お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金を借りる最終手段

  1. なんとかしてお金を借りたい
  2. お金借りるのはいいけど審査に通らない
  3. 審査に通らない理由
  4. 審査に通らない
  5. どうしても審査に通らないとき
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

なんとかしてお金を借りたい

すぐにお金を借りたいとなると、今では銀行は即日融資に対応していません。ですから、消費者金融会社からお金を借りることになるのですが。必ずしも今すぐではないながらも、できるだけ早くと言うことでしたら、銀行カードローンなども視野に入ってくるでしょう。

お金を借りるとなると、やはり少しでも金利の低いところから借りたいと思うものですから、そうなるとやはり、消費者金融会社よりも銀行で借りたほうがいいということになります。

どうしても今すぐお金が必要という場合は、大手消費者金融会社のカードローンがいいですし、街の中小消費者金融会社か街金のお店に駆け込むのもいいでしょう。もっとも、大手消費者金融会社のカードローンの審査のスピードは、ものすごく速いです。30分スピード融資というのは大げさですが、1時間もあれば審査は終わってしまうでしょう。もちろん、審査に通らない場合もありますが、審査に通る通らないに関係なく、1時間後くらいには結果が出ているということになるのです。大手消費者金融会社の場合は、主要都市のあちこちに無人契約機を設置しています。これでしたら、24時間365日いつでも融資の申し込みをすることができます。

もっとも、申込みができるというだけで、審査をしてすぐに融資というわけではありません。それでも朝の早い時間から、夜は22時くらいまでは審査が可能です。無人契約機の場合はローンカードも発行してくれるので、審査に通ればそれを持って近くのコンビニATMで、すぐにでもキャッシングができるのです。ですので、受付時間の広さと無人契約機の存在を考えれば、すぐでにもお金を借りたいというときは、大手消費者金融会社のカードローンが一番の味方となってくれるでしょう。

また、お金を借りるほうも事前準備が必要です。本人確認書類は必須ですし、借り入れ金額によっては収入を証明するものが必要になります。源泉徴収票があれば大丈夫ですが、手元に無い場合は、市役所などから所得証明書を発行してもらうようにしましょう。少額融資でしたら、収入証明書が必要ないという場合が多いのですが、他社借入れがある場合、総量規制の問題などもあるので、収入証明書が必要になる場合が多いです。

加えて注意したいのは、年収の項目や他社借入れの項目です。少しでも多く借りようとして虚偽の申告をする場合があるのですが、この場合でもすぐにわかるようになっています。信用情報機関に照会することでわかるので、申込者が収入証明書を提出するあるいは申告するのは、虚偽がないか信用情報機関の照会情報と照合するためでもあるのです。さらに、虚偽が悪質な場合は犯罪として逮捕される場合もあるので、注意したほうがいいでしょう。

必ずしもすぐにお金が必要では無い場合、即日融資を希望するわけではないのでしたら、銀行カードローンに融資の申しこみをするのも視野に入ってくるでしょう。銀行カードローンのほうが金利が低いので、結果として返済利息が少なくて済むのです。

もっとも、銀行カードローンは審査が厳しいので、属性の低い人は審査に通らないでしょう。パートアルバイトで働いている人は、安定した収入とは見られないことが多いので、銀行カードローンの審査に通るのは難しいようです。雇用形態が正規雇用の人でしたら、月々一定の収入を得ることができますし、何よりも雇用が保障されていることが大きいです。パートアルバイトの人でしたら、いつクビを切られるかわからないので、そういった面でも銀行はお金を貸し渋ると考えていいでしょう。

また、正規雇用されている人でも安泰ではないのは、銀行カードローンの審査も簡単に通ってしまうので、お金が借りやすいのです。それはメリットでもあるのですが、ついつい借りすぎてしまうというデメリットもあります。お金があることが当たり前になってしまい、足りなくなれば借金を繰り返すことによって、いつのまにか複数の借入れをしてしまうのです。

お金をどんどん借りていくと属性が下がっていくので、いつか新たな借入れができなくなってしまいます。そうなると、あとは返済に追われる日々となってしまうのです。借りやすいと借りすぎてしまうという負の連鎖になってしまうので、お金の借りすぎには注意しなくてはいけません。

銀行カードローンを利用できないパートアルバイトの人は、消費者金融会社からお金を借りることになるのですが、消費者金融会社の場合は総量規制の問題があるので年収の3分の1までしか借りることができません。これは法律で定められているのです。ですから、年収が200万円のパートアルバイトの人でしたら、70万円弱のお金を借りることができるのです。

この金額が多いと思えばいいのですが、少ないと思う人は借金癖のある人ですから、気をつけなければいけません。お金を借りたら返済するのは当然のことですから、返済計画をしっかり持って借りるようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金借りるのはいいけど審査に通らない

お金を借りるなら銀行カードローンがいいのですが、銀行は審査基準が厳しくて借入れの申し込みに対して、審査に通りにくいというのが一般的となっています。

正規雇用の人でしたら、審査に通りやすいのですが、これがパートアルバイトの人になると途端に審査に通らなくなるのです。そうなると消費者金融会社のカードローンに頼ることになります。

また、銀行カードローンの審査に落ちてすぐに、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしても、審査に落ちたという情報が信用情報機関を通じて共有されています。そういった情報を審査時に照会することで何か問題があるのかも、ということで消費者金融会社の審査にも通らなくなるのです。これを申し込みブラックと呼んでいるので注意しましょう。

審査落ちの情報は6ヵ月間は保存されるということですから、一旦銀行カードローン、大手消費者金融会社のカードローンに借入れの申し込みをして、審査に落ちてしまうと、審査に通らないので気をつけなければいけません。なかなか、消費者金融会社のカードローンの審査に通らないという人は、こういった申し込みブラックになっている可能性が高いのです。

銀行カードローンで審査に通らなかったパートアルバイトの人や、非正規雇用の人でも消費者金融会社のキャッシングローンの審査には問題なく通ることでしょう。消費者金融会社も収益をあげるためにお金を融資したいのです。そして、属性が低くて希望する融資額を融資できないときは、融資額を落として審査に通すこともしてくれるのです。

こういった融通の利いた審査も消費者金融会社の魅力といってもいいでしょう。融資の申し込みに対して柔軟な姿勢で審査をしてくれ、さらに少しでも融資をしてくれるのが、消費者金融業者のカードローンのメリットと言えるでしょう。

一部の人は住宅ローンがあるから、審査に通らないのではという人がいます。しかし、住宅ローンはローンのうちに入らないというか、債務件数や債務合計から住宅ローンは除外されているのが一般的です。ですから、住宅ローンがあるから融資を受けることができない、融資の申し込みに対して審査に落ちてしまうというのは、住宅ローン以外の問題があることが多いのです。

属性が低くなっている場合、これは複数の借入れがある場合が多いです。銀行では3社から借入れがある場合で、多重債務者と認定することが多いですから、こうなると銀行カードローンを借りることはほぼ不可能といっていいでしょう。

一方の消費者金融会社のカードローンではまだまだ借りることができるので、安心というわけではないのですが、消費者金融会社に融資の申込みをするようにしましょう。おすすめ消費者金融会社は、属性に不安のある人は大手以外の中小消費者金融会社に融資の依頼をするといいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

審査に通らない理由

消費者金融会社に融資の申し込みをしても審査に通らない場合もあります。特に審査に落ちた理由というのを教えてくれないので推察するしかないのですが、消費者金融会社の場合は、総量規制といった規制があるのを理解しておかなければいけません。これは、年収の3分の1までしか借りることができないというものです。

消費者金融会社のローンが対象となる総量規制で、銀行カードローンなどは総量規制対象外です。ですから、他社借入れなどがあり、総量で年収の3分の1まで借りているのでしたら、それ以上消費者金融会社からお金を借りることができないので、注意しなければいけません。

総量規制にかかってしまった場合は、フリーローンではなく目的ローンで借りることをオススメします。総量規制自体が使途自由のフリーローンをターゲットにした規制ですから、目的ローンは総量規制対象外となるのです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

審査に通らない

過去に延滞履歴がある場合は、審査に通らない可能性が高いです。延滞してもすぐに返済したから問題なしと思っている人も多いかもしれませんが、延滞したという事実がすでに契約不履行ですから、返済したからと言っても延滞した事実が消えるわけではありません。延滞して返済しなかったら返済不能ということで、金融事故から債務整理ということになります。

延滞しても返済すればまだまだなんとかなるのですが、一度延滞してしまうと、次の返済が2ヵ月分となってしまうので、できるだけ延滞はしないほうがいいのです。個人信用情報機関には延滞履歴もしっかりと記録され、その延滞情報は消費者金融会社の間でも共有されるので、延滞歴はどの消費者金融会社でも知られてしまうのです。

ですから、延滞はしないほうがいいのは間違いありませんし、延滞がかさむとそこから一気に金融事故ということになってしまうのです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

どうしても審査に通らないとき

消費者金融会社にも、大手消費者金融会社から中小消費者金融会社、さらにはもっと小規模な街金といった消費者金融会社があります。

多くの人はアコムなど大手消費者金融会社からお金を借りたいと思うものですが、少し視点を変えて、中小消費者金融会社からお金を借りることも模索してみるのもいいでしょう。審査基準も大手消費者金融会社よりも緩くなっているので、審査に通りやすいのです。

また、中小消費者金融会社や街金によっては、独自審査を行い信用情報機関に信用情報を照会しない貸金業者もあります。自分自身の属性が不安な人は、こういった貸金業者に融資の申込みをするようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg