お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金借りる 日雇い労働者

  1. 日雇い労働者がお金借りることができる?
  2. 日雇い労働者でもお金借りることができるの?
  3. 日雇い労働者が審査に通るには
  4. 消費者金融会社で借りる
  5. 消費者金融会社で借りることができないとき
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

日雇い労働者がお金借りることができる?

日雇い労働者でも、お金を貸してくれるのでしょうか。そもそも安定した収入が基本なら、日雇いは安定した収入なのかといった疑問が芽生えてきます。

どこもお金を貸してくれないときはどうしたらいいのでしょうか。まずは銀行カードローンでお金を借りたいと思っても、金融機関や貸金業者を通じて、銀行がもっとも審査基準が高いです。ですから、安定した収入のない人、パートアルバイトの人や無職の人でしたら、銀行からお金を借りることはできないでしょう。正社員であっても、他社借入れがあると審査に通らないことがあるのです。

それだけ銀行カードローンの審査が厳しいのは、ひとえに預金者からお金を預かっていることが大きいです。融資の原資となるのが預金となるのですから、当然と言えるかもしれません。銀行も大盤振る舞いで誰にでもお金を貸していた時期がありましたが、バブル経済の崩壊などで、多くの融資が焦げ付いて破綻した銀行も出たくらいですから、その轍は踏めないということですね。ですから、属性に不安のある人は銀行カードローンは利用できないと考えたほうがいいでしょう。

無理に銀行カードローンに融資の申込みをして審査に落ちてしまうと、その審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録されるのです。信用情報機関に加盟している、銀行やクレジットカード会社、大手消費者金融会社などはそういった情報を照会できるので、審査に落ちた人は他に融資の申込みをしても銀行カードローンの審査に落ちたということで、何か問題があるのではと思い、自分のところの審査も落としてしまうのです。これが申込みブラックということですね。

申込みブラックの情報は、向こう6ヵ月間記録されていることになるので、6ヵ月は新たな融資の申込みができないということになります。お金が欲しくて急いでいるときに、申込みができないのは大きな痛手です。ですから、入念な調査をして融資の申込みに対して審査に落ちないようにしなくてはいけません。

よって、自分の属性がどのようなレベルにあるのかは、把握しておいたほうがいいでしょう。勤務形態がパートアルバイトで、正社員でなかったら、銀行カードローンの審査に通ることは難しいので、銀行カードローンに融資の申込みをしない方がいいでしょう。また正社員であっても、他社借入れが複数あるとか、勤続年数がまだ1年程度だったりすると、銀行カードローンの審査に通らない可能性が高いです。

特に銀行の場合は他社借入れを重視するので、その点にも注意しましょう。
他社借入れが2社程度あるのでしたら、おまとめローンを利用して複数の他社借入れを一本化しておくようにしましょう。1社の借入れだったら、審査も通りやすくなるのでこれは覚えておいたほうがいいですよ。

銀行から借入れができないとなると、頼りにしたいのが消費者金融会社です。
サラ金といったイメージはいまだにあって、消費者金融会社から借りたくないといった人も少なくないと思います。しかし、昔のサラ金のイメージは今の消費者金融会社にはないといってもいいでしょう。法律が改正されて、厳しい取り立てをすることはなくなりました。

反対に消費者金融会社からお金を借りる人の属性が低いので、そちらのほうのイメージが悪くなっているのかもしれません。消費者金融会社自体は、まったく昔のイメージはないので安心してもいいでしょう。そして、消費者金融会社からお金を借りるのでしたら、まずは大手消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。

大手消費者金融会社というとアコムやアイフル、さらにはプロミスにレイクといった名前が出てきますが、これらの大手消費者金融会社のカードローンがオススメです。使い勝手がいいですし、お金が必要というときに、無人契約機があるのが心強いのです。

この無人契約機は、24時間365日いつでも稼働していますから、極端な話元旦でもお金を借りることができます。銀行カードローンと比べても、大手消費者金融会社のカードローンは、パートアルバイトの人でも問題なく審査にパスできます。属性は幅広く対応が可能となっていますし、属性の低い人でも融資限度額を下げることで、対応が可能となるような間口に広さも嬉しいところです。

もちろん、お金を借りたら返さなくてはいけません。返済についてはやはり、目処を立ててから借りるようにしたほうがいいでしょう。お金がどうしても必要だといった切羽詰まった状態で、お金を借りてもすぐに返済に窮してしまって、他からお金を借りるといった堂々巡りになる可能性が高いのです。ですから、借金体質から抜け出ることを先に考えたほうがいいのは言うまでもありません。

それでもお金が必要で、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らなければ、さらに中小消費者金融会社からお金を借りるといった方法がとれます。また、中小消費者金融会社でお金を借りることができなければ、さらに末端の街金といった小規模な消費者金融会社があります。属性が低くても探せばこれら、中小消費者金融会社あるいは、街金からお金を借りることができるでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

日雇い労働者でもお金借りることができるの?

日雇い労働者というと、属性がどの程度なのか気になりますね。

勤務形態で考えると、属性が高いのが正規雇用されている人なのは間違いありません。そして派遣社員となります。それからアルバイトとなるのですが、日雇い労働者となると、アルバイトよりも属性が低いのが相場です。

そうなると何が起こるのかというと、銀行カードローンの審査にはまず通ることはありません。安定した収入のある人…という条件以外にピタッとはまってしまうのです。パートアルバイトよりもその日の仕事がないかもしれないという勤務形態は、安定した収入とはかけはなれているからです。

ですから日雇いの人となると、融資の申込みをしても銀行カードローンの審査に通ることはありません。派遣会社の社員登録をして日雇いをしているというケースもあるかもしれませんが、それでも勤務形態や内容をしっかりとみられるので無理でしょう。

また、日雇いの場合は派遣先が日によって変わることがほとんどですから、ネックとなるのが在籍確認です。どこにいるのかわかりませんし、誰が働いているのかもわからないので、在籍確認のしようがないのです。特に勤務形態に問題がありそうな人は、申し込みの際に在籍確認の電話が必須となります。そこで在籍確認が取れないとなると、審査に落ちる可能性が大となるのです。

カードローン審査でも在籍確認が行われます。銀行カードローンに比べて、大手消費者金融会社のカードローン審査は緩やかと言われていますが、在籍確認がとれなければ審査NGとなるのは間違いありません。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

日雇い労働者が審査に通るには

日雇い労働者の場合ネックとなるのが、安定した収入という面です。毎日仕事が確約されていないから日雇いということですから、その日にならないと、仕事があるのかどうかがわからないというのは、消費者金融会社としてもお金を貸しづらいのです。

申込者のほうでも直近の給与明細書を持参するなりして、毎月安定した収入を確保するといったことを、相談窓口などでアピールしたほうがいいでしょう。

それとネックとなる在籍確認ですが、これは派遣元に協力してもらうしかありません。在籍確認は本人が出なくても、そこで働いていることが分かればいいのですから、電話を受ける人に周知徹底してもらうようにしたらいいのです。

派遣元に借金しようとしていることがわかるのですが、別に貸金業者と名乗って電話がかかってくるわけではないので、自分宛に電話があったら外出している…といったように言ってもらうようにしましょう。一手間かかりますが、それで在籍確認をクリアできることになるのです。

また、カードローン会社は返済能力があるのかどうかを見極めたいので、収入証明書などの提出も必須と言えるでしょう。日雇いでも仕事をきちんとしていること、収入証明書などの書類提出ができることが最低限の融資条件となります。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

消費者金融会社で借りる

現実的には、大手消費者金融会社のカードローンで借りるのは難しいかもしれません。これも「安定した収入のある人」に引っかかってしまうのです。曖昧な表現なので、受け取り方はいくらでもあるところが、ずるいところと言えますね。

いずれにしても、日雇い労働者の場合はカードローンキャッシングは難しいかもしれません。もっとも100万円借りたいと思って申込みをしても、50万円に利用限度額を減額されるかもしれませんが、それでもよければ、カードローンで借りることができるかもしれません。

ハードルは高くなりそうですが、勤務先からでの在籍確認が取れることと、収入証明書の提出が審査通過の最低条件となります。そこでさらに審査をパスして晴れて契約となるのです。

また、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らなければ、中小消費者金融会社や街金といった消費者金融会社があります。こちらのほうが審査がさらに緩くなるので、日雇い労働者にとっても融資を受けやすいと言えるでしょう。

それでも在籍確認は行われるので、勤務先に連絡しておいたほうがいいでしょう。キャッシング審査は独自審査で行われることが多く、在籍確認が取れて必要な書類提出で、ほぼ審査OKとなることが多いです。借入れ額はそれほど多くなく、街金に至っては10万円程度が相場となるので注意しましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

消費者金融会社で借りることができないとき

日雇い労働者の場合はどうしても、安定した収入という面がネックとなりますし、在籍確認がとれなければ街金からお金を借りることもできません。

勤務先や派遣元に相談するのも難しいとなると、あとはネットの個人間融資掲示板を利用するといった方法があります。個人間の貸し借りとなるので、不安に思う人もいるかもしれません。しかし、考えると融資する側のほうに大きなリスクがあると考えると、借りる側も少しは楽になるのではないでしょうか。

個人情報などの問題もありますが、必要最小限の情報のやりとりで融資が決まるようですから、それほど心配することはないといっていいでしょう。気をつけたいのは業者が介入することです。中にはヤミ金といった非合法の業者が介在することもあるので、気をつけたいところですね。

少額でよくてお金をすぐにでも借りたいとなると、個人関羽油脂掲示板もしっかり選択肢にのってくるのです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

日雇い労働者が大手消費者金融の審査に挑戦

日雇い労働者がお金を借りるとなると、審査が気になります。 大手消費者金融と銀行カードローンでは、多分相手にされないでしょう。 それは、審査対象で、収入があるだけではなく、一定の収入であることが…

日雇い労働者が個人事業主になる?

日雇い労働者のキャッシング事情としては、ポイントになるのが、在籍確認と収入です。 たいてい収入証明書が出ないことが多いです。 日払いだったりするのですが、キャッシングに関しての対応はいろいろです。…

日雇い労働者、アコムでお金借りる

カードローン審査で柔軟とされるアコム。 日雇い労働者が申込をしたら、審査通過ができるか?     情報サイトではNG アコムでは、日雇い労働者は安定した収入がない…
saisyuusyudan_468.jpg