お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

どこからもお金が借りれない場合

  1. お金をなんとかして工面する
  2. 消費者金融会社で借りる
  3. どこからもお金が借りれない場合
  4. なんとかしてお金を借りたい
  5. どうしてもお金が必要
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金をなんとかして工面する

ちょっとしたお金が手元に無い場合があります。また、まったお金がないという人もいるでしょう。そのようなときはどうしたらいいでしょうか。

まず考えられるのは友人知人を頼ることです。古くからの友人や親友と呼べる人でしたら、1万円あるいは数万円でしたら、すぐにでもお金を貸してくれることでしょう。もちろん借りる側も給料日になったらすぐに返すからという一言は必要です。

また、親しき仲にも礼儀がないといけませんから、借りる側のほうから借用書を用意しておくといいでしょう。借りる側の誠意ですし、本気度を示すものとしても有効です。お金に困っている友人にすぐにでも救いの手を差し伸べてくれるのですから、そういった誠意に最大限に応えなくてはいけないのです。

さらに、数万円となると友人にも生活があるので厳しい場合があります。そういったときは身内を頼るようにしましょう。身内に最初から頼ってもいいのですが、身内を活用するのはもっと大口のお金が必要になったときのためにとっておきたいという思惑があるからです。

もっとも、友人に借りるのは少し気が引けるというときもあるでしょう。そういったときは躊躇せずに身内からお金を借りるようにしたらいいでしょう。いずれにしても、少しくらいのお金でしたら、まずは友人知人や身内を頼るようにしたほうがいいです。現金があればすぐに貸してくれますし、基本的に利息を支払う必要はないので、借りたお金をそのまま返済するようにしてもいいでしょう。

あるいは、友人や知人の場合はお礼にご飯をごちそうするなどのお礼をすると、銀行や消費者金融会社で借りた場合の返済利息よりも高くつくことがあります。友人知人や身内に持ち合わせが無い場合もあるでしょう。それでもすぐにお金が必要だというときは、クレジットカードのキャッシングが役にたちます。

ショッピングではよく使うクレジットカードですが、キャッシングで使ったことがないという人も少なくないでしょう。銀行ATMでもコンビニATMでもどこでも使えるようになっているので、すぐにキャッシングすることができます。注意したいのは借りた翌日から金利手数料が日割りでかかるということです。クレジットカードには締め日がありますが、その締め日まではしっかりと金利手数料が発生するので、翌月の支払いには金利手数料を加算した金額が銀行口座から引き落とされています。

ショッピングの一括払いには金利手数料がかからないので、キャッシングもかからないと思っている人が少なくありませんが、キャッシングについてはすぐにでも金利手数料の計算が始まるので注意しましょう。クレジットカードのキャッシングの金利は高いので、その点にも気をつけてください。

また、自分の力でお金を作る方法も模索しましょう。1,2万円でしたらガテン系の日雇いのバイトをすれば一日1万円くらいにはなるでしょう。昼間のしごとがあるので夜のバイトになりますが、夜通し働くような仕事でしたら、1万円以上になりますし、土日を潰していいのでしたら、合わせ技で2万円3万円くらいにはなるでしょう。お金がどうしても必要でしたら、自分の力で稼ぐという方法もあるので体力的にきついかもしれませんが、検討する価値はあるでしょう。

それでも、お金を工面するにも当てがなければ始まりません。そのときは銀行や消費者金融会社からお金を借りることを考えましょう。金利が低い方がいいのは間違いないので、まずは銀行からお金を借りることを模索します。銀行からお金を借りた事が無いという人は、まずは銀行の融資相談窓口に相談に出向くのもいいかもしれません。

しかし、必要なお金が数万円ということでしたら、銀行の最少貸出し単位が10万円からなので、10万円の借り入れを申し込むことになります。また、その場合でしたら、銀行カードローンの利用限度額を10万円に設定してもらって、審査に通れば必要な額だけ出金するという方法がいいでしょう。

いずれにしても、銀行カードローンの金利は低いので、最初に借りるなら銀行がいいです。ただし、銀行カードローンの審査基準は厳しく、属性に不安のある人は、注意が必要です。正社員で複数の債務がなければ問題なく銀行カードローンの審査に通る事でしょう。

一方で正社員以外、非正規雇用の人ですから、パートアルバイトや、契約社員、派遣社員の人がこれにあたります。収入が安定していないとみられて、審査に通らないことが多いのです。そうなると消費者金融会社のカードローンに頼るしか無いということになります。そして、銀行カードローンの審査に通った人ですが、属性の高さで、いくらでも銀行から借りることができると思ったら大きな間違いなのです。

ある程度銀行からお金を借りたらそれ以降は借りることができなくなるでしょう。銀行も社会情勢を見ながら、自分のところはある程度大丈夫と思ったら、他の金融機関の偵察に行くこともあるでしょう。

いずれにしても、複数の債務があると途端に銀行カードローンの審査は正社員といえども厳しくなります。複数の債務があるときはできるだけ早くおまとめローンを利用するなどして、借金の一本化を図っておいたほうがいいと思います。そして、銀行カードローンに一つデメリットがあるとしたら、銀行カードローンは一時期即日融資やスピード融資を大々的にアピールしていた時期があるのです。

しかし、そういった広告や宣伝は見なくなりました。実は審査の方法が変わって、これまでにプラスする形でスピード融資が実現できていたのですが、警察庁のデータベースへの照会が求められることになったのです。これの照会情報を得られるのが翌日以降ということで、この一言で銀行カードローンは即日融資ができなくなったのです。

こうなると強力なライバルがいなくなったのですから、少額融資の世界は、消費者金融会社のカ-ドローンがお得な場合もあるのですが、借りる側も細心の注意を払って損をしないようにしなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に通らない、あるいは自分の属性に不安のある人は消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みを行うようにしたらいいでしょう。

審査は銀行カードローンよりも緩やかですから、銀行カードローンの審査に落ちた人の受け皿的な立ち位置にあるのが消費者金融会社のカードローンといってもいいでしょう。

また、消費者金融会社のカードローンに限らないのですが、消費者金融会社のローンは総量規制というものがあります。これは法律なのですが、年収の3分の1までしか借り入れができないというもので、総量規制は銀行は対象外となっています。

消費者金融会社から借りすぎないようにした規制なのですが、どうしてもお金が必要な人は、闇金から借りる人もいるようですが、闇金からは絶対に借りないように気をつけなくてはいけません。総量規制があるのに、闇金がどうして貸してくれるのかというと、非合法の闇金業者ですから、法の外に位置しているアウトロー業者と考えていいのです。

消費者金融会社のカードローン審査はそれほど厳しいものではないのですが、大手消費者金融会社のカードローンの審査は消費者金融会社のローンの中でも、もっとも審査が厳しいものとなっています。そのため、大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしても半分は審査に落ちるということですから、審査通過率は50%ということになります。

もっとも、銀行カードローンの審査に落ちたという人も多いでしょうから、属性は低くなっている人が多いのは間違いないでしょう。複数の債務を抱えて多重債務者寸前あるいはすでに多重債務者になっている人もいるかもしれません。

いずれにしても複数の債務があり、その債務の返済を第一に考えているのでしたら、おまとめローンを利用して債務の一本化を図るようにしなければいけません。総量規制の問題を気にする人が多いのですが、総量規制はフリーローンのみに的賞する規制です。ですから、目的のあるローンは総量規制対象外となっているのです。

おまとめローンも当然目的ローンですから、残債務の総額まで借りることのできる消費者金融会社を見つけて、おまとめローンを利用するようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

どこからもお金が借りれない場合

返済が厳しくなり、おまとめローンも審査に通らなかった場合は月々の返済にどんどん窮していくことでしょう。

一度でも返済に対して延滞してしまうと、そこから新規でお金を借りることは難しくなります。ですから、返済に困った時の延滞はそのまま返済不能となって債務整理に陥るケースが多くなるのです。

総量規制にかかってしまうとどんなに審査の緩い消費者金融会社があったとしても、法律ですから、それ以上の融資をしてくれることはありません。

しかし、目的ローンでしたら、融資可能ですから、中小消費者金融会社などの窓口に相談して、目的ローンとしてお金を借りることはできないかを交渉してみるのも一つの方法です。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

なんとかしてお金を借りたい

不動産などを持っていれば不動産担保ローンを利用することができます。もっとも、返済に困っているときに借りるものですから、ここで返済できないでいると、不動産も手放さなくてはいけなくなります。不動産担保ローンは最後の手段にとっておきましょう。

また、債務整理に陥ってしまって、自己破産しか手が無いという場合は、不動産も差し押さえになり、手放さなくてはいけなくなります。

債務整理でも不動産を手放さなくてもいい方法は任意整理です。これは債権者と交渉しながら、返済の方法を話し合うもので、債務総額の減額や返済利息の減額など、債務者に有利に運ぶことが多いのが特徴です。

弁護士に依頼するとさらに有利な条件での任意整理ができるでしょう。債務整理の場合、不動産などがあり、それを手放したくないのであれば、返済の道を探りながらの任意整理が一番でしょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

どうしてもお金が必要

債務整理をしたからといって一文無しになるわけではありません。また、債務の返済中であと少しで今月は何とかなりそうというときもあるでしょう。

もちろん、消費者金融会社では追加でお金を貸してくれるところはなさそうというときは、ネットの個人間融資掲示板を利用するのも一つの方法です。

個人での貸借りになるので総量規制などの問題はありませんし、借り入れできる金額もわずかで、多くても10万円が相場ということですが、それでも助かる場合もあるでしょう。すこしでもお金があればというときは、個人間融資掲示板が大きな力となります。

個人での貸借りにはリスクもありますが、できるだけお金を貸す側のプロフィールや実績などを事前に確認して信頼のおける人から借りるようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

関連ページ

saisyuusyudan_468.jpg