お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金借りれない相談

  1. お金を借りれないときは?
  2. 消費者金融会社で借りるのが一番いいかも
  3. すぐにお金が借りたいけど借りれない
  4. お金を借りれないときは相談してみる
  5. お金をどうしても借りたいとき

saisyuusyudan_468.jpg
 

お金を借りれないときは?

お金がどうしても必要で、
なんとかしてお金を借りたいと思うと、
どうしたらいいでしょうか。

普通だったら、銀行からお金を借りたらいいという人もいるでしょう。それでも、銀行でお金を借りることのできる人は、それほど多いわけではないのです。

まず、正社員であることが基本的な条件となります。
また、すぐにお金を借りたいとかお金が必要だというときには、銀行は、それほど役にたちません。

もちろん、銀行口座に、潤沢にお金があるのでしたら、
何も苦労がないのです。

すぐにお金が必要だけど、
お金を借りることができないという人は、
それなりの、属性ということが考えられます。

ですから、銀行からすぐにお金を借りるというのは難しいでしょう。
すぐにというのでしたら、身内や友人を頼ったほうがいいです。
しかし、関係がこじれる可能性もあるので、難しい場合もあるでしょう。

お金がどうしても必要というのでしたら、
消費者金融会社が、一番手軽にお金を借りれるところです。

消費者金融会社というと、サラ金を思い出す人も多いことでしょう。
イメージもありますから、消費者金融会社ではちょっと…という人でしたら、
生活困窮者自立支援制度などを、利用するのも一つの方法です。

生活保護とどう違うの?と質問がでそうですが、
生活困窮者自立支援制度は、一時的にお金を借りる制度で、
毎月、お金をもらうことができる生活保護とは、まったく趣旨が違うものです。

それでも、ちょっとしたお金でいい、
つまりは少額融資でいいというのでしたら、
消費者金融会社のカードローンを借りる方法が、一番いいかもしれません。

もっとも高齢者でしたら、お金を借りることが難しいかもしれません。
職業などもしっかりと審査されるので、年金で生活している人でしたら、
それを安定した収入とみてくれるのか、どうかで、
金融業者からの融資の有無が大きくことなってくるのです。

また、消費者金融会社のカードローンを利用する場合は、
総量規制といった貸付金額に対して、制限が設けられています。

これは、消費者金融会社のカードローンや、
通常のローンの貸付けをしてもらうには、
年収の3分の1までと、決められているのです。

ですから年収300万円の人でしたら、トータルで、
100万円までしか、借りることができないということになるのです。

たくさん借りようと思う人には、
大きな足かせとなるのは間違いないでしょう。
もっとも、これは消費者金融会社だけの規制であって、
銀行カードローンなどは、総量規制対象外となっているのです。

もともと総量規制というのが、消費者金融会社から、
お金を、借りすぎないようにしようとしてできた法律です。
つまり、最初から消費者金融会社のカードローンなどが、
狙い撃ちされていたということですね。

お金を借りたいのでしたら、
まずは、銀行カードローンに申し込んだほうがいいでしょう。
金利が低いですから、返済もしやすいです。

安定した収入があることが条件となるので、
パートアルバイトでしたら、厳しいのです。

正社員ということでしたら、他に借り入れがなければ、
銀行の審査に通るのは、それほど難しくはないでしょう。

しかし、正社員であっても他社借入れがあったり、
さらに、多重債務者であった場合は、
銀行からお金を借りることは、難しいでしょう。
そうなると、消費者金融会社からお金を借りることになります。

お金を借りることができないという人は、多重債務に陥っているか、
ローンなどの返済で、滞納や延滞を繰り返して、
信用が著しく落ちている場合が考えられます。

そういった人でしたら、消費者金融会社でも、
お金を借りることが、難しいかもしれません。

もっとも、お金を借りることができないからといって、
闇金などから、お金を借りることがないようにしましょう。

積立型の生命保険に加入しているのでしたら、
契約者貸付制度というのがあって、お金を借りることができます。
いわば、積み立ててきた保険料を担保にするということです。

これは銀行に定期預金をしているのでしたら、
口座がマイナスになっても、お金を引き出すことができるのと、
似ているといっていいでしょう。

もっとも、借りたら返済しなくてはいけません。

保険の積み立てを担保にするのは、返済できなければ、
大きく損を出してしまうので、
利用するには気をつけたほうがいいでしょう。

できるなら、消費者金融会社の担当者に、
相談するほうがいいと思います。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

消費者金融会社で借りるのが一番いいかも

銀行カードローンなどは、
お役所仕事に近いところがあるので、
個人で属性が低いとなると、カードローンの申込みをしても、審査に通ることはないでしょう。

時間があるのでしたら、
公的な支援制度を、利用するほうがいいと思います。

また、過去に返済が滞り、
ブラック状態になっている人でしたら、
銀行から、お金を借りることはできません。

また、消費者金融会社でも、大手消費者金融会社でも、
お金を借りることはできないでしょう。

大手消費者金融会社というのは、アコムやプロミス、
アイフルにレイクといった、CMでも有名な、
全国的な知名度を誇る、大手消費者金融会社のことです。

お金がどうしても必要でしたら、
受付相談窓口で、相談してもいいでしょう。
それでも、消費者金融会社の中でも、大手消費者金融会社となると、
銀行並とは言いませんが、審査はかなり厳しいです。

ですから、ブラック状態にある人は、
属性が著しく低い人は、審査に通ることは難しいでしょう。
審査に通る可能性があるとしたら、中小消費者金融会社あるいは、
小規模な消費者金融会社である、街金でしょう。

中小消費者金融会社にも幅があって、
中にはローンカードを発行して、
カードローンを提供している、中小消費者金融会社もあります。

一部は、大手消費者金融会社並の業容を誇る、
中小消費者金融会社もあります。

街金を少し大きくしたような、消費者金融会社もあります。

ですから、中小消費者金融会社でも、
信用情報機関に加盟していないような貸金業者でしたら、
独自審査を行っています。

これは、他社借入れや他社債務に対しての滞納や、
延滞といった情報がわかりません。

よって、独自審査をするしかなく、その審査も電話での在籍確認や、
収入証明書が、提出できたらといった簡単なものです。

対面での融資の申込みがメインです。反対に、
WEBでの申込みしか受け付けないという、貸金業者もあります。

審査が緩く、ブラックでも借りやすいといった消費者金融会社もあるので、
ネットの口コミなどで、調べて申し込むといいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

すぐにお金が借りたいけど借りれない

今日すぐにでもお金が必要だけど、
お金が借りれないとなると、
どうしたらいいのでしょうか。

銀行や消費者金融会社に、融資の申込みをしても、
すぐにお金を借りるということはできません。

スピード融資を謳っている消費者金融会社もありますが、
属性が良ければ、審査もスムーズに通って、
すぐに口座振込みしてくれというパターンになるのです。
しかしながら、属性が良ければという条件がつきます。

他社のローンで延滞を繰り返している人となると、
信用情報機関でそういった情報が、
共有されているので、分かった時点で審査落ちとなるでしょう。

金融機関や貸金業者にとって、審査に落とす基準というのは、
属性の中でも、延滞の有無が、
大きなウェイトを占めているのです。

うっかりミスで口座にお金を入れ忘れた、
それで延滞になったといっても、システムのほうでは、
機械的に処理されているので、延滞は延滞として、
信用情報機関に記録されることになります。

ですから、うっかりでもなんでも、借りたものに対して、
延滞してしまうということは、
多くの人が思っている以上に、一大事と言えるのです。

延滞がうっかりミスということで、それ以降延滞がなければ、
半年程度で延滞したという事実が、
信用情報機関の記録から、消えるそうです。

また、審査に落ちたという情報も同じく、
半年程度で、記録から消えるそうです。

申込みブラック状態から消えるのを、
待つ期間が、必要ということになります。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金を借りれないときは相談してみる

お金を借りることができないけど、
どうしても、お金が必要というときはあるでしょう。
そのときは、消費者金融会社などの、
相談窓口に行って、相談しましょう。

属性が低くて審査に落ちるといった場合は、
審査に落ちる理由を、消費者金融会社なども、
教えてくれるわけではないのです。

しかし、そのほかの融資方法などの、
アドバイスを受けることはできます。

大きなところでは、お金を借りたい人に資産がある場合でしたら、
それを担保にすることで、お金を借りることができます。

不動産担保ローンが有名ですが、
これについては持ち家がないとできません。

また、借りたはいいのですが、返済できないとなると、
持ち家を手放さなくてはいけないので、
これまでのローンとは違って、
返済には十分気をつけなくてはいけません。

消費者金融会社のローンでは総量規制があるのでは?
という疑問も多いと思います。

担保ローンの場合は、総量規制の対象外ですから、
資産の価値によって、貸付額は決まると考えていいのです。

他にも事業者ローンや、
連帯保証人を立てる、ローンなどがあります。

いまどき連帯保証人になってくれるのは、身内くらいしかないでしょう。
身内が連帯保証人になってくれるのでしたら、有効な方法です。

返済ができなければ、連帯保証人に迷惑がかかってしまいます。
これにも、十分な注意が必要です。

事業者ローンでしたら、事業計画を提出しなくてはいけませんし、
事業に伴う資産などを、担保にする場合もあります。

これらは目的があるので、総量規制対象外となって、
多額の融資を受けることができます。

しかし、多額なだけに返済リスクが伴うので、
消費者金融会社の相談窓口で、相談するようにしましょう。
 
▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg
 

お金をどうしても借りたいとき

消費者金融会社でも、
上は大手から、下は街金まだその業容は様々です。

一般的に何らかの仕事をしていたら、
ブラックで債務整理や、
自己破産を受けていない人でしたら、
お金を借りることはできるはずです。

反対に、自己破産や債務整理中でしたら、
身辺が身軽になっています。
現在の属性で審査をしてくれる街金や、
中小消費者金融会社の一部の貸金業者でしたら、
お金を貸してくれるところも、あるはずです。

それでも何らかの理由で、お金を借りることができないのでしたら、
まずは貸金業者の窓口に行って、相談するのが手順と言えます。

相談してもお金を貸してくれそうもないときは、
ネットで流行っている、個人間融資掲示板を利用してもいいかもしれません。

詐欺などのリスクがあって、お勧めはできないのですが、
それでも、口コミなどを見ているときちんと利用して返済して、
問題なかったという書き込みも多いのです。

どこも貸してくれない、それでも個人間融資掲示板を利用したら、
借りることができそうだというのでしたら、
リスクを考えながらも、調べる価値はありそうです。

最近は業者なども介在しているそうです。
そういった業者は属性に関係なく、
お金を貸したいと考えている業者ですから、お金は借りやすいでしょう。

ただし、闇金には十分に注意しなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg

このカテゴリには記事がありません。

saisyuusyudan_468.jpg