お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金を借りたいけど借りれない

  1. 債務整理したおかげでお金が借りられない人でも借金する方法とは?
  2. 闇金を頼らずに信用ブラックの人がお金を借りる方法は?
  3. 個人間融資は相手を見極めれば安心?自己破産者が注目したい個人からの融資
  4. 消費者金融も銀行カードローンも全滅した場合の最後の砦とは?
  5. 個人間融資なら任意整理中や自己破産直後でもお金が借りられるってホント?
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

債務整理したおかげでお金が借りられない人でも借金する方法とは?

借金したお金を問題なく返済できれば何ら心配いりませんが、借金を返済できなくなって債務整理をした場合、返済に関しては手軽なものに変化してくれますが、同時にデメリットも生じます。それが新たな借入が不可能になることです。

消費者金融や銀行カードローンなどは、信用情報機関を通じて個人情報を持っており、保証会社などを通じて審査をします。そのため、任意整理した際には無関係だった金融業者への申し込みでも過去の債務整理の事実を知られてしまい、結果としてお金を借りられないこととなります。

しかしながら、債務整理をしたあとにも収入状況が厳しければ、日々の生活で手いっぱいとなり、急な体調不良による医療費などを払うことになれば、即座に経済事情が切迫します。こうした際にお金がなく何もできなくなってしまう人も多いのです。

実を言えば、信用情報機関の情報は無関係に融資を実行してくれる方々が世の中には存在しています。それが個人間融資というものです。これは金融業者ではない一個人が自分の持っているお金を他人に融資することを言います。

キャッシングやカードローンなど、様々な名称で消費者金融や銀行などがお金を貸すのは当たり前ですが、これら企業がおこなう融資には厳格な審査があって債務整理者や自己破産者は一定期間ではあるもののお金を借りることができず、クレジットカードも作成できなくなります。

しかし、個人間融資はあくまでもお金を持っている個人が、お金を必要としている個人に対しておこなう融資なので、親が子供にお金を貸す行為などと同じように、貸す側がOKであれば融資が成立するのです。

実際、ネット上には融資してほしいと考える人や、融資してもいいと考える方が書き込んでいる掲示板サイトなども多数あります。これらのやりとりを通じて連絡先の電話番号交換などをおこない、融資を振込みや手渡しでおこなうのです。

そのため、過去の債務整理などで信用情報機関の情報に問題があってお金を借りたいけど借りれないという状況にあるのであれば、ぜひ個人間融資という手段も検討してみましょう。遊興費や冠婚葬祭のための支出、奨学金や教育ローンの返済など人それぞれお金が必要な事情は異なるでしょうが、1度相談してみましょう。無論、秘密厳守で貸してくれるため、妻や夫や親に内緒で借りることも可能です。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

闇金を頼らずに信用ブラックの人がお金を借りる方法は?

一般的な金融機関にフリーローン融資の申し込みをしても、審査で確実に弾かれてしまう人がいます。

それは、自己破産をして10年以内の人や任意整理をして5年以内の人など、いわゆる債務整理をおこなった人です。それ以外にどこかの消費者金融や銀行から借りたお金を踏み倒して逃げている人などもここに含まれます。

このように借りたお金を最初に約束した形で返済できなくなってしまうと、他の金融機関も含めてその人への融資には二の足を踏みますので、おのずと審査が通らなくなるのです。

しかし、過去にこのような行いをした人でも今では心を入れ替えている人も多いはずです。真面目に働き生活している人も多いはずです。ただし、それでも過去の出来事は記録として残るために審査は通らないのです。

そのため、もしもこのような方々がお金をどうしても必要なタイミングを迎え、尚且つそれを自分で用意できない事情にぶつかったとき、お金を借りたいけど借りれない状況を迎えるわけですが、このようなとき一体どうすればいいのでしょうか。

毎日の食費や家賃などは、真面目に働いたお金で賄っていても冠婚葬祭が増えたり、会社側の事情で給料日から遅れて給料が払われたりということもあるものですが、このようなときに信用ブラックの人は困ってしまいます。

おそらく貯金もないため、相当追い込まれることとなりますが、だからといって自暴自棄になって闇金に手を出すのは迂闊です。闇金は簡単に少額のお金を貸してくれますが、その返済は辛いものがあります。払っても払っても元金が減らないような仕組みになっており、利息をとんでもなくたくさん払うことになり、生活はさらに追い込まれるはずです。

しかし、信用ブラックになってしまうと貸してくれる相手が闇金業者しかいないと考え、仕方がないと思う人もいるかもしれませんが、それは大きな誤解だと覚えておきましょう。なぜなら、信用ブラックの味方という表現もされることがある個人間融資という手段が残されているからです。

業者ではない一般の人が、ネットなどで知り合った他人にお金を貸すことを今は個人間融資と呼んでいます。この方法ならば信用情報にどのような過去が書いてあろうとも相手が承諾してくれさえすれば保証人も担保も無しでお金を借りられる可能性がありますし、学生から高齢者、フリーターや専業主婦なども利用者がいますので、ぜひ活用を考えてみましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

個人間融資は相手を見極めれば安心?自己破産者が注目したい個人からの融資

個人が借金の返済に行き詰まったとき、最終手段と言われるのが自己破産です。破産して借金を清算するのです。

簡単に言えば借金を帳消しにしてもらい、人生をやり直すのです。無論、そのためには法的な手続きなどもあって時間も費用もかかりますが、破産申請が認められれば借金は消えてなくなり、返済からは解放されます。

しかし、同時に誰もお金を貸してくれなくなります。貸す側の立場になって考えれば当然のことですが、返済してもらえない可能性が高い人にわざわざお金を貸す業者はありません。そのため、審査で弾かれることがほとんどですが、このような自己破産者であってもお金を借りる手段は残されています。

何かといえば個人間融資です。個人間融資は余裕資金を持っている人がネットを介して他人に希望額を貸しだす仕組みです。あくまでも個人と個人のやりとりなのですが、10万円や30万円などの金額を即日融資してくれる人もいますので、急ぎでお金が入用で、金融業者は頼れないという人は覚えておきたい仕組みです。

ネット上には専用サイトなどもあり、掲示板形式でそれぞれが自由にメッセージを書き込めるようになっているものもあります。また、ツイッターなどのSNSを使って融資の話し合いができるケースもあります。

あくまでも相手次第ですが、身分証明書を画像データで送ればそれだけで審査が終わるなどという手軽な形で融資をしてくれる人もいますので、今や総量規制オーバーや金融ブラックでない人も大手消費者金融などの審査に面倒臭さを感じて、個人間融資でお金を借りている人もいると言われているほどです。だからこそ注目しておきたいものですが、すでにこの存在を知っている人もいるはずです。

そして、その中には個人間融資には危険性があると考えている人もいるはずです。たしかに詐欺師まがいの人間や保証金や先振込などと言って逆にお金を奪おうとする輩も一部にはいます。しかし、これらの悪質なユーザーは最初に甘い言葉ばかりを並べ立ててきますので見分けていけば問題ありません。

たとえば、利息は無しでお金を貸す人などは何か裏があると考えるなど、自己防衛しておきましょう。そのようなガードさえ固めておけば自己破産者であってもお金を借りることができるため、お金を借りたいけど借りれないのであれば注目しておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

消費者金融も銀行カードローンも全滅した場合の最後の砦とは?

消費者金融やサラ金、銀行カードローンなど日本国内には多種多様な金融機関が存在し、それぞれが個人に向けてフリーローンを提供しています。

銀行はまだしもノンバンクの消費者金融やサラ金などは、お金を貸すことのみを事業にしているため、申し込みがあれば前向きに審査をしてくれます。しかし、事業としてお金を貸す以上は返済してもらわねばなりません。

そのため、返済能力があるのか、信用できる相手なのかということを融資前の審査で確認されます。だからこそ、この審査で落とされてしまう人もまた数多く存在します。

特に過去に債務整理をしていたり、複数社に同時申し込みをしてしまうなどして申込ブラックになっている人などは、お金を借りたいけど借りれない状況になります。そのような状況になってもお金がどうしても必要で、支払いが滞ってしまうとスマホが止まってしまう、子供の学費が払えないなどという状況になってしまう人もいるはずです。つまり、お金を借りられないことで追い詰められてしまう人もいるはずです。

もしも今、ご自身がこのような状況を迎えているのであれば、最後の砦として知られる個人間融資を選択肢に入れてみましょう。消費者金融や銀行などの場合、それぞれの事業者が定めるマニュアルに沿って審査がおこなわれ、可否が決まりますが、個人間融資はその名の通りにあくまでも個人と個人の間にあるお金のやりとりです。そのため、お金を貸す側が承諾してくれればどのような人でもお金を借りられます。

極端な話、昨日自己破産したばかりであっても賃貸契約や大学の入学金のためのお金を借りたいなどとなれば、借りられる可能性があるのです。そのため、困っているならば個人間融資は頼っておきたい存在と言えます。

利息を取る人が多いですが、その利息は消費者金融などと同じように利息制限法の範囲内で提示してくる方ばかりです。また、1万円や3万円などの少額融資はもちろん、100万円を超えるような高額融資をおこなってくれる人もいますので、自分自身の希望額をきちんと相手に伝えた上で、相手から承諾を得られるように交渉していきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

個人間融資なら任意整理中や自己破産直後でもお金が借りられるってホント?

今、ネット上には個人間融資のサイトが多数存在します。基本的には掲示板機能が備わっているシンプルなサイトですが、これらのサイトのおかげで窮地を脱したという人も世の中にはすでにたくさんいます。

個人間融資は親子でお金を貸し借りするのと同じように、金融業者ではない個人が個人に対してお金を貸しているものです。つまり、業者のように信用情報機関の情報をチェックしながらの審査などはありません。相手が自分を信頼してくれればお金を貸してもらえるのです。

また、融資にあたっての審査が簡素であり、あくまでも貸す側の思いひとつで結論が決まるため、本来の金融業者ならば信用ブラック扱いで決して融資を受けられないような人でも、お金を借りることができる可能性があるのも個人間融資のメリットと言われています。それこそ、任意整理中で減額した元金を返済中という方や、自己破産の直後でもお金を借りられれう可能性があるのです。

本来、このような債務整理をしてしまうとお金を借りたいけど借りれない状況になり、クレジットカードなどの新規作成もほぼ不可能になります。しかし、個人対個人の信頼の中でお金の貸し借りをおこなう行為ならば、それらは無関係なのです。

だからこそ、事情があって一般的な金融機関である消費者金融などからお金を借りられないのであれば、個人間融資のお世話になることも考えてみましょう。ただし、相手も自分の大切なお金を貸しだすわけですから、やはり信頼できる相手にしかお金を貸したくないのも事実です。そのため、お金の用途を問われたり、返済方法を尋ねられた際には丁寧に受け答えしましょう。

根掘り葉掘り聞いてくる人が相手だとキツい返事をするような人もいますが、それではお金を借りられないままです。相手もリスクを負って見ず知らずの他人にお金を貸すわけですから、相手の心情も理解した上で丁寧に答えましょう。

もちろん交渉は可能ですが、その際にも丁寧に受け答えをしてください。さらに、いくら相手が個人だからと言ってルールを破ることもいけません。業者から借りたときと同じように真摯に向き合いましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

関連ページ

saisyuusyudan_468.jpg