お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金借りれない カードローン審査

  1. お金借りれない人は何故カードローン審査で落とされるのか
  2. カードローン審査を通過するために覚えておきたいノウハウ
  3. お金借りれない人は申込ブラックの存在にも注意しておきたい
  4. カードローン審査で通らないのは希望限度額に問題があるかも
  5. シンプルに総量規制の影響を受けてカードローン審査を通らない人も多い
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金借りれない人は何故カードローン審査で落とされるのか

お金を借りたいと考えたとき、その想いを受け止めてくれる業者は数多く存在しています。しかし、申し込みをしたからと言って必ずしもお金を貸してくれるとは限りません。どういうことかといえば、キャッシングやカードローンの申し込みをおこなった際には必ず審査があるからです。

このカードローン審査やキャッシング審査に落ちればお金は1円たりとも貸してもらえません。そのため、お金を借りるには審査に通ることが必須となってきますが、誰もがそう願いつつも申込後の審査に落ちてお金借りれない人は一定数存在します。

このような方々は、自分がなぜカードローン審査で落ちてしまうのかと不思議に思うかもしれませんが、業者側も落としたくて落としているわけではなく、そこには各々の事情があります。もちろん、審査に通った理由や落ちた理由を業者は一切オープンにしていません。たとえ申し込みをおこなった当人であってもそれは教えてもらえません。

また、審査に落ちる事情はひとつではなく多数あり、個人によって異なります。複合的な場合もあれば単一の理由が大きく影響しているケースもあります。これらを前提として覚えておいてほしいのですが、最も多いのは総量規制オーバーです。今は総量規制によって年収の3分の1がキャッシングできる上限額として定められているため、すでに他社において借り入れがあると総量規制オーバーになり、それ以上の借入はできないこともあるのです。

あるいは、総量規制オーバーにはまだ余裕があっても、他社借入における返済の遅れや金融事故情報などが影響することもあります。信用情報機関に問い合わせ、融資審査をおこなう人の個人情報をそれぞれの金融業者は調べますが、ここで他社での借り入れ状況や返済状況がすべてわかるのです。ここで審査をおこなう上でマイナスに作用する情報があると審査で落とされてしまうこともあるのです。

加えて
、申込書に間違った記載があった場合には問答無用で落とされることもあります。たとえば自分の単純なミスで住所を入力し間違えたり、電話番号を間違えてしまった場合、連絡がとれないために、そのまま落とされる可能性もあるのです。わざとでないからこそ残念なケースですが、こうした些細なミスも審査に影響を与えるため、注意しながら申込作業をおこないたい部分もあります。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

カードローン審査を通過するために覚えておきたいノウハウ

銀行カードローンや消費者金融カードローン、さらに各種キャッシング業者がおこなうキャッシングサービスなどを有効活用することによって、お金が手元になく支出ばかりが増加する時期を難なく乗り越えることも可能です。

しかし、これらのカードローン業者からお金を借りるためにはカードローン審査を通過することが必要です。ただし、中にはカードローン審査を通過できずにお金借りれないままに時間だけが過ぎてしまう人もいます。そこで、カードローン審査を無事に円滑に通過するためのノウハウも覚えておきましょう。

具体的に何が大切かといえば、審査が通ったという連絡が入るまでは業者側の審査と真摯に向き合う姿勢も大切です。人によって考え方は様々ですが、場合によっては申し込みをおこなったあとは無関心になる人もいます。

しかし、審査を受けている最中なので、業者側からは様々な連絡がくることも予想されます。このような中で無関心に過ごしてしまえば、業者からの連絡であっても知らない電話番号からの連絡と思って出ないでスルーする人もいます。ただし、この電話は実は非常に重要な電話でもあります。申し込みを受け付けた業者は必ずその申込が本人からのものなのかを確認するため、審査の担当者は本人確認をおこないます。そして、この確認がとれないままでは審査承認とはなりません。

何度か連絡を入れてくれる業者がほとんどですが、数回かけても出ないままで折り返しもしない場合には、本人確認ができないということで否決されることもあるのです。そのため、知らない番号からの電話には出ないようにしている人は特に気を付けましょう。

仮に、知らない番号であっても今はネットで番号を調べれば即座に相手がわかるものです。そのため、このような手間をかけてでも相手に折り返しておきたいものです。申し込みをしてからはこのような連絡がくることを前提にしておきたいものです。

また、この電話は自分のスマホや携帯、自宅の固定電話などにかかってきますが、一方で勤務先への在籍確認電話もあります。このケースであっても同じように出たり折り返したりという行為が重要になります。基本的なことですが、この基本を疎かにすると審査を通らずお金借りれないということになりますので、カードローン審査を通るためのノウハウとして覚えておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金借りれない人は申込ブラックの存在にも注意しておきたい

金融の世界には申込ブラックと呼ばれるものもあります。本来、キャッシングやカードローンの申し込みに際しておこなわれる審査では個人の信用情報が参考にされます。

信用情報は個人信用情報機関において集約されているため、申し込みをおこなった会社以外の会社からの借入残高なども判明します。そのため、他社における借入状況も明らかとなり、それも審査の可否に影響を与えることとなります。

こうしたケースもあるため、仮に自分で隠していても申し込みをおこなったあとにおこなわれるカードローン審査においては、全ての事実が明らかになることを覚えておきたいものです。

さらに、このような信用情報には借り入れをおこなった残高のみならず、申し込みをおこなった事実も記載されます。借り入れしていないために登録される期間は短いのですが、それでも記載されます。たとえば数日前にクレジットカードのキャッシング枠への申し込みをおこなった、消費者金融への融資申込をおこなったなどという情報が出てきます。そして、この情報をもとに申込ブラック扱いされてしまうこともあります。

人によりますが、確実に融資を受けたいと希望しているような場合、ひとつの会社にのみ申し込みをおこなうと審査に落ちた際にお金借りれないため、保険の意味を込めて数社に申込みをする人もいます。心情としては理解できる行動ですが、これがカードローン審査にマイナスに作用してしまうこともあるため、気にしておきたい行為とも言えます。

同時並行で数社への申し込みをおこなう場合、業者からすれば借りたまま逃げるのではないか、返す気が最初からないのではないかなどと考えてしまうこともあるのです。そうなると、審査に通る人でも否決されてしまうケースも考えられます。

そのため、このような申込ブラック扱いされることを防ぐ意味でも同じ日に立て続けにキャッシングやカードローンなどに申し込みをおこなう行為はできることなら避けておきたい行為と言えるのです。専業主婦や学生、無職や年金生活者などでも借りられる業者がありますが、このような状況に陥ってしまっては意味がないことを肝に銘じておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

カードローン審査で通らないのは希望限度額に問題があるかも

銀行カードローンや消費者金融会社カードローンの利用にあたっては、まず自分自身で申し込みをおこない、その上で審査を受けます。

しかし、この審査で呆気なく落ちてしまう人もいます。申込にあたっては氏名や住所、連絡先、職業や勤務先、年収など個人情報を数多く記入もしくは入力しますので、それなりの手間をかけてこの作業にあたることとなりますが、それだけの労力を割いても申込からものの数10分で否決の連絡がくることもあります。

なぜ、このようなことになってしまうのか、つまりカードローン審査を通らずにお金借りれない理由は色々なものがあるのですが、ひとつ覚えておきたいのが希望融資額の記入についてです。申込書や申込フォームなどには様々な項目を記入する欄があり、業者によっては希望する融資金額を自由に記入できる会社もあります。

この記入によって審査の可否すべてが決まるわけではないのですが、本人の年収に対してあまりに高額な融資を希望すると返済の可否を疑われることとなって、融資不可能となるケースもあります。たとえば年収300万円の人がいきなり最初から100万円を希望するような場合、返済が厳しくなるのではないかと考えられてしまい、お金借りれない人の仲間入りを果たす可能性もあります。

さらに、用途に関しても同様で、業者によっては融資を受けたお金を何に使用するのか目的を聞かれることもあります。基本的に銀行にしても消費者金融にしても、街金やサラ金などであっても、それぞれの融資はフリーローンであって用途は自由です。そのため、何を書いてはならないということはないのですが、たとえばギャンブルなどとドストレートに散財することを目的に書いてしまうと、審査する側の印象は良くありません。

フリーローンや自由型ローンである以上、ギャンブルに使用することがいけないとは書かれていませんが、結局お金借りれない人になる可能性が大なので、このような理由を書き込む欄が設けられている際には気を付けておきましょう。場合によってはそのほかの要素が問題なくても、こうした要素でNGのレッテルを張られるケースもあるのです。なぜ審査に落ちたのかの理由は開示されませんので真相はわからないものの、このようなポイントも気にかけておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

シンプルに総量規制の影響を受けてカードローン審査を通らない人も多い

かなり以前から存在している総量規制の制度ですが、今もってこの存在を知らずにいたり、詳細を知らずに過ごしている方もいます。そのような方々がカードローン審査を受けた場合、自分がすでに総量規制の対象になっているにもかかわらず、気づかないで過ごすこともあります。

つまり、なぜ自分はお金借りれないのかと疑問に思いつつも、意外にも総量規制が理由という非常にシンプルなケースもあるということは覚えておきたいものです。

そもそも総量規制とは、その人の年収の3分の1までの金額を上限に規制しているルールです。これは法律であり、日本国内で賃金業者として認可を受けた会社はこれを破ることは許されていません。そのため、このルールに当てはまる人はいくら当人が借りたいと願ってもお金借りれない状況となってしまうわけであり、カードローン審査において落とされてしまうのです。

年収の3分の1というシンプルなルールなので覚えやすいのですが、自分で誤解して覚えてしまっている人もいます。たとえば年収の2分の1と誤解しているような方もいます。仮に年収が300万円のサラリーマンがカードローン審査を受けるとした場合、総量規制で定められた上限は100万円となります。

しかし、年収の2分の1が上限だと誤解していると150万円まで借りられると考えてしまいます。まだキャッシング業者やカードローン業者を一切利用していない人であれば、仮に誤解していたとしても問題なくカードローン審査を通過してお金を借りることができるでしょうが、すでに100万円前後のキャッシングやカードローン利用があった場合にはどうなるでしょうか。

自分としてはまだ50万円余裕があると思い込んでいたものの、実際にはすでに総量規制オーバー、もしくはギリギリとなってしまっているのです。その場合、当たり前のようにカードローン審査には落ちてしまい、お金借りれない状況となります。

そのため、このような誤解をしている方も多いため、改めてルールは頭の中に叩き込んでおきたいものです。総量規制オーバーの場合、貸してくれる業者は皆無ですから、無駄な時間を費やすこととなります。そのような行為に時間を使うくらいならほかの金策を考えたほうがいいわけですから、ルールはしっかり覚えておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

関連ページ

saisyuusyudan_468.jpg