お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

借りすぎて借りれない

借りれない借りれないの関連記事

  1. 借入件数は少ないほど印象は良い
  2. 総量規制を甘く見てはならない
  3. まとめローンができるのなら、本気で考えて
  4. 借りれないということは返済も無理?そんな時には
  5. 審査落ち後はどうする?まとめローン?債務整理?
saisyuusyudan_468.jpg

借入件数は少ないほど印象は良い

消費者金融カードローンも銀行カードローンもインターネットで簡単に借入ができます。
ところが、ある時突然借入ができない事態になることがあります。
それはどんなときでしょうか?

多重債務

多重債務とは、複数の金融機関や金融業者からの借入をしている状態です。
消費者金融も銀行カードローンも収入をめどとして限度額が決まっていますから、A消費者金融で10万円借りたとしても、2社目で3万円と言った借り方が可能です。
返済能力があると判断されることで、一応多重債務は否定しないのが、現在のキャッシング事情です。
ところが、大手消費者金融や銀行カードローン審査では3社目になると、事情が変わりの、突然のキャッシング不能状態になってしまいます。
多重債務もある程度の限界があるのです。

そう言えば、財布の中に複数のローンカードがある

このキャッシングは、消費者金融だけではなく、クレジットカードのキャッシング枠も関係します。
A消費者金融とBクレジットカードのキャッシングですでに2社の多重債務者です。
借入先として、2社になってしまうということです。
金融会社としては、この時点での3社目の申込は個人信用情報機関の確認で審査落ちの可能性が大きくなってしまうのです。
消費者金融もクレジットカードのキャッシング枠も同じ総量規制範囲内になりますが、銀行カードローンだけは総量規制対象外です。
ですから、収入が高い場合は、この時点での銀行カードローン審査は通ることもありますが、信用情報では3社の多重債務者になってしまうということです。

この先の借入は難しい

どこか一社だけでも完済してからの申込がおすすめです。
無理やり、何処かで借りたとしても、もう新規キャッシングの可能性はないでしょう。
消費者金融の総量規制がいっぱいであれば、銀行カードローン審査も通らない可能性は大きい事から、せいぜい2社、銀行カードローンを含む3社がキャッシングの許容範囲です。

この時点でブラックではないということ

信用情報で審査落ち=ブラックリストです。
この金融事故は、数年間残ってしまうもので、キャッシング以外のローンにも影響が出ます。
キャッシングが一番の金融事故記録としては大きいもので、各種ローンの審査は比較的甘いものです。
キャッシングしている時点での信用情報が傷があることと判断される場合もあり、多重債務者はますます窮地です。
できれば、1つでも完済を目指してください。
そして、キャッシングの極意としては、数社にあちこち借りるのではなく、一社で限度額の借入額として、多重債務にならないことが、信用情報の金融事故にならないコツの一つです。
借入件数は少ないほど借入状況は良いということです。
借入限度額=総量規制であることから、少ない金融機関でお世話になるクセをつけましょう。

 
▲メニューに戻る


saisyuusyudan_468.jpg
 

総量規制を甘く見てはならない

楽天銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなどは、消費者金融と比較をしても低金利のキャッシングが可能な金融機関です。
保証会社のOKがでれば、すぐに借入ができます。
専業主婦でも借入限度額が数十万円もあり、とても便利です。

銀行カードローン審査は厳しい

審査で言うと、銀行カードローンが大手消費者金融よりも厳しいです。
ですから、銀行カードローン審査落ちは大手消費者金融にいくと借りれる場合も多いですが、銀行カードローンの借入額が大きいと事情は違います。
消費者金融の審査では、総量規制を含むすべての信用情報を確認します。
そこで、収入から返済ができるか可能性を見るのですが、すでに年収3分の一を越えている場合は借りれることができません。
大手消費者金融の方が審査が甘いというのですが、多重債務の場合は、借入金額が多いほどうまくいかないようです。

消費者金融カードローンの決め手は総量規制

年収3分の一と言うのは貸金業法におけるキャッシングの借入限度額です。
銀行カードローンは、総量規制対象外ですから、年収3分の一以上の借入ができます。
その金額を借りた上での大手消費者金融の申込、大手より審査の甘い中小消費者金融でも総量規制の存在は審査で大きく関係をします。
ですから、多重債務のきっかけとしても、この総量規制を破ることは絶対にできないのです。
余談ですが、サラ金時代には総量規制はありませんでした。
借りる金額も大きかったのですが、金利も高かったです。
現在は、限度額があるかわりに、利息制限法で中小消費者金融の20%の金利が最高です。

総量規制以上の借入をしたい

これは、正規金融業者では叶わないことです。
大手消費者金融ではなく中小消費者金融は、借入先としてブラックでもOKという審査の甘さが定評があります。
ただし、多重債務者でも、債務整理者でも総量規制範囲内であることが条件です。
ですから、総量規制オーバーの借入は闇金しかないのです。
闇金は、貸金業法も関係ないのですが、先述した利息制限法もないです。
単純に高い金利提示はありますし、借り方も契約内容もめちゃくちゃです。
金融機関でも金融業者でもないので、保証はゼロであり、自分にどんなに不利な条件でも従うことが必要です。

闇金には行かない事

もし、現在総量規制いっぱいの借入があり、それでも借金をしたいのなら、債務整理をしましょう。
自分でも可能ですが、弁護士に依頼をして、債務整理開始の通知をした時点で、返済の義務がなくなります。
新規キャッシングはしばらくできませんが、返済をしなくても良い期間ができ、そのごの返済額も減少させることができます。
それで、ローンの必要がなくなる、これが債務整理のメリットであり、これしか方法がないと断言することができます。

 
▲メニューに戻る


saisyuusyudan_468.jpg
 

まとめローンができるのなら、本気で考えて

上手な借金の仕方としては、常に余裕のある返済ができるキャッシングを心がけることです。
消費者金融カードローン、楽天銀行カードローンのような銀行カードローンを使い分けて、うまく返済ができるように考慮しましょう。
ときに、返済額が一定のリボ払いなどを利用して、返済総額は大きくなったとしてもブラックリストの事態を回避することができます。

借り過ぎは注意

多重債務者の中には、4社とか5社の方もいます。
中小消費者金融の場合、この借入件数でもOKで、しかもブラックでも借りれる床はたくさんあります。
借入状況として良いものではないのですが、延滞なしで返済をしていると、こんな多重債務も可能なのです。
しかし、この時点での新規キャッシングは難しいでしょう。

まとめローンの提案

本来まとめローンとは、余裕のある総量規制や返済の中で、多重債務を金利が低い1つのまとめローンに借り換えをすることを言います。
借入状況が悪い、多重債務だけど、1つにまとめて月々の返済額減少を目的といます。
ただ、審査は普通のキャッシング以上に厳しいもので簡単なものではないのですが、少なくとも現在大手消費者金融3社程度多重債務であれば、まとめローンの道はあります。
まとめローンは総量規制対象外であり、少なくとも1社になります。
そのことで負担減になることも大きいでしょう。

審査の甘いまとめローンの落とし穴

中小消費者金融のまとめローンでは、金利は高めです。
しかし、ブラック回避とか、とにかく完済を目指しているのなら、金利が高いまとめローン借り換えで、多重債務は解消することができます。
ただし、新規キャッシングに関しては難しいことですが、毎月返済額が小さくなることで、新規キャッシングの必要がなくなれば、それは成功といえます。
借入金額にもよりますが、年収に近い金額でなければ、対応する金融業者は多いです。

もうブラックでOK

借りれないからどうしようと言うときには、債務整理です。
素直に返済額を小さくする目的で任意整理がから始めてみましょう。
自分で金融機関に行っても良いですし、金融相談で弁護士に行くのもありです。
当然ブラックレスと、金融事故記録になりますが、それでも借りれないのですから、このまま延滞、滞納の事態は回避することができます。
ブラックになったとしても、収入が安定している方は、数年後に中小消費者金融での借入ができるようになります。
と、余計なことかもしれませんが。
 
▲メニューに戻る



saisyuusyudan_468.jpg
 

借りれないということは返済も無理?そんな時には

大手消費者金融の多重債務は2社か3社、中小消費者金融では4社程度。
これが限界で、これ以上の借入ができる正規金融業者はないでしょう。
たまに極甘審査、独自審査の消費者金融もありますが、あくまでも返済能力が高い方限定の話です。

消費者金融カードローンの契約

簡単にインターネットでできるのが、多重債務を生みます。
20歳以上と言うのは、良識ある大人が利用するものというですが、つい借りすぎてしまう方も多いでしょう。
だって、キャッシングできるんだもん。
そんな理由もありですが、一応消費者金融では総量規制範囲内であれば、限度額内のキャッシングができます。
しかしも一度返済ができなくなった時、信用情報で金融事故があれば、大手消費者金融はすぐにキャッシングができません。
その都度申込の中小消費者金融でも総量規制以上の借入新居対応していないのが現状です。

もし、借りれないときには

債務整理も一つの手ですが、直接金融業者と話をしてください。
返済ができないのですが、どうしたら良いでしょう?
たいてい契約の書き換えで、返済額を小さくしてくれます。
手数料が取られ、当初の返済額を大きく上回る借金になってしまいます。
それでも、ブラックリストになるのですが、取立のなく順調に完済ができれば、互いにめでたしです。
しかし、総返済額は大きくなりますから、返済額を小さくしたいのなら、債務整理が有効です。
弁護士の入ってもらうと、減額も大きくなりますが、報酬の支払いもしますから、同じことです。
こちらもブラックです。

貸金業法で定められた金融業者での対応

正規金融業者であれば、こうした方法での返済できない人の解決法があります。
多重債務者はすでにブラックであることが考えられますから、契約書き換えにしても債務整理にしても同じことです。
返済できないしっぺ返しとしては大きな者を背負うことになります。
しかし、闇金などでは、このような対応はないでしょう。
返済ができないと言う事実はないのですが、自分だけではなく家族や勤務先にも迷惑がかかります。

借りれないと分かった時点で選択を

もし、キャッシングをしようとした時に、キャッシングができないとき、多重債務であれば、契約書き換えか債務整理を選んでください。
それもすぐに行うことです。
もたもたするだけで時間はもったいないですし、負担も大きくなります。
こうしたケースハム最近多く、返済できない相談に関しては、消費者金融も銀行カードローンも対応してくれます。
 
▲メニューに戻る



saisyuusyudan_468.jpg
 

審査落ち後はどうする?まとめローン?債務整理?

ローンカードがたくさんあり、それぞれに借入金額がある。
もし可能なら、1社にまとめたい。
まとめローンの商品もありますが、現在ブラックであれば、審査落ちは決定です。

あまりおすすめできないけれど

もし、消費者金融カードローンであと数回で完済というとき、他のキャッシングが可能であれば、完済をしてしまうことをおすすめします。
ただし、新たな新規キャッシングではなく、その金額も少額であることが条件です。
多重債務者に陥りがちなのが、この自転車操業的な借り方で、せっかく完済をしたら、借入可能額が増えて、また借りてしまうというパターンです。
借入状況として、自転車操業的な借り方が可能なのは、完済目的であり、その先の新規キャッシングをしないと約束できる場合です。
他社借入件数が多すぎる場合はできないことです。
そして、まとめローンができるのであればもそちらがおすすめです。

総量規制は頭に入れる

常に、年収3分の一が限度額と決めてキャッシングをすることです。
これは中小消費者金融でも対応する数字です。
審査の甘さは、多重債務の借入状況と債務整理後のブラックに対する甘さだけです。
借入金額が総量規制以上になってしまう場合は、中小消費者金融でも借入ができないので注意をしてください。

中央リテールの存在

ここはブラック専用のまとめローンができる金融業者です。
借入件数も5件以上で多額の借入金額が対象です。
ただし、延滞者は審査落ち、年収に近い借入金額も論外です。
ただ、ブラックでなければならない、対面審査で、12%程度のまとめローンが可能です。
しばらく新規キャッシングはしないよう、すべてのキャッシングの解約等の規制はありますが、多重債務者で借りられない、債務整理はしたくないという方には朗報です。
東京渋谷の会社に直接行ける方限定であり、本審査落ちの場合もあります。
収入も一定で完済意欲が高い方、と言う厳しい審査もあります。
しかし、本当にブラック多重債務者は、検討してみる価値はある金融会社です。

借りすぎは要注意

みずほ銀行カードローン、楽天銀行カードローン等の審査に落ちた。
では大手消費者金融に申込、そこでも借りられないという時点では、債務整理も考えましょう。
審査の甘い中小消費者金融もありますが、はっきりいって返済負担が増えるばかりです。
ブラックリストは嫌、事情があるのはわかりますが、借りすぎてしまった過去を消すことはできないのです。
どうしてもというのなら、中小消費者金融の申込、その分働くという手もありますが、債務整理後は、人によっては半分程度の返済額になる場合もあります。
債務整理も検討する価値は大きいと思いますが。
saisyuusyudan_468.jpg
▲メニューに戻る
saisyuusyudan_468.jpg