お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金がない キャッシング

  1. お金がないからすぐにキャッシングしたい
  2. 簡単にキャッシングできる
  3. 返済が楽になるように
  4. どこで借りたらいい?
  5. お金を借りることができないとき
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金がないからすぐにキャッシングしたい

簡単にキャッシングするのなら、
クレジットカードという手が、あります。
今すぐお金が必要で、
手持ちに現金がないというときもあるでしょう。

お金を借りるなら、
銀行か消費者金融会社かと、思う人も多いと思います。
生活をしていく上で、
手持ちのお金が、ないということもあるでしょう。

そのようなときに、新たにカードローンの融資を、
申し込む方法もあるのですが、いかんせん、フットワークが悪いというか、
すぐに、お金を借りることが、できそうもありません。

対処法として、大手消費者金融会社の、
カードローンに申し込むのがいいと思うのですが、
すぐに借りることができなければ、意味がないのです。

単純にお金がないからキャッシングしたいということで、
急場をしのげばいいのでしたら、クレジットカードの、
キャッシング機能を利用するのが、もっとも手っ取り早い方法です。

クレジットカードでも、コンビニATMや銀行ATMで、
簡単にキャッシングできますから、クレジットカードのキャッシングというのは、
急な出費が必要になったときに、大きな役割を果たしてくれます。

お金がないから、キャッシングしなくてはというときに、
救世主的な存在と、言えるでしょう。

もっとも、キャッシング枠は、
利用限度額の総額よりも少ない場合も多く、
借りすぎてしまったら、ショッピング枠が圧迫されてしまいます。

人によっては光熱費などを、
クレカ経由で、引き落としている人も多いと思います。
ポイントなどが付くので、銀行直の引き落としよりも、遙かにお得だからです。

しかし、気をつけなくてはいけないのは、キャッシングしすぎて、
光熱費などの引き落としが、できなくなるケースです。

引き落としができないというのは、
借金と同じで、返済ができなかったということになります。

カードローンなどで、返済ができなければ、
滞納あるいは、延滞ということになります。

クレカの引き落としができなかったというのも、
ローンの延滞や、滞納と同じことなのです。

これはクレジットカードの契約書にも、書かれているはずですが、
立派な契約不履行ということになります。

うっかりミスなのですが、機械的に処理される信用情報などでは、
うっかりミスも確信犯的なミスも、同じように取り扱われます。

ですから、延滞として信用情報機関に記録されることもあり、
そうなると、属性といわれる信用度が、著しく低下してしまうので、
注意しなくてはいけません。

場合によっては、新規でのカードローンの申込み時の審査に、
通ることが、できなくなることもあります。

資金不足で、カードローンの申込みをしても、
審査に通らなかったというのも、ありがちです。

一度のうっかりミスで…と言う思いもありますが、
そういった制度ですから、気をつけなくてはいけないのです。

お金がないということで、当面の生活費を工面するのでしたら、
クレジットカードのキャッシングを、利用するのがいいでしょう。

大手消費者金融会社のカードローンでは、
30分スピード融資ということもやっていますが、
属性の問題もあって、すんなり借りることができる人は、
少ないかもしれません。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

簡単にキャッシングできる

電話一本で振込んでくれるような、
簡単キャッシングが、便利でしょう。
自宅以外でしたら、意外と人目を避けて電話するのが、
まずい場合が多いです。

その場合は、インターネットで、
スマホやパソコンを使って、WEB経由での、
簡単キャッシングもできます。

カードローンの融資を受けたいのでしたら、
銀行カードローンの金利も低くて、
返済総額が抑えられるのでいいのですが、
審査基準が厳しくて、審査落ちする可能性もあります。

利用者にとって使い勝手が良いのは、
大手消費者金融会社のカードローンなのですが、
こちらのほうが、銀行カードローンよりも、
金利が高くなるのが、デメリットといえます。

そうはいっても、消費者金融会社はたくさんありますが、
その中でも、大手消費者金融会社のカードローンの金利は低いですから、
消費者金融会社で、お金を借りるのでしたら、
大手消費者金融会社の、カードローンが一番いいでしょう。

お金がないので、キャッシングしたいという場合、
数万円でよくても、いつお金が必要になるかわからない…
そういったときのために、5万円必要だから、5万円借りるというのではなく、
50万円の利用限度額の、カードローンに申込みをして、
その中から5万円借りるという方法が、一般的です。

もっとも、意思の弱い人や考え違いをしている人では、
50万円まで借りることができるというのを
「50万円まで借りなくてはいけない」と、思い込んでしまって、
みるみる間に借金が、50万円の限度額まで、
達してしまう人もいるのです。

ですから、カードローンは、
しっかりとした理性を持って、借りなければいけません。

簡単に必要なときにキャッシングできるのが、
カードローンのメリットなのですが、借りやすい反面、
借りすぎるといった、デメリットもあるのです。
 
▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg
 

返済が楽になるように

返済が楽になるように考えるということは、
利息を、最小限にするということです。

その場合は、銀行カードローンが金利が低くて一番いいのですが、審査基準が高くて、
誰でも審査に通るわけではないのが、デメリットです。

消費者金融会社のローンの金利が、
高くて、借りたくないというのであれば、
時間はかかっても、生活福祉資金貸付制度を、
利用するという方法もあります。

公的機関から借りるのですから、申込みから実際に、
融資を受けるまでに時間がかかりますが、
もしものときのために、申込みをしておくのもいいでしょう。

金利が低いので、借りたお金をそのまま返すというイメージです。
借りたお金の目的などを、書く欄もありますが、生活資金では、
貸してくれない場合もあるので、旅行資金など、
きちんとした目的を、申込み欄に記入したほうがいいでしょう。

起業と目的欄に書いた場合は、
企業用の貸付け融資公庫を、紹介してくれることになります。
ここは、もっともらしい理由を付けておくだけでいいでしょう。

この生活福祉資金貸付制度でしたら、
かなりのお金をq、借りることができます。

審査に通ると、お金を借りることができるのですが、
利息が少ないといっても、借りたお金は返済しなくてはいけないので、
お金がない状態が続くと、途端に資金繰りに窮してしまうことになります。

ですから、お金を借りるにしても、
身の丈にあった金額にする必要があります。

そのあたりをしっかりと頭に入れて、
生活福祉資金貸付制度を、利用したいものですね。

それと、お金を借りるとなると、必ず返済しなくてはいけません。
計画が苦手な人が、お金を借りがちになるのですが、
返済を計画的に考えることができないと、
たちまち多重債務から、返済不能になってしまいます。

ですから、返済はできるだけ楽にすることが一番です。

大手消費者金融会社のカードローンのメリットは、借りやすさや、
使い勝手の良さにあることは、間違いありません。
しかし、便利さゆえにお金を使いすぎてしまうのです。

お金を借りると返済が待っていますから、
返済に、窮することのないようにしましょう。

カードローンは返済を続けると、利用可能額の金額が増えていくので、
借金癖のある人はまた借りることができるということで、
その利用可能額で、さらに借金をしてしまいます。

そうすると返済を続けても、さらに借りてしまうので、
いつまでたっても、完済することができないのです。

カードローンの落とし穴は、まさにそこにあるので、
無計画にお金を借りてしまう人は、返済が困りがちとなるので、
その点には、十分に注意しましょう。
 
▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg
 

どこで借りたらいい?

お金がないので借りなくてはいけません。
そうしたら銀行で借りるのが一番いいのですが、
銀行では、何かと敷居が高いこともあるでしょう。

なによりも審査基準が高いので、パートアルバイトなど。

属性の低い人は、
なかなか借りることができないと思います。

かといって、消費者金融会社でも属性が低いと、
大手消費者金融会社での、
カードローンの借入れは、難しいでしょう。

多重債務があったり、過去に滞納などの履歴が残っている人でしたら、
中小消費者金融会社でも、借りることが難しいと思います。

あまり馴染みがないかもしれませんが、街金という、
小規模な消費者金融会社は、意外と町のあちこちにあるものです。

昔の質屋が、そのまま街金になったということが多いのですが、
質屋も街金も、同じように考えていいでしょう。

間違っても、ヤミ金からお金を借りないようにしましょう。
ブラックで債務整理中であるとか、自己破産した人は、
ヤミ金で借りるしか方法がないと思いがちですが、
中小消費者金融会社の一部や街金では、現在の属性がよければ、
ブラックの人でも、お金を借りるこができます。

店頭でローンの申込みをし、その場で電話での在籍確認がとれたり、
給料日に支給される、給与明細を見せるなど、
収入を証明できるものがあれば、大丈夫というところも多いです。

もっとも、ブラックの人でも、必ず借りることができるというわけではないので、
そのあたりは口コミなどの情報を頼りに、ブラックの人でも貸してくれる、
街金を探してみるのもいいでしょう。
 
▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg
 

お金を借りることができないとき

属性が低くてどうしても、
お金を借りることができないという人も、
借金の返済がどうしようもない…という人は、
自己破産をした方が、手っ取り早いです。

自宅などの資産があれば、売却しなくてはいけません。
資産のない人でしたら、自己破産もしやすいでしょう。

ただし、ブラック状態の人が、
お金を借りることができたとしても、
わずかな金額でしかありません。

また、自己破産は、あくまでも裁判所が認めるものですから、
裁判所が自己破産を免除するに、ふさわしいという人に認めるものです。

ですから、2度目の自己破産というのは、7年以内は自己破産の申請もできませんし、
それ以降でも、2度目となると自己破産が認められることは少ないでしょう。
何よりも心証が悪くなるからです。

自己破産をしている人には、
お金を貸してはいけないという、法律や決まりはありません。

しかし、信用は落ちているので、
銀行や大手消費者金融会社から、お金を借りることはできないでしょう。

中小消費者金融会社や街金で、お金を借りることができたとしても、
数万円程度の、少額融資になることは間違いありません。
 
▲メニューに戻る

saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg