お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

もう借りられない

もう借りられないの関連記事
  1. 本当に借りれないかやってみてほしいこと
  2. 借りれないからまとめローンという考え方
  3. 信用情報に何が起きた?
  4. キャッシング以外の各種ローンの紹介 それでもダメか?
  5. 中小消費者金融は最後の頼み
saisyuusyudan_468.jpg

本当に借りれないかやってみてほしいこと

もうカードローン会社からの借り入れができない。
新規キャッシング申込ができない。
そんな事態に慌てることもあるでしょう。
良くあることではないのですが、うっかりミスで一時的なキャッシングストップがかかることがあります。
ブラックだ、もうダメだという前に、いくつかチェックをしてみてください。

今日は何日?返済しましたか?

たいていキャッシングの返済は25日以降が多いですが、場合によっては5日や10日という「五十日(ごとうび)」になっていることがあります。
それも多重債務者の場合は、いつの返済日にいくらと混同している場合も。
これは、金融会社では毎月のように契約者の信用情報をチェックしています。
確認点としては、返済状況であり、消費者金融の場合は、総量規制範囲内の融資で、延滞の有無を調べています。
ですから、返済日に入金がされていない時点で、新規融資ができない場合があります。
延滞であり、総量規制範囲がいっぱいなら限度額を越えているということです。
総量規制の利用限度額内になるよう、慌てて返済を済ますことで、借りられる可能性は高いです。

先月か今月、新規登録はしていませんか?

これは、多重債務の問題です。
大手消費者金融では3社目の契約には非常に慎重です。
返済状況もそうですが、単にすでに2社の借入件数があるだけで、審査落ちになってしまうことがあります。
現在、2社か3社の借入件数があるときには、消費者金融業者を中小消費者金融などの街金にすることで、総量規制範囲内では4社程度を限界として借り入れができます。
ブラックであったとしても、中小消費者金融では甘い審査が高いができる金貸し屋とされています。
インターネット申込ができますので、大手消費者金融は回避して、正規金融業者の中小消費者金融に申込をしてみてください。
総量規制限度額と収入がある返済能力があれば、借りれるかもしれません。

大手消費者金融にこだわらない

では、銀行カードローンについては、大手で審査落ちなら最初から銀行は申込をしてもムダなことが多いです。
一応消費者金融よりも審査が厳しいとされています。
現在、銀行カードローンで借りれない場合は、中小消費者金融に行くことをおすすめします。
総量規制対象外ですが、総量規制だけではなく返済能力があれば、甘い審査でのキャッシングができることもあります。
簡単に借りれる大手消費者金融とは違い、即日融資などは期待しないことです。
また、口コミを参考にして、ヤミ金ではないところに行ってみましょう。

うっかりミスで今だけ借りれない。
返済をしたら元通りとなれば良いのですが、銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融の順で借り進んでみることはしてみてください。
返済ができる方と認められることで絶望的な窮地は救われるかもしれません。

 
▲メニューに戻る

 
saisyuusyudan_468.jpg

借りれないからまとめローンという考え方

新規での借り入れができないからまとめローン。
消費者金融紹介の記事の中では、多重債務解消の手立てとしてまとめローンが紹介されることがあります。
これは返済専用のキャッシングであり、返済額は今までと変わらない元金ですが、金利が低くなると言う優れものです。

返済能力の高さが要求される

一か八かの審査といえるでしょう。
フリーローンとまとめローンの審査の違いは、年収の規定があったり、金融会社での高い保証が受けられることです。
新規でのキャッシングは借金が増額されるのですが、まとめローンは新しく借りるのではなく、少なく返済が目的です。
そして、申込を受けた金融業者では、今まで以上のリスキーな契約になりますが、完済ができるのであれば、フリーローンより低金利ですが、今までよりも収益が上がるという金融商品です。
金融業者と債務者のせめぎあいです。

中小消費者金融では勧められることがある

大手消費者金融では、あえてまとめローンの提案はないのですが、中小消費者金融では申込者と直接審査などで話す機会があり、多重債務者に対してのまとめローンの提案があります。
返済状況が良好であり、ブラックであったとしても、返済能力が高い方に対しての話しです。
提案としては、今ある総量規制範囲内のまとめローンをうちでしませんか?というものです。
たいてい返済専用の商品であり、返済額が低くなり、毎月余裕ができるのが売りです。
これで長く付き合いができることで、収益が上がるのですが、総返済額は確認してください。

ブラックでは誘われないはずだが

信用情報で金融事故がある方はこのようなお誘いはないでしょう。
しかし、反対にしつこいまとめローンの勧誘があるときには要注意です。
中小消費者金融のまとめローンは10年間程度の期間設定があります。
この10年間で10%以上の金利と言えば、相当な利息になります。
返済は楽ですが、延々に返済が続き、総返済額が高くなってしまう場合が多いです。
返済能力がありそうな申込者に対しては、もう今の時点では、新規で借りられないから、まとめローンにして、多重債務を解消しましょうと誘ってきます。
良い話しのようですが、必ずいくらの返済になるかの計算をしてから決定をしてください。
借入額が多い場合は、まとめローンではなく債務整理の方が良い場合もあります。
大手消費者金融のまとめローン以外の金利については、要注意でしょう。
うっかり契約をすると、最終的に元金の何十倍もの返済をしなくてはならないことになります。
ただ、多重債務者でもないし、まとめローン契約ができれば、信用情報的にも良い事なのですが…。
 
▲メニューに戻る

 
saisyuusyudan_468.jpg

信用情報に何が起きた?

消費者金融業者に見放されるということは、金融事故によって個人信用情報機関の内容に信用がないことを意味します。
お金使いの荒い、返済をしない友達にはお金を貸したくないというのと同じです。
これが、数十年前のサラリーマンローンであれば、比較的簡単に借り入れができました。
専業主婦でも300万円の借金ができたといいます。
どうやって返済をするのでしょう?

貸金業法改正で大きく変わった

利息制限法の制定ということでは、キャッシング申込者は安心して返済ができるようになったのですが、総量規制の利用限度額に縛られて、サラ金から消費者金融になった金融業者では、審査落ちを多く輩出することになりました。
よって借りれない人が続出という状態です。
金融会社では、以前は取立を厳しく行っていて、無理やりでも返済を迫る事ができましたが、現在はそのような行為は法律違反です。
ですから、ある程度の信用情報で金融事故があれば、貸さないという手段に出るしかないのです。
何と言っても自分のクビが、経営がかかっているのですから。

返済状況が良くなれば借りられる

反対に、信用情報で金融事故がない場合は、前は借りれなかったけれど、今はOKになります。
特に審査の甘い中小消費者金融では、半年前の延滞でなければ、ブラックでも借り入れができるなどの柔軟審査があります。
ただし、小口融資専用というおまけ付きです。
また、借りるのなら返済ができるという証拠が必要であり、在籍確認なども健在です。
収入証明書や保険証の提出があることも。
しかし、そこまでの下調べをしても審査落ちになる場合があり、個人信用情報機関の存在は大きいでしょう。

返済能力があればこそ

2017年になって、銀行カードローン利用者の破産者が続出しました。
いい加減な銀行員によるキャッシングの審査通過が問題でした。
これは、政策金利が下落して、各銀行の収益をカードローン利息に頼っていたことが原因であり、総量規制対象外である銀行カードローンをどんどん貸し出したというものです。
そんな良い話しを消費者金融ではないか?というと、それは存在しないのです。
なぜなら、総量規制以上の貸付は絶対にしないからです。
銀行カードローン審査は厳しいと言いながら、総量規制がないのですから、どんどん借り入れができるという矛盾した状態が続きました。
現在は、ある程度の規制が入りましたが、銀行カードローン審査に通れば良いことも多かった、ということです。

消費者金融と銀行カードローン審査の厳しさの大きな違いは、収入の高さです。
勤続年数や勤務先の会社の大きさなどで、差が付けられたということです。
しかし、結果的に債務整理になってしまう借り方と言えば、入り口が狭い銀行での借り方にも注意が必要ということです。
大手消費者金融でのもう借りられないという方は、とりあえずブラックになっていることがありますから、中小消費者金融に行くか、債務整理をしましょう。
それから次のことを検討したら良いのです。
債務整理後の中小消費者金融の利用は可能ですから。

 
▲メニューに戻る

 
saisyuusyudan_468.jpg

キャッシング以外の各種ローンの紹介 それでもダメか?

金融会社では、申込をした方の属性を確認します。
収入があることを前提として、どんな内容の収入かを見極めます。
この中で、フリーローンが困難な個人事業主に焦点をあててみましょう。

個人事業主とは?

自分が社長として、個人経営をしている方を指します。
商店の店主、株式会社ではない会社社長、SOHOなども含まれます。
こうした方は、フリーローンの他にビジネスローンも借り入れができ、こちらは審査内容が変わります。
小規模経営が多いため、生活費に属するビジネスローンの可能性もありますが、確定申告をして、事業としての収入があれば、審査が可能です。
その時に事業計画書や返済計画書の作成などがありますが、新規で事業をしたいけれど、資金が不足しているというようなことが伝われば、借り入れができます。
ただし、完済ができることが審査のポイントですが、フリーローンでNGでも事業での提案での借り入れができないとはいえないでしょう。

個人信用情報機関の内容が肝心

ブラックリストでも借りれる場合がありますが、延滞と滞納はNGです。
これ以外であれば、消費者金融なら総量規制範囲内で返済が半年以上正常であったり、利用限度額を守っていることで、うまく行けば、借り入れができるかもしれません。
ダメ元での申込はおすすめです。

不動産、用意できますか?

フリーローンがダメなら、親の土地でも良いですから、不動産担保ローンの方法もあります。
こちらはフリーローン審査落ちでも借り入れができると言うもので、自分の所有は無関係です。
承諾が取れた不動産であれば、一定の範囲内で返済が可能な金額の借り入れができると言います。
それで、まとめローンとして多重債務解消、その後ゆっくりと返済でも良いです。
ただし、リスクとしては、評価額が下落することで、本来の借り入れ額が下がったり、税金未払いでは契約ができないこともあります。
また、借り過ぎなどは要注意であり、返済ができないと没収されてします危険性があります。
自分の不動産なら仕方のないことですが、拝借した不動産の場合は、細心の注意が必要でしょう。

金融業者のチャンネル

消費者金融では、フリーローン、まとめローン、ビジネスローン、不動産担保ローント揃っているところもあります。
銀行とは違う甘い審査が期待できるのですが、フリーローン以外は総量規制対象外として、多額の借り入れが期待できますが。あくまでもその方の返済能力に合わせた額の設定になります。
また、不動産担保ローンに関しては、一部の地域のみ対応していることがありますので、全国対応ができるということではないようです。
 
▲メニューに戻る

 
saisyuusyudan_468.jpg

中小消費者金融は最後の頼み

インターネットで踊るブラックでも借りられる中小消費者金融や街金の文字。
信じられないもしれませんが、自己破産者も多重債務者でも総量規制範囲内であれば、本当にお金を借りることができます。
収入があり、利用限度額が厳守、そして貸金業法に則った利息制限法20%の金利でキャッシングができるのです。
ブラックリストになっている信用情報を引っさげて、申込をした方は多数、多くのキャッシング利用者が出現しているのが現状です。

危ない中小消費者金融

と言うのは、名前も知らないから、有名ではないからということですが、インターネットではおなじみの中小消費者金融が多数検索できます。
多くの口コミで正規金融業者であると言われるところですと、総量規制範囲内の借り入れができるとされています。
具体的な内容については、個々の事情がありますが、対面審査でなんとか借りれた、カードローンのある中小消費者金融もあります。
ある投稿者で◯◯はヤミ金ですか?と掲示板がありました。
いえいえ。正規金融業者ですよという回答者でしたが、住所が◯◯以外、電話番号が◯◯以外はヤミ金ですということです。
要するに、ヤミ金が正規金融業者である中小消費者金融と同じ会社名で堂々と開業しています。
これはきちんと下調べで、確認をしてください。
正規金融業者の中小消費者金融は危ないことは全くないです。

中小消費者金融でも審査落ちをしたら

ブラックでも借りられると言うのは審査の結果です。
融資ができなかったという場合もありで、そんな時には債務整理しかないです。
ただ、現在債務整理者で中小消費者金融での借り入れができない方は、時間が経てば借りれることもあります。
多重債務者や現在総量規制に近い大手消費者金融に借り入れがある方は審査落ちになってしまいます。
中央リテールだけは、多重債務歓迎のブラックのまとめローンの金融業者です。
異端な存在ですが、返済状況が良好である返済能力が高い方が対象です。
カードなどはすべて解約をしなくてはならないのですが、まとめローンの金利は大手消費者金融より低いです。
対面審査で、東京渋谷の会社に行くことが必要であり、そこで審査落ちになる場合もあります。

中小消費者金融審査落ち後は債務整理しかないですし、どうしようもないときには一人で悩んでいないで、無料借金相談がある弁護士などに相談をしてください。
何かの解決策が見えるでしょう。
キャッシングのきっかけがギャンブルでも正直にすべて打ち明けてください。
ここで嘘をついたとしても何の得はないです。
その行為だけでも借金解決の一歩です。

 
saisyuusyudan_468.jpg
▲メニューに戻る

もう借りられない状況とは?

お金が必要になったときにいつでもお金を借りることができたのに、いつのまにか融資限度額いっぱいまで借りていた…そして新たに融資を受けて…そんなことの繰り返しで新たな借り入れが…

滞納を続けるとどうなるの?

銀行でも消費者金融会社でも、カードローンで融資を受けるということは、その際に契約書を結びます。それにはしっかりと支払日に決まった金額の支払いをするということが明記されています。滞納したらそれにともなっ…

滞納を続けているとどうなるの?

多重債務にもいろいろあるのですが、最悪のパターンが借金の返済のために大手消費者金融会社などからお金を借りることです。もっとも複数の借入れがあると銀行や大手消費者金融会社のカードローンの融資を受けること…

返済不能となるとどうなるの?

資金繰りができなくてどこからも、お金が借りられないとなるとどうしようもありません。返済は待ってはくれません。消費者金融会社のおまとめローンを利用して多重債務の状態から脱却する方法があるのですが、おまと…

債務整理と自己破産はどう違うの?

債務整理は前述したように、借金の一部帳消しや金利を下げるなど、債務者に配慮してできるだけお金を支払ってもらう措置です。お金を返済していくことには変わらないのですが、返済方法がかなり緩和されているので債…
saisyuusyudan_468.jpg