お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

金がない キャッシング

  1. お金を何とかして借りたい
  2. 金がないからキャッシング
  3. 消費者金融会社から借りる
  4. 債務整理でお金がない
  5. お金がないときはどうやってキャッシング?
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金を何とかして借りたい

お金がないのでなんとかしたいと思ったら借りるしかありません。どれくらいお金が必要かにもよるのですが数万円程度でしたら、銀行や消費者金融会社から借りるまでもなく、自分でなんとかしたほうがいいでしょう。なんとかできないからお金を借りるんだという人も少なくないと思います。

しかし、数万円程度、たとえば2,3万円程度でしたら、友人知人がお金を貸してくれるでしょう。若い人でしたら難しいかもしれませんが、30代40代くらいになると、そのくらいのお金はなんとかなるものです。自分がなんともならないのに無責任な言い方になりますが、ミドル世代であれば、いつ何時なにが起こるか分からないのです。数万円程度はいつでも用立てできるようにしておきたいものです。

多くの人はそうやってすぐになんとかできるお金を持っているものです。友人知人の中にもそんな人がいるでしょう。そういった余剰資金に頼ったほうがいいでしょう。返済は次の給料日で必ずと言うのを忘れないようにしましょう。

また、友人知人のほうから借用書という言葉は出しづらいものです。ですから、借りる側のほうであらかじめ借用書を用意しておきましょう。形式だけのものですが、それでも借りる側は当然誠意を見せなければいけません。加えて、貸す側としても借用書が無限の安心感に繋がっていくのです。2,3万円程度でしたら、友人知人を真っ先に頼るようにしましょう。それ以上の金額になると、友人知人に頼るのは難しいと思います。

そのときは身内に頼るようにしましょう。身内に頼るのはもう少し大きな金額や切羽詰まった最後の手段にとっておきたいのですが、今回のお金を借りるのが追い詰められた状態でしたら、躊躇なく身内に頼るようにしましょう。身内と言っても親しき仲にも礼儀ありですから、必ずお金を返すように借用書を用意するのもいいでしょう。

お金を借りるのが慣れっこになっているようでしたら、うやむやになりかねませんから、けじめをつけるためにも借用書はあらかじめ用意しておくといいでしょう。身内のほうもそちらのほうが、本人の本気度もわかるのでお金を出しやすいという心理状態になるのです。

友人知人を頼ることが出来ないときはどうしたらいいのかというと、そのときは銀行や消費者金融会社に頼ってお金を借りるようにしたらいいのです。もっとも、銀行カードローンなど銀行からの借り入れは審査が厳しいので誰でも銀行からお金を借りるということができるわけではないのです。正規雇用されている人でしたら、銀行カードローンの審査に通るのは可能ですが、反対に非正規雇用の人、パートアルバイトや契約社員、派遣社員の場合でしたら、途端に審査が厳しくなるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行の他に保証会社の審査にも通らなければいけないからです。保証会社は、お金を借りた人が返済不能になったときに、お金を借りた人に代わって債務の返済をしてくれます。債務者は借金がなくなったわけではなく、保証会社からこんどは請求を受けるのです。

このようなことから、銀行カードローンの審査通過率は高いものではありません。むしろ低いと考えていいでしょう。また、銀行カードローンの審査スピードは速くはありません。というのも、以前はスピード融資を謳っていた時期がありましたが、現在はスピード融資を宣伝している銀行はありません。これはどうしてかといと、警察庁のデータベースにカードローン申込者のデータを照会しなくてはいけなくなったのです。

これは不正融資を防止するための措置となっています。警察庁のデータベースから照会情報を得るには当日中は無理で、速くても翌日以降となります。このため物理的にも即日の融資ができなくなったのです。すぐにお金が欲しいといったときに即日融資に対応していないのはスピード重視のカードローンでは致命的といってもいいでしょう。それでも、少しでも金利の低いところから借りたいというのでしたら、それも間違いではありません。

銀行カードローンの審査基準が厳しいのは、カードローンの原資が銀行に口座開設して預金をしてくれる預かり金です。ですから、銀行も貸し倒れに遭わないためにも、銀行カードローンへの融資の申し込みに対しては慎重になっているのです。いずれにしても銀行カードローンのどこにでも誰にでも貸すといった、伝家の宝刀が抜けなくなったと考えていいでしょう。

正規雇用されている人に銀行カードローンは優しく映りますが、欧米でもカードローンは普及していますが、借入額と比例して自殺者も増えているそうです。お金を借りるにしても適度に借りるようにしなくては、借金が肩にしかかるときが必ずやってきます。借金を苦にしないように、できるだけ前詰めで返済していくようにしましょう。

そして、返済中は新たな借り入れをしないということです。新たな借金をしてしまうと、借金をいつになったら完済できるのか誰もが半信半疑になってしまいます。景気の動向というのは、明るさから来ることが多いので、お金に困っているときほど笑顔を絶やさないようにしたいものですね。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

金がないからキャッシング

金がないからキャッシングしたいと思ったら、まずはクレジットカードの利用を考えることでしょう。確かにその通りなのですが、小口のキャッシングならいいのですが、まとまったお金だとクレジットカードのキャッシングは後々面倒になるので止めておいたほうがいいでしょう。

もっとも翌月一括で返済できればいいのですが、毎月分割での返済となると、高い金利が返済の足かせになってしまうからです。

クレジットカードは、金利が低いと言われている銀行系クレジットカードでもかなり金利が高いです。銀行カードローンと比較しても高いですし、消費者金融会社のカードローン並みと考えていいでしょう。小口融資ですぐにでも返済するのでしたらいいのですが、お金を借りるにしても高額になるのでしたら、クレジットカードからお金を借りるのは止めておいたほうがいいです。

また、クレジットカードのキャッシングの返済方法が最初からリボ払いに設定してあるクレジットカードもあるようです。返済は楽ですが、いくら借りたのか分からずいつ返済が終わるのかもわかりにくいのがリボ払いです。

月々の返済が一定だからといって借りすぎてしまうと、返済がどんどん延びてしまって、延々と返済を繰り返していくということになりかねません。クレジットカードのキャッシング、さらには返済がリボルビング払いとならないように注意したほうがいいでしょう。

お金を借りるなら、銀行カードローンか消費者金融会社のカードローンがいいでしょう。融資の申し込みをするとカードローン審査があります。お金がなくてキャッシングと考えている人の属性は低くなっている可能性が高いので、銀行カードローンの審査に通るのは難しいかもしれません。

収入が多い少ないではなく、他社借り入れがあるかどうか、複数の債務になっていないか、さらには勤務形態が正規雇用か非正規雇用かなどが審査には大きく関係してくるのです。場合によっては銀行カードローンからに申し込むのや止めて、すぐに消費者金融会社に融資の申し込みをする方が賢い選択と言えるでしょう。

銀行カードローンに融資の申し込みをして、審査に落ちてしまうと、審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録され、他の銀行や消費者金融会社に融資の申し込みをすると、信用情報機関に信用情報の照会をしたときに、審査に落ちたという情報が入るとその時点で審査落ちとなってしまいます。審査に落ちるということは何か問題があるということで、その後の審査はせずに即刻審査落ちにしてしまうのです。それを申し込みブラックと呼んでいます。

自分自身の属性が下がったなと自覚した場合、銀行カードローンの審査に通る確率は低いでしょう。それで審査に落ちて申し込みブラックになるよりも、お金がすぐに必要ですから、消費者金融会社のカードローンに直接申し込んだほうがいいのです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

消費者金融会社から借りる

生活するためのお金がないというのはかなり厳しい状況だと言えますが、そういった場合仮に消費者金融会社のカードローンの審査に通っても、これから返済していけるかどうかが心配になります。

毎月の給料があって、返済が問題ないような人は、先のことまでそれほど心配しなくてもいいのかもしれませんが、生活費に事欠くくらいお金がないのでしたら、翌月からの返済が心配になってきます。

お金がないときほどしっかりとした返済計画というよりも返済の目処がないようでしたら、借りない方がいいでしょう。その場しのぎでお金を借りてしまうと、その場しのぎが多くなってすぐに借金で首が回らなくなってしまうのです。

対処法としてはなんとかふんばってお金を借りないことです。そして、どうしてそれほどお金に困っているのかを考えなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

債務整理でお金がない

債務整理でお金がないという人がいますが、一般的に債務整理をするほうがそれまでの、返済地獄よりは状況が好転していることが多いです。任意整理が債務整理の中ではもっとも多いのですが、任意整理をすると、債務の一部が帳消しになったり、返済利息も大幅に軽減されます。ですから、返済総額がかなり目減りするのです。

そして、それまでは多重債務に苦しんでいたと思いますが、支払窓口も一本化されるので、返済も楽になります。ですから、俗に言われているように債務整理をした状況というのは悲惨な生活というよりも、それまでよりは格段に状況はよくなっているのです。

債務整理の中の自己破産に至った人は、お金はないでしょうけど、借金もなくなっています。後は働けば働くほど、給料日が来る度に身入りが多くなってくるのです。

もっとも債務整理では、社会的制裁を受けなくてはいけません。借金は出来ませんし、クレジットカードを作ることもできません。逆にそれだけという考えもありますが、自己破産の場合は自己所有の財産も全て手放さなくてはいけないのです。そういったデメリットもあるのですが、それ以上に借金がなくなったという身軽さを味わっているのが債務整理をした人たちでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金がないときはどうやってキャッシング?

消費者金融会社の中でもカードローンは審査基準が高いです。属性が悪くなっている人でしたら、審査に通ることができないかもしれません。そういったときは中小消費者金融会社や街金に頼るようにしましょう。

消費者金融会社というとアコムやプロミス、レイクALSAにアイフルといったメジャーな消費者金融会社を思い浮かべることでしょう。しかし、そのような大手消費者金融会社は全国に2,000社弱ある消費者金融会社の中でほんの数社にしかすぎないのです。

他の消費者金融会社は中小消費者金融会社や街金と呼ばれていて、ひっそりと貸金業務を行っているのです。その分審査基準は緩く、中には債務整理に陥ったブラック状態の人でも融資を受けることができたという声も聞こえてきます。それだけ借りやすいということですが、その分金利が高くなってくるので損点には気をつけなければいけません。
 
▲メニューに戻る 
 
saisyuusyudan_468.jpg

申し込み情報は大丈夫?初めてでも借入できない人 

お金がないときには、カードローンなどのキャッシングで一時的に助かることがあります。 返済は問題がない、そんな意識があるのなら、銀行カードローンも消費者金融カードローンも借りれることでしょう。 &n…

キャッシングなら銀行カードローンが良い理由

銀行カードローンは、消費者金融カードローンよりも低い金利です。 金利が低いということは、返済そのものが楽になることです。 また、審査は消費者金融カードローンよりも厳しいです。 しかし、個人信…

ブラックでも借りれる金融業者

金がないという方の中には、消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない方もいます。 銀行カードローンの審査落ちでは、カードローン会社がオススメですが、大手消費者金融のカードローンで借りられない方は、…

生活費はココから調達?

生活費の金がないからキャッシング。 案外と多いカードローン利用者ですが、大手消費者金融や銀行カードローンの範囲内で借入している方ならまだ良いでしょう。しかし、キャッシングの目的が生活費の場合、街金な…

金がないから多重債務は危険な行為

すでにカードローンの契約をしている方で、返済のためのお金がない。 他社のカードローンの契約をしようとしている。ちょっと待った、です。     多重債務の始まり カ…
saisyuusyudan_468.jpg