お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

どこも否決だった どこか貸してくれる所

どこも否決だった どこか貸してくれる所の関連記事

  1. どこも否決だった どこか貸してくれるところはないかな
  2. 借りるためにはどうしたらいい?
  3. 否決されるのはどうして?
  4. とりあえず貸してくれるところを探したい
  5. できれば金利の低いところから借りたいけど
saisyuusyudan_468.jpg

どこも否決だった どこか貸してくれるところはないかな

お金を借りるなら銀行が一番いいけどもなんで銀行はすんなり貸してくれないのだろうと思っている人も少なくないことでしょう。そもそも、銀行は預金者から低金利でお金を預金してもらって、それよりも高い金利で貸し出すことで収益をあげているのです。

他に資産運用もしていますが、メガバンクなどは預金の金額が数十数百兆円ということですから、お金は有り余っているはずです。しかし、貸したお金が焦げ付いて痛い目にあったのがバブルの時代ですから、銀行は昔も今も貸す側としてはそれほど乗り気ではないのかもしれません。

もっとも、銀行カードローンはお金の貸しすぎという指摘もあるくらいですから、借りている人も多いといった矛盾も指摘されているのです。もっとも、銀行からお金を借りることができる人はそれなりに属性の高い人であることは間違いありません。お金を借りやすい、すなわち銀行カードローンの融資を受けることのできる人は正社員であり安定した収入のある人がほとんどです。

消費者金融会社ではパートアルバイトでもお金を借りることができるのですが、銀行ではなかなか難しいでしょう。銀行カードローンのサイトの申し込みフォームの職業欄にもパートアルバイトの選択肢があります。ですから、申し込むには制限はないのですが、問題は銀行側の審査基準ということになるのです。

もちろんブラックといった金融事故を起こした人に銀行は融資をしません。また、滞納を繰り返している人にも融資はしないでしょう。属性が低く、それでもキャッシングをしたいのでしたら消費者金融会社のカードローンが一番でしょう。

消費者金融会社にも大手の他に中小消費者金融会社もあります。さらに小規模な消費者金融会社であり街金もありますから、そのようなところを利用したらいいでしょう。
 
saisyuusyudan_468.jpg

どうして銀行は貸してくれないんだろう

銀行は消費者金融会社と比べてもお金を貸してくれないというのが通り相場となっています。それでは、銀行はどうしてお金を貸してくれないのでしょうか。銀行の本業は預金者からお金を低金利で集めて、それを高い金利で貸し出すことです。

金利手数料の差額が主な収益源といってもいいでしょう。ですから、銀行もお金を貸したくてしょうがないはずなのに融資のハードルが高いのです。それは、預金者からお金を預かっていることにも起因しているといえます。預金者からお金を預かってそれを貸し出すのですから、焦げ付きを極端に嫌うのです。

だからこそ返済能力の高い人に貸しているということです。また、銀行は先述しているように貸し出しをたくさんしているようです。関係省庁から融資のしすぎという通達が出るくらいですから本当なのです。

それでは、銀行はどうして貸してくれないのかということになるのですが、それはひとえにそう言っている人の属性が低いからということになってしまうのです。銀行OBの人の言葉として、銀行の審査基準で重視しているのは、多重債務ではないことと安定した収入ということです。

借金をしていなくてしっかり働いていたら返済してくれるだろうというとてもシンプルなものなのです。また、滞納などの履歴もしっかりとチェックするということですから、概ねこの3点に問題がなければ貸し出しOKということになります。つまりは審査に通るということですね。
 
saisyuusyudan_468.jpg

銀行が貸してくれないということは属性が低いということ

意外と銀行の審査基準はシンプルなのです。もちろんそれだけではないでしょう。世間一般に言われていること間違いないのはクレジットカードの持ちすぎは審査に通りにくいということです。よくあることですが、クレジットカードの保有枚数の多さを自慢する人もいます。

10枚持っているから…というのも自慢と言えば自慢に聞こえるのですが、クレジットカードは持てば持つほど属性が低くなっていくのです。日本人の平均的なクレジットカードの保有枚数は3枚程度ということですからこのくらいに抑えておきたいものです。一番いけないのは無料だからということで何枚も作ることです。

クレジットカードにも審査があるので、たくさん作りすぎると、このクレジットカードがどうしても欲しいというときにクレジットカードの審査落ちという目に遭ってしまうことも少なくないのです。銀行が貸してくれないということが大きくクローズアップされています。

その一方でしっかりと銀行カードローンの審査に通っている人もいるということを忘れないほうがいいです。すなわち銀行へ融資の申し込みをしても審査落ちしてしまう、審査が否決になるということはそれだけ属性が低くて借りにくくなっているということを自覚しなくてはいけません。

もちろん自分が知らず知らずに金融ブラックになっているといったこともあります。そうなったらどこからも借りることができなくなるのです。最終的には闇金を利用するということにもなりかねませんから、そういったことがないようにしたいものです。

ヤミ金は当然のことながらブラックOKですから、借りやすいといった反面、利息制限法に定められた、上限金利を守っていませんからヤミ金に借りるととんでもない利息を支払わなければいけないので気をつけましょう。
 
saisyuusyudan_468.jpg

銀行がダメなら大手消費者金融会社のカードローンは?

銀行よりも金利が高くなってしまいますが、消費者金融会社の中でも大手と呼ばれる消費者金融会社のカードローンは使い勝手もよいのでおすすめです。なによりも消費者金融会社は貸金業者ですから、融資をしてその金利で収益をあげています。

銀行のように黙っていてはお金は入ってきませんから、融資にはとても積極的なのです。ある意味積極的にならざるをえませんから審査基準も銀行よりも甘いということになるということですね。ですから、銀行に融資の申し込みをしても断られるのでしたら消費者金融会社のカードローンにしましょう。

銀行でも東京スター銀行のように審査が甘めのところがありますがそれでも銀行ですから消費者金融会社の審査基準よりも厳しいものになってしまうのです。カードローンの審査が通るとローンカードが発行されます。

クレジットカードと同じように更新日がありますが、更新日が近づくと新しいカードが送られてくるのでそれほど気にしなくてもいいでしょう。大手消費者金融会社に融資の申し込みをしても審査に通らないという場合もあるかもしれません。

そのようなときは中小金融会社に融資の申し込みをしましょう。大手消費者金融会社に融資の申し込みをしても否決される場合は、多重債務に陥っていることが多いです。その場合はおまとめローンなどがおすすめですが、多重債務となると審査に通るのはなかなか厳しいかもしれません。
 
saisyuusyudan_468.jpg

ネットの口コミなどから探してみる

審査の厳しくない消費者金融会社のカードローンを探すにはネットの口コミなどを参考にしてもいいでしょう。借入の体験談などを書き込んでいるのでとてもためになる情報がたくさんあるはずです。特に中小消費者金融情報などは耳寄りな情報があるので是非とも参考にしたいところです。

またネットにサイトを開設していないような街金融などの情報も口コミから得ることができるので便利と言えます。消費者金融業者は困った時に頼りになります。特に街金などは審査があってないようなもの、といったら語弊があるかもしれませんが、借りやすさでは随一といえます。

ここで否決されたら後がありません。というよりもかなり厳しい状況と言えるので、あとは債務整理が正しい道といえるかもしれませんね。
 
▲メニューに戻る

借りるためにはどうしたらいい?

すぐにお金が必要だけどどこもお金を貸してくれそうもない。銀行に申し込んでも否決された。大手消費者金融会社もだめだった…。そのような人はおそらく属性が悪いはずです。勤務形態が正社員ではなくパートアルバイトであれば銀行からの融資は難しいかもしれません。

世帯収入で世帯主の同意のもとで借りることができるかもしれませんが、すでに消費者金融会社に融資の申し込みをしても否決されているのでしたら、まずは根本的な問題から解決するしかありません。お金を用意しなければ大変なことになるという切羽詰まった場合は、さらに中小消費者金融会社あるいは街金に頼るという方法もあります。しかし、できることでしたら、身内を頼るというのが最善の策なのです。身内でしたら利息が必要ないでしょう。

またあるとき払いの催促無しにできるかもしれません。身内だけはどうしても嫌だということでしたら、さらに新しく融資の申し込みをしなくてはいけないのですが、それも簡単なことではないでしょう。カードローンなどの申し込みを重ねてすべて否決されると、すでに申し込みブラックになっている可能性が高いです。

この申し込みブラックというのは短期間の間に融資の申し込みをして否決された場合です。そういった情報は信用情報期間で共有されているので、審査に落ちたという情報があると、何か問題がある人なのだなということで融資の申し込みを否決されることがあるのです。

これが申し込みブラックということですね。また、それだけではなく短期間のうちに複数の融資の申し込みをするということは相当お金に困ってるということでそれも審査否決の用件と合致してしまうのです。
 
saisyuusyudan_468.jpg

時間があれば属性を少しでもよくする

パートアルバイトがすぐに正社員になれるわけではありませんが、それでもそういった努力はするべきでしょう。また、クレジットカードをたくさん持っている人は使わないカードもあるはずです。それらを解約して最大でもクレジットカードの保有枚数を3枚程度に抑えるようにしましょう。

それも属性をあげるために有効な手段です。クレジットカードの枚数が多いとそれだけで、キャッシングができたり買い物ができるので銀行や消費者金融会社などから見ると潜在的な多重債務者と考えられるからです。

ですから、年会費が無料だから作っても邪魔にならないと考えずにクレジットカードの作りすぎには注意しましょう。反対にクレジットカードの申し込みをしても審査に通らない場合もあります。そうなるとカードローンなどの審査も否決ということも十分にありえるのです。
 
▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg

否決されるのはどうして?

一時期にたくさんの申し込みをすると申し込みブラックになります。ですから、審査落ちをしてもある程度期間を開けてカードローンの申し込みをするようにしましょう。また多重債務の場合はどうしても審査落ちの対象となってしまうのです。

多重債務の場合は返済に窮していると思われがちです。実際に借金の返済のために借金をしているような状況でしたら、債務整理の一歩手前ですから、融資の申し込みをしても否決される可能性が高いのです。すでに債務整理中ということでしたら、ブラックの人に融資をする貸金業者もほとんどありません。

もしあるとしたらブラック融資ということになるのですが、ヤミ金が考えられます。稀にブラックOKという貸金業者もいますが、ヤミ金かどうかをしっかりと判断するようにしましょう。ヤミ金か普通の貸金業者かを判断するのは、都道府県知事の許可証と貸金業協会の会員証があるかどうかです。

ヤミ金の場合は都道府県知事の認可を受けていませんし、当然のことながら貸金業協会の会員でもありません。これらは店舗に行かないとわからないのですが、ヤミ金の場合は店舗での受付になるので、結果的にお店に訪問して契約を取り交わすことになります。そのときに現金を渡されるということですね。

人によっては納得づくでヤミ金からお金を借りる場合もあるのですが、結局のところ破綻の道を進んでいくことになるのは変わりはありません。ですからヤミ金からは絶対にお金を借りることはないようにしましょう。
 
saisyuusyudan_468.jpg

会社員であればお金は借りやすい?

実際に融資をする側で考えてみると会社員とアルバイトでは、会社人にお金を貸したくなるのは当然です。それは安定した収入があるからです。アルバイトの場合は月々の給料が安定していませんし、働かなければ当然のことながら給料はでません。

会社員の場合は病気などで欠勤をしても月々の給料は保証されています。この差がとても大きいのです。信用というのはこのあたりから大きく差が開いてくると考えていいでしょう。大手企業になると休業補償も手厚いですから、給料が途切れることはありません。そういったところも銀行や消費者金融会社にとっては貸し倒れがない根拠となっているのです。さらに会社員のほうがアルバイトの人よりも年収は格段に違います。

ですから、キャッシング審査も会社員はアルバイトよりも格段に通りやすいと考えていいでしょう。金融屋でしたら、アルバイトよりも会社員にお金を貸したくなるのは当然のことなのです。派遣社員や契約社員、さらにはアルバイトであればできるだけ正社員登用制度などを利用して正社員になるように努力したいものですね。
 
▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg

とりあえず貸してくれるところを探したい

銀行やアコムやプロミス、アイフルといった大手消費者金融会社のカードローンも否決された…。そんな窮地に陥っている人も多いことでしょう。それではもう一つ踏み込んで中小消費者金融会社に融資の申し込みをしましょう。

消費者金融会社も大手までは信用できるけど中小消費者金融会社となると信用できない、という人も多いと思います。しかし、中小消費者金融会社はあなどれないですよ。特に中小消費者金融会社でもきちんとしたホームページを作っているところがほとんどで、全国展開しているのです。

ですから、日本全国どこにいても中小消費者金融会社に融資の申し込みができます。店舗がないけど?という声も当然ですが、今ではネットを通じて融資の申し込みをすることができます。大手消費者金融会社でしたら、全国に店舗があったり、無人契約機があるので便利ですが、ネットでもそれほど苦にならないくらいスムーズに融資の申し込みをすることができるのです。

もちろん即日融資にも対応していますし、中小消費者金融会社は日本全国どこにでもあるので、住んでいる街にもきっと消費者金融会社があることでしょう。金利は大手消費者金融会社のカードローンよりも高くなってしまいますし、カードローンではなく出金ができない返済のみの借入だけというローンがメインになるでしょう。

もちろんカードローンを用意して発行されたローンカードで全国のコンビニATMで利用できるものもあります。使い勝手を考えて中小消費者金融会社のローンあるいはカードローンを利用するようにしたいものです。申し込み者に対して相談窓口を設けている消費者金融会社もあります。返済方法なども気になるでしょうから、まずは窓口で相談してみるのもいいと思います。
 
saisyuusyudan_468.jpg

街金融資という方法もあります

ブラック対応というわけではありませんが、口コミを見ているとブラックでも借りることができたという、気になる書き込みも多数見られます。消費者金融会社が表立ってブラックの人にも融資をしますということはないので、ガセ情報かというとそれがそうでもないようなのです。

実際にブラックの人でも借入ができたという情報がたくさんありますし、それは偽の情報ではありません。ブラックといってもまったくお金のない人というわけではありません。きちんと働いていますし、特に自己破産の人は借金が帳消しになっていますから、反対に返済能力は高いと言えるでしょう。

ブラックの人に融資はしないというのはある意味社会的制裁の色合いが強いのです。ですから、現在の属性を重視したらそれほど問題がないということで審査に通ることがあるのです。特に街金融の場合はブラック属性を気にしないところが多いので、適切にブラック対応をするようです。

ですから、ブラックの人、属性が低く審査落ちの心配のある人は街金融資を頼ってみるのもいいでしょう。ブラックOK消費者金融会社も探せばたくさんありそうです。そういった情報はネットの中小消費者金融情報サイトなどにも掲載されているので参考にしてみるのもいいでしょう。
 
▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg

できれば金利の低いところから借りたいけど

金利の低いところとなると銀行系カードローンということになりますが。どこも否決されたということでしたら属性に問題がある場合が多く、自分自身の勤務形態、あるいは借金の状況などと照らし合わせて客観的に判断しなくてはいけません。審査落ちした理由は銀行も消費者金融会社も教えてくれません。

教えてくれたら、その部分を気をつけるようにできるのですが、審査落ちについてはその理由は決して公開されないのです。ですから、自分で推し量るしかありません。特に勤務形態や債務状況が問題になる場合が多いです。

債務状況は特に重要視されますから、多重債務といった他社借入れが多くなると新しい融資の申し込みは否決されることが多いのです。借りることができなければ、滞納が続いてあげくには債務整理の道へ…という人も少なくないでしょう。

にっちもさっちも行かない場合は、付け焼き刃的に現在の窮状を逃れたとしても事態を先延ばしにしているだけですから、抜本的な解決をしたほうがいいです。
 
saisyuusyudan_468.jpg

カードローンの増枠申請をしてみる

新たな借入ができない場合は、現在利用しているカードローンの融資可能額の増枠申請をしてみましょう。これにも審査が必要ですが、滞納無く返済していたのでしたら、それほど審査に通ることは大変ではありません。反対に一度でも滞納があればその点が重視されて審査に落ちることもあるのです。

ですから、滞納もなく返済状況が良好でしたら、審査に落ちることはないでしょう。カードローンの増枠申請も付け焼き刃的な対応になってしまいますが、お金がなくて重大な局面を迎えるよりもいいでしょう。もっとも、問題の先送りといった感は否めません。

それでも事態を先送りしたことで対応する時間ができたことは大きいです。1ヵ月でも時間ができたのでしたら、それを利用して新たな資金繰りに走るかたくさん働いてお金を少しでも多く返済するようにしたいものです。
 
saisyuusyudan_468.jpg

どうしてもお金を借りることができない

どうしてもお金を借りることができないときはその月の返済にも困ってしまうことでしょう。そのときは、返済の迫ったカードローン会社に連絡しておきます。カードローン会社によっては返済と1ヵ月後にずらしてくれるところもあります。

当然手数料も取られてしまいますが、カードローン会社にしてもきちんと支払いをしてくれるのでしたら、返済期日を後ろに延ばすなど柔軟に対応してくれるところが多いのです。苦しくなったらまずは相談してみることですね。
 
▲メニューに戻る
saisyuusyudan_468.jpg

関連ページ

saisyuusyudan_468.jpg