お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金が必要だけどどこも借りれない

お金が欲しいのに、どこもお金を貸してくれないときはどうしたらいいでしょうか。
いずれにしてもお金を貸してくれないのは、属性が低いのは間違いありません。
普通に働いていて、他に借入れがなければ問題なくお金を借りることはできるでしょう。

もっとも、銀行の場合は、銀行カードローンの審査基準が高いので、
正規雇用で働いている人はともかく、パートアルバイトでしたら、借りることは難しいでしょう。
また、借りたいお金の金額にもよります。10万円あるいは20万円ということでしたら、
銀行も貸してくれるかもしれませんが、銀行カードローンは限度額を設定しなくてはいけないので、
50万円あるいは100万円の限度額となるので、10万円だけ借りたいというのは難しいかもしれません。

そういったときには、銀行カードローンよりも、
消費者金融会社のカードローンのほうが、銀行よりもキャッシングはしやすいかもしれません。
しかし、どこもお金を貸してくれないということで、
消費者金融会社からもお金を借りることができないのでしたら、
かなり属性が低くなっていると思って間違いないでしょう。

消費者金融会社にも、大手消費者金融会社から中小消費者金融会社、
さらには街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社があります。

普通の人がお金を借りようと思うと、
銀行カードローンか大手消費者金融会社のカードローンとなるでしょう。
カードローン自体、銀行か大手消費者金融会社と、一部の中小消費者金融会社しか扱っていないのです。
そこで、カードローン審査となると銀行カードローンの審査が厳しいのは前述した通りですが、
消費者金融会社のカードローン審査も、銀行カードローンほどではないのですが、やはり厳しいです。

もちろん、銀行カードローンの審査に落ちたからといって、
大手消費者金融会社のカードローンの審査にも、落ちるということはないでしょう。
しかし、一般的に消費者金融会社のカードローンの審査に落ちるのに、
銀行カードローンの審査に通ることはありません。

銀行カードドーンのキャッシング審査は厳しいのですが、正規雇用で勤めている人でも、
複数の他社借入れのある人は、銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。
他社借入れの有無は、カードローンの申し込み時に自己申告する欄があるのですが、
審査に通りやすくしようと思って、他社借入れの自己申告をしなくても、
信用情報機関に照会することで、他社借入れの有無がわかります。

ですから、申告しない場合は虚偽をしたということで、即審査落ちということになります。
申告し忘れたということでも、申し込み内容の不備にうっかりミスというのはありえないので、
それも注意力散漫ということで、審査にときには不利なケースとなるようです。

できるだけ、銀行カードローンで最初にお金を借りておきたいのは、
金利が低いこともそうなのですが、総量規制の問題があるからです。
総量規制というのは、年収の3分の1までしか借入れできないという規制です。

しかし、これは銀行カードローンは総量規制の対象外となっているのです。
ということは、消費者金融会社のみが総量規制の対象となっているということです。
ですから、反対に消費者金融会社で、年収の3分の1まで借りてしまったら、
それ以降は消費者金融会社から借りることができなくなります。
反対に銀行からは借入れができるということで、
借入れの逆転現象が起きてしまうということになってしまいます。

実際にこういったケースは起きているようですが、それほど頻繁にあるケースではありません。
複数の他社借入れがある場合ですが、これは、銀行に限らず、
消費者金融会社の審査のときも、あまり良い印象にはなりません。

複数の他社債務があるのでしたら、それをおまとめローンなどで一本化することが望ましいです。
複数の借入れがある場合は、それが高じて多重債務となるケースが多いです。
申し込みをしても、多重債務者にはどこもお金を貸してくれません。

また、多重債務から次の段階は、金融事故を起こしてブラック状態になってしまう人が多いのです。
ブラックというのは、任意整理あるいは自己破産に陥った人のことを指します。
ブラックになる人が続出した時期があり、消費者金融会社の融資過多を防ぐために、
総量規制という法律ができ、ブラックになる人の総数は導入時を除いて減少傾向にありましたが、
最近ではまた金融事故を起こして、債務整理あるいは自己破産に陥る人が増えてきているということです。

多重債務に陥ると、そこからブラックになる可能性は、非常に高いということも覚えておきましょう。
多重債務になると返済が厳しくなるのはもちろん、返済のし忘れといったイージーミスから延滞、
延滞がかさむと返済金額がふくらんでしまうので、さらに返済が厳しくなります。
こういったことが高じて金融事故を起こしてしまうのです。
多重債務から逃れるにはおまとめローンが最善の策と言えますね。

また、ブラックといった金融事故情報は、信用情報機関で共有されるので、
ブラックになると銀行などの金融機関や、
大手消費者金融会社などの貸金業者からお金を借りることはできません。
 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg