お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金借りれる所

  1. カードローンなど金融商品はたくさんあるけれど
  2. 審査の際によく出てくる属性ってなに?
  3. お金を借りるということは返済しなくてはいけないということ
  4. どこで借りたらいいの?
  5. どこでも借りることができたらそこがベスト
 
saisyuusyudan_468.jpg

カードローンなど金融商品はたくさんあるけれど

 お金を借りるならカードローンが現代のトレンドとなっています。もっともカードローンと一言でいっても銀行カードローン、さらには消費者金融系カードローンなど様々です。カードローンというくらいですから、借入れになります。借入れの申し込みをするときには審査が必要になります。この審査が厄介なのです。審査に通ればお金を借りることができるのですが、審査に通らなければ当然のことですが、お金を借りることはできません。まさに審査の判定によっては天国と地獄くらいの差があるのです。
 
お金を借りるとなると多くの人は銀行からの借入れを希望します。それはどうしてでしょうか。答えは単純明快で金利が低いからです。お金を借りるとその借りたお金だけを返済するのではなく利息を付けて返済しなければなりません。その利息計算をするのに必要なのが金利なのです。利息は「金利×期間」で計算されます。このことからもわかるように金利が低いほど利息は少なくなるので、金利がもっとも低い金融機関ということで銀行から借入れをするほうが返済利息が少なくて済むのです。大きな括りで金融会社というのは銀行から、信販会社、消費者金融会社など様々なものがあります。

 お金を借りたい、融資を受けたいという人はそのような金融業者の中からどこで借りるかを選択しなくてはいけません。前述したようにお金を借りる際にはカードローン審査を受けなくてはいけません。その審査に通った人だけがお金を借りる、すなわち融資を受けることができるのです。たいていの人なら審査に通るのでは?と思う人も多いでしょう。しかし人には様々な事情があります。中には他社借入れをしている人もいるのです。そういった人で、他社借入れが3件以上ある人は一般的に多重債務者と呼ばれていて、審査にときにも不利になるのです。

お金を貸す側からすると、融資の申込者が他社借入れをたくさんしていると心証が良くないのです。借金の返済のために融資の申込みをしたのでは?と思うでしょうし、借金があるにも関わらずさらに借金をするような浪費癖のある人と思われるでしょう。そうなると、融資を検討する側も融資に対して二の足を踏んでしまうことになるのです。

総量規制の問題も

現在、融資を制限するものとして総量規制があります。これは年収の3分の1以内の融資しか受けられないというものです。例えば年収が300万円の人でしたら、総額で100万円までの融資しか受けられないことになります。この総額というのがミソで、他社借入れも含めて総額で100万円までの融資しか受けられないという意味なのです。ですから、仮に年収が300万円で他社借入れが70万円あった人でしたら、新たな融資の限度額は30万円ということになるのです。

 これはサラ金と呼ばれていた時代に多くの借金をして一家心中あるいは厳しい取り立てなどが問題になったことから、融資の規制を強化する話が持ち上がり、ついには前述したような総量規制という融資を規制する規制法案が誕生したのです。実際にこの総量規制で借金をすることが難しくなりました。
 
 また、信用情報機関などが借金の総額などの情報を共有しあうことによって総量規制の監視態勢は寄り強固なものとなったのです。しかし、これにも問題があり、本当にお金が必要な人がお金を借りることができないという事態が多発したのです。結果として債務整理、さらには自己破産をする人が増えたとされています。融資を規制することで借金体質を無くそうとしたがために、債務整理は自己破産者を増やしたのは皮肉としか言いようがありません。

総量規制にも抜け道がある?

この総量規制ですが、実は消費者金融会社などの貸金業者に適用されるものです。大手消費者金融会社も末端の街金と呼ばれる零細消費者金融会社も同様です。ということは銀行などの金融機関はどうなの?ということですが、銀行は総量規制の適用外とされているのです。ですから、より多くのお金を必要とするときは銀行からの融資をお願いしたらいいのですが、銀行となるとご存知の通り審査が厳しいということになります。ですから、消費者金融会社のカードローンを利用している人は、恐らくというか推測になりますが、銀行からの融資を受けることができない人たち、ということが言えます。

できるなら誰もが銀行でお金を借りたいと思っていることでしょう。それができずに消費者金融会社のカードローンを利用している時点で銀行から借入れができなかったのだなと判断できるのです。できることなら、銀行のカードローンを利用するのが一番です。しかし、世の中そういった人ばかりではありません。属性という言葉があります。これは一人一人のステイタスみたいなものなのですが、信用情報機関に一人一人の与信情報が登録されています。そして、事細かに属性が定められているのです。属性が高いと審査に通りやすく属性が低いと反対に審査に通りにくくなるのです。
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

審査の際によく出てくる属性ってなに?

属性という言葉がよく使われます。これは審査をする際の申し込み者のスタイタスという表現がピッタリとくるのですが、もっと平たく言えばランク付けということになります。さらに言うと信用できるかどうかの度合いと考えてもいいでしょう。属性が高いとそれだけ信用度が高いということですから、審査に通りやすくなります。これは融資を受けやすいということですね。

属性が高いとそれだけ、銀行からの融資を受けやすくなります。ですから、銀行カードローンの審査にパスしてローンカードの発行を受けることができますし、キャッシングも限度額の範囲内で思うように使うことができるのです。銀行などの金融機関での借入れがベストなのですが、属性が低いとそのようにもいかないでしょう。

属性を細かく言うと

属性の中は、項目が細かく分かれていてそれぞれがポイント化されています。ポイントの設定は各金融業者で様々です。例えば大手企業の正社員であればポイントは4点で、それよりも公務員のほうが属性が高いのでポイントは5点となります。中小企業の正社員は3点、派遣社員が2点、パートアルバイトが1点という具合になります。無職の場合、ポイントはゼロです。このようにポイント化されるのですが、項目が数多くあり、例えば住居の状況なども持ち家が5点賃貸が4点、公営住宅が3点などと住まいによってもポイント分けされているのです。

このようにありとあらゆるものがポイント化されていて、消費者金融会社も含めて審査の場合はそういったポイントを積み重ねて、ポイントが設定した点数以上になると審査通過ということになるのです。

属性が高くても審査に通らないことも

属性が高ければ審査に通るでしょう。このあたりは人間の目ということではなく、機械的に処理される部分です。ですから、属性が高いと審査にパスする可能性が高いのですが、属性の中の項目にはNG項目というものが多数存在しています。たとえば延滞などがあった場合はいくら属性が高くても審査にパスすることは難しいでしょう。属性が高い、それ自体が大手企業の社員かもしれませんが、そういう人たちでも延滞をするのです。

お金がないから延滞するのかうっかりミスなのかはわかりません。お金がなくて延滞というのは問題ですし、うっかりミスというのは情状酌量があっても良さそうなものです。誰でもそういったことはあるので「しかたないな」と思いがちです。しかし、お金がない延滞とうっかりミスの延滞も同じ延滞としてカウントされます。システムですから延滞という事実しかないというわけです。そこには人間味のある「うっかりだから一回くらいしかたないか…」ということにはならないということですね。
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

お金を借りるということは返済しなくてはいけないということ

金融機関や貸金業者などからお金を借りるということは、返済しなくてはいけないということです。ですから、単にお金を借りるというのではなく、その次にくる返済についてしっかりとした計画を立てなければいけません。必要なお金というのはすぐに決まりますから、必要な金額の融資をカードローン会社から受けたらそれについて返済計画を作らなくてはいけないのです。一般的には月々いくら返せるから、それによって返済期間が決まるといったものでしょう。あるいは返済期間ありきで、それによって月々の返済額が決まってくると考えたらいいと思います。できれば銀行カードローンが金利が低いからいいですね。おすすめはみずほ銀行カードローンです。使い勝手の良さで人気の高い金融商品ですよ。

意外と多い多重債務者

何をもって多重債務者というかというと意外とクレジットカードの使いすぎの人が多いようなのです。特にクレジットカードのキャッシングをする人が多く、それが高じて支払いをリボ払いにしている人も少なくありません。リボ払いは月々の返済額が一定しているので、借金というイメージがわきにくく、さらに返済がルーチン化してしまうのです。利用限度額までキャッシングを繰り返してしまうと、さらに次のクレジットカードのキャッシング…というようになります。これをどんどん繰り返すと立派な多重債務者ということになるのです。ここから脱却する方法は新たなキャッシングをやめて返済に千円することですが、なかなかうまくはいかないでしょう。そうなると頼りになるのがおまとめローンです。

多重債務を一本化するローンなのですが、問題として多重債務の返済総額を一括で支払えるくらいの融資をしてくれる借入先を探さなくてはいけません。多重債務ということですから同一の金融会社からの借金ではなく他社借金となるので、債務の確認書類なども全て揃えなくてはいけないので、かなりの手間暇がかかることも覚えておきたいところです。それでも、おまとめローンの融資を受けることができたら、一気に多重債務者から抜け出すことができます。是非ともおまとめローンの融資を勝ち取りたいところです。しかし、融資金額が高額になってしまうので、おまとめローンの融資を受けるのも一筋縄ではいかないでしょう。

おすすめ消費者金融系カードローンなどの情報をしっかりとって吟味しなくてはいけません。また、消費者金融会社では常に気になるのが総量規制の問題です。これは目的ローンになるので、総量規制の対象外となるのでその点でもおまとめローンはメリットがあるのです。その分審査は厳しくなりますし、場合によっては保証人を立てることを要求される場合もあります。該当者がいなければ保証会社に入ってもらうことも検討しなくてはいけません。
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

どこで借りたらいいの?

お金を借りることを考えたら銀行がすぐに頭に浮かぶと思います。しかし、審査が厳しいので銀行から融資を受けるのは断念して消費者金融カードローンを利用するという人も多いことでしょう。しかし、希望する融資額をそのまま貸してくれるとは限りません。限度額を設定される場合もあるのです。特にブラックということではないにしても属性の低い人であれば、100万円の希望融資額に対して50万円しか融資されないといった場合もあるのです。

消費者金融会社の場合は総量規制の問題もあるので、このようなケースが多くなります。収入の3分の1までしかローンを組めないということになるのです。ですから、多重債務者の場合はできるだけ一つの借金だけでもすぐに返すようにして多重債務の状態から抜け出す努力をしなくてはいけません。

具体的にお金を借りるところって?

銀行がいいのは間違いないのですが、審査が厳しいです。その中でもネット銀行である楽天銀行カードローンなどは比較的借りやすいと評判です。できれば銀行がいいのですが、専業主婦の場合でしたら難しいかもしれません。もっとも専業主婦でしたら世帯収入として融資の申込みをすることができるので、パートアルバイトといった人たちよりも融資を受ける確率は高くなるかもしれませんね。

また借入件数なども加味されるので、いわゆる多重債務のある人は借りることが難しいでしょう。他社借入件数というのは信用情報機関によって情報が共有されているので、申し込み欄の記入欄に他社借入れを書かずに虚偽の申告をしてしまうとその時点で審査NGということになります。借入額の総額もしっかりと記入するようにしましょう。年収などもしっかりと間違いないように書かなくてはいけません。それでも1円単位で合わせる必要はありませんから、百万円単位で書いても大丈夫なようです。

金利が気になるけど

気になる金利ですが、貸金業法などでしっかりと定義されているんで、金利の上限は20%です。それでもかなり高めの感じがします。融資金額によって金利はかなり変わってきますので、融資金額が少ないと金利設定は高くなると考えて間違いはないでしょう。

いずれにしても融資を受けるところは銀行、信販会社、消費者金融会社などの金融機関または貸金業者になります。銀行からの融資が厳しいとなると、次は消費者金融会社となるのですが、できれば、老舗消費者金融会社がいいでしょう。安定感がありますし、お金を貸すという事に関しては銀行よりも上です。金利が多少高くなりますが、それでも中小消費者金融会社よりも金利は低く設定されています。全国的に活用できるので、銀行ATMやコンビニATMが活用できるのが大きなメリットとなりますよ。
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

どこでも借りることができたらそこがベスト

融資は借りやすいところを利用するのがベストです。自分にとって都合の良いのはやはり金利が低いということです。ですから、一番は銀行ですね。そして大手消費者金融会社、中小消費者金融会社、最後は街金ということになります。当然ですが、街金が一番金利が高くなります。ですから、銀行を川の上流に例えると街金は下流になります。下流になるほど金利が高くなるということですね。ですから、まずは銀行に融資の申込みをしましょう。

満額回答は得られなくて、借入限度額を設定される場合があります。しかし、それでも銀行からの融資を受けるべきでしょう。気をつけなくてはいけないのはリボ払いなどに返済方法を変えることです。言い方は悪いですが、いつ終わるとも言えない返済になってしまいます。

入出金を繰り返すとまさに無間利息状態になってしまうので注意しましょう。借金をしたら一方通行で返済にのみ専念するのが理想的です。それを考えると融資限度額内であればいくらでも借入れができるカードローンは便利な反面、危険な面も持ち合わせていると言えるのです。

常に借入状況を把握しておきたい。

銀行から借りるのでも消費者金融会社から借りるのでも常に借入状況を把握しておくことが大切です。その点は銀行よりも消費者金融会社の会員サイトのほうが使い勝手がいいようです。申し込みのしやすさなども個人向け融資を常に先導していた消費者金融会社のほうに一日の長があるといってもいいでしょう。また、ネットなどの口コミ情報などで、おすすめカードローンあるいはおすすめ銀行カードローンなどを常にチェックしておきましょう。

消費者金融会社などはローン契約機などを設置しているので申し込みの際に便利です。ネットよりも即日融資を受けやすいので急ぎのときにはとても重宝しますよ。金融庁などからの通達もあって金利についてはかなり厳しいチェックが入っているので、法外な金利が発生した場合は通報するようにしましょう。消費者損団センターなどに連絡すれば適切なアドバイスを受けることができます。

どうしても審査に通らないときは

消費者金融会系カードローンの場合は総量規制があるので、総額で年収の3分の1を越える融資の申し込みはできません。他社カードローンを利用している場合は、残債などをしっかりとチェックしておきましょう。信用情報機関では、消費者金融審査情報を共有しているので、虚偽の申告を申込時にしてもわかるようになっているので気をつけたほうがいいでしょう。多重債務のある場合はおまとめローンがオススメです。東京スター銀行などはおまとめローンに力を入れているので、相談してみるのもいいでしょう。

借金の申し込みは切羽詰まっている場合が多いです。融資を受けることができたら万々歳ということですから、貸してくれたところがベストの銀行、ベストの消費者金融業者ということになりますね。
▲メニューに戻る
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg