いしなければならない場合もあります。
その内容によっては、キャッシングはしない方が良いとおせっかいされることもあります。
うるさい説教は聞きたくないならと大手消費者金融カードローンに申し込む人もいます。
融資ができる可能性もありますが、一応大人の話しには耳を傾けることも提案します。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

奨学金の支払いもあるし

この部分では、学生ローンでは借りない方が良いでしょう。現在奨学金の返済で苦労している方も多いですが、学生ローンで支払いをしなければならないという現状では、止められることがあります。審査落ちというのではなく、その支払いに関しては、奨学金調整をした方が良いというアドバイスです。
 

学生ローンも消費者金融と同じ

学生のための学生ローンですが、金利も消費者金融並であり、普通の金融業者と変わらないです。
収入がある苦学生のためのキャッシングですが、返済負担はとても大きい場合も少なくないでしょう。
若干20歳での任意整理などの債務整理経験者というのは回避したいことですが。

学生ローンと大手消費者金融カードローンの借入がある場合は、立派な多重債務者になります。
奨学金支払いも借金の1つです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

住宅ローンの支払いができない

毎月の支払いが大きいと考えられるのが住宅ローンでしょう。契約したときには低金利でなんとか支払いができると考えたり、変動金利契約では途中で金利が高くなってしまうことで、支払いそのものがピンチになってしまうことがあります。そんなときには、どうしたら良いのでしょう?
 

金融機関に早急に相談を

住宅ローンの場合は、大手消費者金融カードローンなどで補填できる金額ではありません。一時的な借入で、今月だけの支払いであったり、後ですぐに返済分の収入があるのなら、回避策としてのキャッシングはできます。

ただし、今後の支払いで不安になるのなら、銀行などの金融機関で住宅ローン本体の返済内容の見直しがオススメです。それもできれば、支払日前の相談がオススメです。借換のチャンスの可能性もあります。住宅ローンの支払いだけは、何かのキャッシングでどうにかしようというのは、オススメしない方法です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

思い切った個人再生

債務整理の提案ですが、個人再生は住宅ローンを保護することができます。
個人再生では、住宅ローン以外の多額のキャッシングなどを大幅減額ができます。
要するに、住宅ローンに100%の返済を充てることができます。

もし、支払いが厳しいときに、住宅ローン以外の返済額が大きい場合は、債務整理でも個人再生の選択で、ブラックリストにはなりますが、住宅ローンは完全保護することができます。
 

金融業者にもある住宅ローン

中小消費者金融などでは、住宅ローンの商品も存在しています。
審査は甘いですし、個人信用情報機関で金融事故があるとしても借入ができるというものです。

ただし、注意したいのが金利です。金利がとんでもなく高い商品であり、今銀行の住宅ローンであれば、それを守る対策を講じたほうが良いでしょう。
 

今、すべての家計の見直しを

住宅ローンを中心とする借金内容を見直しした方が良い時期かもしれません。

保険会社の多額の解約返戻金があるときには、契約者貸付制度があれば、大手消費者金融、キャッシングよりも低金利の借入が可能です。この場合は、弁護士相談では、個人再生などの債務整理の推奨になりますが、FPなどでは、総合的な家計の見直しなども可能です。場合によっては、保険解約などで解決ができるときもあります。

住宅ローンの返済だけは、ある程度支払いしていた場合は、不動産担保ローンの利用と契約の組み換えなども可能です。銀行と家計見直しの両方からの相談が必要でしょう。住宅ローンを捨てるというのは、なかなかできないことです。次の各種ローンの審査にも影響することですので、慎重に進めていくことになります。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

借金で支払いしていることが大きな問題

借金で支払い分の借入をする。それが生活に直結しているとか、継続しているときには致命的です。それは以前から続けて借入をしていると、既にブラックリストになっていて、軒並み審査落ちになっている場合があります。
 

続けて借入が危険

支払いの目的が、たまたま出費が多い月で予定額にお金を使った。
今月だけ生活費が不足していて、大手消費者金融カードローンなどで借りた。来月は予定ない。
そうしたときに、たまたまの借入だけが支払いでキャッシング利用ができることです。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

審査の甘い中小消費者金融に行ってでも

これがオススメなのは、すぐに返済できる見込みがあることです。
甘い審査でも中小消費者金融では、このような状況でなければ借入ができません。
もしブラックリストになっているとしたら、支払い目的のキャッシングはしないことです。
 

ひょっとして、既に多重債務者?

カードローン、キャッシングの申し込みのときに、既にブラックリストです。
その上で支払いが残っている。その事態はあってはならないことです。
生活を切り詰めるとか、新たな収入をしなければならない時期です。

そして、多重債務で支払いのため借入ができないのであれば、債務整理が早いかもしれません。
支払いの内容が、水道光熱費、税金などでは支払いはしないという選択はありません。

ただし、各種ローンやキャッシングでは、債務整理が可能です。ここで住宅ローンがあるのなら個人再生を選択したら良いですし、自己破産で支障がないのなら、借金ゼロにすることができます。

要するに、審査落ち原因が多重債務者であり、返済ができない金融事故があるのなら、債務整理が最適です。
任意整理であるのなら、裁判所が介入しないので、弁護士などが交渉だけで短期間で解決ができます。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

支払いはキャッシングでしない

本当は、毎月の収入の中でキャッシングで支払う方法を取らないことです。大手消費者金融カードローンにしても普通の審査で借りられて、すぐに完済してしまう。それができなければ借りないことです。

中小消費者金融の選択もあくまでも返済能力がなくてはならないと審査通過が必要です。それでも多重債務者で中小消費者金融の返済が増えるのなら、ますます支払いが厳しい状態になっていくことになります。借金と支払いの間で、借りてなんとかしていたと言う場合ここで債務整理リセットが必要な方は多いです。
 

ある債務整理者の口コミ

口コミでは、債務整理をしたことによって、毎月借りなくても良くなったと言います。たとえブラックリストになってしまうとしても、数年間の我慢か、中小消費者金融の甘い審査で借入ができる環境になります。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

キャッシング支払いための借入はNG

多くの大手消費者金融カードローン、銀行カードローンの審査落ちで、中小消費者金融に申し込みしようという方がいます。その借入目的を確認すると、キャッシングの返済であると回答されます。要するに、借金の支払いのために、借入しなくてはならないという状態です。
 

自転車操業的なキャッシング

多重債務者に陥りやすいパターンです。大手消費者金融カードローン借入する。また不足しているので他のカードローンからも借入、そして返済に充ててしまう。その上また借りたい、足りない、支払いができない展開です。最悪の内容になりますが、審査落ちせず借入しているときには、うまくいっていると錯覚してしまいます。返済に終わりが見えている少額であれば良いのですが。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

個人信用情報は知っている

個人信用では、この借入の記録がすべて克明に更新され、最終的には審査落ちです。
支払いのための借入をしているので、この借り方では審査落ちになります。

大手消費者金融カードローンだけで解決しているとしても、このキャッシングの方法は良くないとされるだけではなく、自身でも借金癖が付いてしまっています。簡単に借りれるからこそ、多重債務の方法を確認すべきことです。
 

どうしたら良いのでしょう?

まず毎月やってくる支払いの内容があることで、その用意ができない場合は、すぐに対策をしましょう。ここで、返済が100%できるのであれば、今回限りの借金であれば良いでしょう。

それ以外では、少額でも多重債務だったり、返済ができないときには任意整理などの債務整理選択が賢いです。返済をしないというのではなく、法的に債務整理で減額を目的として、とにかく正常な支払いをすることです。

既に審査落ちになっているのなら、早急に債務整理スタートです。
弁護士などに依頼すると、受任通知を金融業者に対して送ることで、返済しなくても良い時期に入ります。
きちんと債務整理が決まるまで、返済はしなくても良く、すべて弁護士に対応してもらうことができます。

そこから、借金の問題を解決した上で、まだ支払いができないとしたら、収入を上げるなどの対応が必要です。
このときには、審査が通らないのは当然ですが、できれば二度と借りないと誓ってほしいです。

甘い話しとしては、ブラックリストでも中小消費者金融の借入ができる人はいます。このときには債務整理という手段はとることができないので、完済できる範囲で多重債務などはしないほうが良いでしょう。審査あるキャッシングというのは、個人信用情報機関で確認されるので、安易な借入、審査通過はなかなかできないです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg