お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金借りたい 相談

  1. お金を借りたい
  2. お金借りたいなら相談してみる
  3. ブラックの人でも借りることができる?
  4. 街金が借りやすい
  5. どこも貸してくれないとなったら債務整理しかない?
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金を借りたい

すぐに、お金を借りたいけど…。
キャッシングしたら当然のことながら、
返済しなくてはいけません。

しかし属性が低くて審査に通らないかも…
そんな人も多いでしょう。

お金を借りるとなると、
銀行のような金融機関のカードローンか、
消費者金融会社の、
カードローンということになります。

いずれにしても、審査に通らなければ、お金を借りることはできません。

融資の申し込み方法は簡単なのですが、
審査に通るのは簡単な人もいれば、
なかなか通ることが出来ない人もいるのです。

これはひとえに、収入も関係してくるでしょう。

審査に通ると、契約書を取り交わすことになるのですが、
当然そこから返済していかなければいけません。

きちんとした、返済計画を立てていないととたんに、
返済に窮してしまって、延滞や滞納を繰り返して、結果的に返済不能となって、
ブラック状態となってしまします。

そこから債務整理あるいは、
自己破産ということにも、なりかねないのです。

人によっては、お金を借りるのに、銀行や消費者金融会社などではなく、
身内や知人、あるいは、親戚を頼るという人もいることでしょう。

また、未成年者であれば、銀行は当然ですが、
消費者金融会社からも、お金を借りることはできません。

未成年者の場合でも、18歳以上でしたら、
クレジットカードを持つことができるので、
そちらのほうが、より、現実的といえそうです。

買い入れ先は、前述したように銀行などの、
金融機関あるいは、消費者金融会社などの貸金業者となります。
融資の申込みをするまでは、まったく無料でお金はかかりません。

また属性が低くて、審査に通るかどうかが不安な人は、
まずは、相談するのがいいでしょう。

借金ですから、審査については、返済能力が問われることになります。
金利の低い銀行からの借入れを、誰もが望むと思います。

しかし、銀行の審査基準は厳しく、属性に不安のある人、
この場合は他社借入れがあるとか、勤務形態がパートアルバイトでしたら、
審査に通って、融資を受けられる可能性は、かなり低くなることでしょう。

属性をあげるためには、
パートアルバイトの人でしたら、正社員になるのが一番の近道です。
また、既婚者も属性を高くすることができます。
理由としては、独身よりも生活力があると思われるからです。

しかし、借金の理由が生活費に充てるというのでしたら、
審査に通るのは、難しいかもしれません。

それは、生活の根幹である、生活費を借金で補おうというのですから、
常に、お金が足りていないということになるからです。

融資の条件に、生活費に充ててはいけないということはありません。
ですが、あきらかに生活に困窮している人には、
どの金融機関も消費者金融会社も、融資はしないでしょう。

ローンの返済方法は元利均等払いあるいは、
リボルビング払いといったものですが、
どれだけ借りても、月々の返済が変わらないリボルビング払いは、
返済が楽な反面、借りすぎると、延々と返済期間が延びてしまうので、
リボルビングの利用は、控えたほうがいいかもしれません。

できれば消費者金融会社よりも、
銀行で、お金を借りたいという人もいるでしょう。

世間体などを考えると、確かに銀行でお金を借りるのと、
消費者金融会社でお金を借りるのとでは、まったく捉え方が違ってきます。

銀行でお金を借りていると言う人は、何か、
リフォームをするのかとか、学資ローンといった目的があって、
借りているというイメージがあります。

消費者金融会社からお金を借りているというと、
単なる生活費に、借金というふうに捉えられがちなのです。

総量規制といって、消費者金融会社からのお金の借りすぎを、
規制する法律ができたのも、それを裏付けていると言えるでしょう。

また、消費者金融会社側にも問題があって、
かつてはグレーゾーンといった、金利の上限部分と、下限部分の金利差を、
逆手にとって、高金利で融資をしていた時代がありました。

現在は、下限金利を上限金利としているので、
かつての、上限金利で返済を受けていた利息部分を、
そのときの利用者が、過払い請求することで、消費者金融会社は、無条件で、
その過払い部分のお金を、利用者に支払わなければいけなくなったのです。

基幹的な時効もあって、過払い請求も落ち着いた感がありますが、
過払い請求の件数が、かなりの数にのぼったこともあって、
大手消費者金融会社の多くが、経営破綻などの状況になったのは、
記憶に新しいところです。

過払い請求も、利用者が個人でするには難しく、
電話一本で、弁護士に依頼できる手軽さもあって、
弁護士もかなりの、バブル状態となって、儲ったところも多かったはずです。

弁護士への相談は、完全無料となっているので気軽に相談できるので、
心当りのある人は、過払い請求の相談をしたらいいでしょう。

借入れについて、無条件に過払い請求できるわけではなく、
状況を調べなくてはいけません。

解決するにも時間がかかるので、すぐに過払い請求で、
お金が入ってくるわけではないので、その点に注意する必要があります。

また、金融業者の中には、グレーゾーンを利用しなかったところもあるので、
そういったところに、過払い請求をしても、
過払い分がないので、返済されることはありません。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金借りたいなら相談してみる

お金が借りたくても、
借りることができない大きな理由として、
安定した収入が、ないといったこともあるでしょう。

それも含めて、返済能力があるのかといった部分と、
信用力があるのかということが、融資を受ける際に、
大きく問われる部分でもあるのです。

ですから、
他社借入れが多いことが、大きなネックとなるのです。
他社借入れが多くなると、すなわち多重債務者ということになるので、こういった人は、融資の申込みをしても、
審査に通りにくいでしょう。

とりわけ銀行は、他社借入れなどに厳しいので、
審査に通ることはまずないでしょう。

他社借入れが多くなると、返済日が異なるので、
常に、返済に追われているような感じになるので、月々の返済額もそうですが、
返済に関するストレスは、相当なものとなるでしょう。

また、学生も金融業者からお金を借りることができます。
アルバイトをしていて、収入があることが条件となるのですが、
学生ローンなども用意されているので、このあたりも、
消費者金融会社の相談窓口で、相談するといいでしょう。

金利が高いと、利息を含めた毎月の返済金額も高くなりますし、
返済期日に返済できなければ、属性が悪くなるので、
学生といえども、返済はしっかりとしていかなければいけません。

お金を借りたいのでしたら、学生に限らず、
金融機関や、貸金業者にまずは、相談するようにしたほうがいいでしょう。

闇雲に融資の申込みをして、断られると、
申し込みブラックとなってしまうので、気をつけたいところです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

ブラックの人でも借りることができる?

延滞や滞納を繰り返して、返済不能となったら、
それは金融事故情報として、
信用情報機関に、記録されます。

そうなると、いわゆるブラック状態となるのですが、
これは信用情報機関に加盟している銀行や、消費者金融会社などで、情報が共有されているので、
そういった情報を照会できる、
銀行や、消費者金融会社に、融資の申込みをしても、
審査に通ることはできないでしょう。

そうなると、闇金で借りようかとも考えてしまいがちですが、
闇金となると、誰にでもお金を貸してくれるキャッシング会社です。

属性がどんなに低くても貸してくれるのですが、
資金回収に対しては、あくまでも厳しく取り立ててきます。

借金に対して返済するのが原則なのですが、闇金の場合は、
法外な金利設定をしてくるので、問題となるのです。
取り立ても厳しいですから、闇金からお金を借りないようにしましょう。

もっとも、闇金ですと、宣言して融資をしてくるわけではないので、
借りる側が、しっかりと闇金かどうかを、判別しなくてはいけません。

一番簡単な方法としては、都道府県知事の許可証や、
貸金業協会の会員証などが、ないかどうかを確認しましょう。

貸金業者は必ず、都道府県知事の許可を得て、
貸金業を営んでいるので、許可証は必携とされているのです。

また貸金業協会にも、加盟が義務づけられているので、
この二つは必ず確認するようにしましょう。

ブラックの人でも、借りることができるのかということですが、
これは金融事故を起こしているから、といって相談する必要はありません。

審査をするのは、利用者からの申し込み書が全てとなるので、
コツとしては、信用情報機関に加盟していない、
貸金業者が狙い目となります。

しかし、大手や中小消費者金融会社の一部を除いた、
消費者金融会社の数が、全体の大半を占めているので、
そこから、ブラックの人でも、
お金を、借りることができるのかを探すのは大変です。

もっとも手軽な方法は、口コミサイトなどで探すことでしょう。

ブラックでも借りることができたという情報が、たくさん掲載されているので、
自分の状況と、似ている人が借りることができたのなら、
その貸金業者で、借りることができるかもしれません。

そういった情報から、
消費者金融会社を探すのが、手っ取り早い方法です。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

街金が借りやすい

お金を借りたいと思ったら街金がいいかもしれません。
自分の属性に不安があっても、
独自審査をしている街金がほとんどです。

属性が低くても、
たいていは、借りることができるでしょう。

自分の現在の属性が、もっとも重要視されるので、
電話で、在籍確認が取れること、
現在しっかり働いていることで、
収入証明書が、提出できることなどが条件となります。

基本的には、この二つがクリアされたら、
街金で、お金を借りることは可能でしょう。

もっとも、街金の場合は、
少額融資となることが多いので、10万円程度が相場となります。

それ以上借りたいときは、相談ということになるでしょう。

金利は上限金利となる、20%となるところが多いので、
余り多く借りても、返済利息が、かなり高額になってしまうので、
その点にも気をつけたいところです。

しかし、審査がほぼパスということで、
最後の頼みの綱が街金で、後が無い状況の人も多いでしょうから、街
金といえども、借りることができれば、良しとしなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

どこも貸してくれないとなったら債務整理しかない?

貸金業者の、どこも貸してくれないとなると、
債務整理しかないのでしょうか。

返済がくるしくて、毎月がギリギリの生活をしていて、
あるとき、急な出費が必要となって、
そちらにお金を使った場合は、
その月の返済が、できなくなります。

それまで、なんとかがんばってきたのに、一度返済ができなくなると、あとは、咳を切ったように、
歯車が狂い始めて、返済不能となってしまうのです。

それでも返済はしなくてはいけませんが、
滞納したものを返済しないと、翌月がさらに苦しくなってしまいます。

そのときに、急場しのぐためにも、
ネットで評判となっているのが、個人間融資掲示板です。

文字通り個人間でもお金の貸し借りなので、
信頼関係が第一で、基本的に審査というものがありません。

貸金業者から、お金を借りることができない人の、
最後の頼みの綱となっているのですが、
最近では、業者の介在が多くなっているという情報もあります。

また、闇金業者が入っているといった情報もあるので、
個人間融資掲示板の利用は、慎重にしたほうがいいでしょう。

▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg