お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

借金が多いので借りれない

  1. 借金が多い原因を突き止めて
  2. 審査基準が甘いと借金が多くても借りれるって本当?
  3. 大手消費者金融と申し込みブラックについて 借金が多いとありがちなミス
  4. 借金が多い人のまとめローン
  5. 借金が多い、返せないでは債務整理しかない
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

借金が多い原因を突き止めて

消費者金融で借りれない理由の一つに、借金が多いので借りられない方がいます。
この場合、どうしたら借りられるか?
 

借り入れ額が多い?

消費者金融の借り入れは、限度額が人それぞれです。
スペックで限度額とあるのは、その消費者金融の限界の数字です。
申込者の年収によって、その人が借りれる金額が決まります。

消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠をあわせて年収3分の一であり、総量規制と言います。
ですから、借りられないというのは、この総量規制以上の借り入れが、個人信用情報機関で記録されていることで借りられない事になっています。総量規制は、多重債務の場合は合算されるので、1社だけの話ではないです。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

借り入れ件数が多い?

今度は、借り入れ額は大したことがないですが、借り入れ件数が多い方です。
大手消費者金融では、3社目の申込で審査落ちが多いです。
プロミス、レイクのカードローンを使っていて、今度はアイフル申込。そうしたら審査落ちです。

信用情報では、すでに2社の借り入れがあることで、これ以上の多重債務回避の対応です。
2社のローンカードを持っているだけなら問題はないのですが、借り入れがあると、債務状態で多重債務で審査落ちです。
 

延滞していない?

総量規制範囲内でしか借りていない。そして、借り入れ件数も1社だけど、借りられない場合もあります。
その時に、今度の借り入れで返済を考えている場合で、延滞や遅滞をしていると、借り入れ件数、借り入れ額に関係なく審査落ちです。

キャッシングでは、遅滞と延滞をしている状態の審査は、どの金融業者でも審査に通らないです。
総量規制も借入件数も守っていて、延滞もないのであれば、別の原因が考えられます。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

銀行カードローンがたくさんの借入がある

総量規制対象外の銀行カードローンですが、審査では信用情報の確認をします。
消費者金融、総量規制範囲内ではきちんと借りて返していますが、銀行カードローンの債務が多いと、総量規制以上の借入という判断。たとえ消費者金融で正しく使っていても、審査に通ると言い切れないです。

基本的に、銀行カードローンは違うという言い方もできますが、信用情報には、すでに多重債務者で延滞の恐れありと言うことになります。
 

今の原因と解決を

総量規制以上では、中小消費者金融でも借入ができないです。とにかく少しでも返済をすることです。
多重債務も2社なら、その範囲内での総量規制でキャッシングをしましょう。

銀行カードローンもあるのなら、今はキャッシングができない。
しばらくすべての返済を延滞遅滞なく行って、しばらく様子をみて申込をしてみてください。
返済が順調なら、すべての借りられない悩みは解消することでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

審査基準が甘いと借金が多くても借りれるって本当?

消費者金融の分野では、審査基準に差があります。
共通している点は、収入があること、20歳以上であること、延滞遅滞がないこと、総量規制範囲内の借入です。
その他の基準で、ある消費者金融では借りれないけれど、別の消費者金融で借りれることもあります。
 

大手消費者金融の審査基準

大手消費者金融とは、レイクやプロミス、モビットなどのネームバリューのある金融業者です。
ここでは、多重債務も2、3社程度です。

総量規制範囲内は当然ですが、過去や現在に個人信用情報機関で異動情報があると借入ができないです。
異動情報とは、債務整理、多重債務、延滞や遅滞などです。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

中小消費者金融の審査基準

大手消費者金融の審査基準と比較して甘いとされるのは、借入件数が4社まで良い。
異動情報に関しては、債務整理も審査対象になることです。要するに、大手消費者金融で審査に通らなかったとしても、中小消費者金融では許容範囲が大きくなることで借りれることがあります。

総量規制範囲内で4社まで、自己破産や任意整理をした方も一応審査をしてくれる。その上で返済ができる範囲の借入が許されるという内容です。債務者としては、借りたい金額が小さければ、大手消費者金融と中小消費者金融の両方からのキャッシングができることがあります。

レイク審査ではダメだけど、フクホー(中小消費者金融)ではキャッシングができるということもよくあることです。融資の条件としては、大手消費者金融よりも少ないことがありますが、借金が多いと嘆く前に、中小消費者金融の審査を受けることをお勧めします。
 

借入件数4件の余裕

中小消費者金融会社のこの審査基準では、各社共通しています。
総量規制で範囲の1万円でも4社までなら借りれることになります。
正直言って、これで助かる方は多いことでしょう。
返済負担が小さく2,000円とか3,000円の返済も可能ですが、中小消費者金融では、少しだけ金利が高いです。
それでも、大手消費者金融の17%台と比較しても、一番高くて20%です。

中小消費者金融では。利息制限法の範囲内20%以上の金利は絶対にないです。
ですから、中小消費者金融の審査では、4件までの借入件数で、総量規制範囲内で返済能力がある収入なら、キャッシング審査が通るということです。まさに、神的存在として、多重債務の救世主と言えます。返済負担率が高いとされていますが、融資の可能性として、来月から3,000円ずつ確実に返しますからという言い方で借りられる方もいます。
 

ブラック対応

カードローン審査には通らないけれど、中小消費者金融会社で金融ブラックで借りれたというのはこのようなことです。借入が総量規制で、返済額が収入に見合うものならば、ブラックリストでも借りれるということです。
借金が多い人のための金融業者と言えます。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

大手消費者金融と申し込みブラックについて 借金が多いとありがちなミス

借入件数が2社以上では多重債務者です。
キャッシング審査では、借入件数と借入額の内容をみて、多すぎると借りられないことが多いです。
ただし、金融業者では審査基準が違う場合は、借りれるケースもあります。
 

大手消費者金融の借入件数

2社が多いです。
3社でも借りている方かいますが、このあたりの審査は個人の返済状況や信用情報の問題です。
もし大手消費者金融で3社目も借りれる場合は、借入額が少ない。
返済負担率が低い、もうすぐ1社が完済など、返済の優等生と言うことになります。

しかし、借入額が大きいと審査に通らないです。
この場合、金融事故ではないですが、他の大手消費者金融の審査を受けない方が良いです。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

レイクがダメならプロミスに行こうと思ったのに

大手消費者金融の審査基準は、公表こそないですが、だいたい同じです。
ですから、1社で審査を通らないと他社も審査落ちです。
それを知らないで、次々と大手消費者金融の審査を受けると、申し込みブラックになります。

これは金融事故であり、個人信用情報機関には審査落ちを短期間で経験した方で、危険人物として申し込みブラックになります。なんと、これだけで半年間は大手消費者金融の申し込みに落ちてしまう結果になります。
返済をして、多重債務でもない、完済をしてしまったとしてもこの間のキャッシングができないことになります。

借金が多いだけではなく、大手消費者金融の審査に通らない時には、しばらくは大手消費者金融から離れることをお勧めします。次の大手消費者金融の申し込みをしなければ、金融事故にはならないです。
 

それでもお金が必要な場合

借金が多い、大手消費者金融に審査は通らない。
もし、銀行カードローンの審査を受けていないのなら、一応申し込みをお勧めします。
審査は難しいかもしれませんが、収入が安定していて、すでに口座開設をしている。
口コミで、比較的カードローン審査が甘いとされる銀行カードローンがお勧めです。
ネット銀行だけではなく、全国から申し込みができるネットバンキング、地銀や信用金庫などが穴場です。
大手消費者金融の借入の内容にもよりますが、この方法で借りれることがあります。

銀行カードローンの方が審査が厳しいと言いますが、銀行カードローンで審査通過なら、低金利になります。
返済能力が高く収入が安定している。勤続年数も長いなどの条件はありますが、ここは1度だけ銀行カードローンの申し込みです。それでダメなら、大手消費者金融より審査が甘い中小消費者金融に行くことをお勧めします。

その前に、返済ができないか、日払いバイトなどで返済を多くすることができれば、そちらの方がお勧めなのですが。中小消費者金融の申し込みは最終手段としてお勧めしたいです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

借金が多い人のまとめローン

借金が多い時に検討してほしいのが、まとめローンです。
消費者金融の一部にある商品ですが、消費者金融会社の多重債務分の元金を1つのまとめローンにまとめることです。
 

まとめローンの審査

まとめローン、借金の一本化ですが、カードローンなどの多重債務でもすべてを1つのローンにするキャッシングです。多重債務者は1つ1つの返済をすることで、金利がバラバラ、各消費者金融に返済をしています。
それを完済の形で、すべての多重債務を解消。まとめローンは返済専用のキャッシングとして、現金を手にすることはないです。

しかし、まとめローンは多重債務より低金利の商品になるので、返済リスクが減少します。
元金の減額はないですが、低金利で総返済額を変える事ができます。
それで、返済負担を小さくすることで、キャッシングの必要がないということです。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

まとめローンの落とし穴

1つは、大手消費者金融のまとめローンの審査が厳しいことです。
多重債務の信用情報でブラックになっていると審査が通らないことが多いです。
借入が多くなることで、返済リスクが上がります。
申込者にとってのメリットは、金融業者にとってのデメリットになることは多いです。

もう1つは、返済負担が小さくなることで、返済期間が長くなることがあります。
そのことで、負担は毎月楽になっても、最終的には総返済額が多くなってしまうことがあります。
まとめローンのデメリットとしては、シミュレーションをした上で、内容確認は必要です。
ただし、途中で返済を多くしたりと言うのは大歓迎であり、とりあえず、金融事故なしで、返済負担が毎月楽になることでは、まとめローンはメリットがあります。
 

中小消費者金融のまとめローン

大手消費者金融ですでに金融事故がある方では、中小消費者金融のまとめローンも注目です。
こちらはブラックリストでも借りれる可能性がありますから、検討してください。
ただし、普通の小口融資のキャッシングとは違い、審査は多少厳しくなってしまうことは否定できないです。

中小消費者金融では、債務が大きくなることで、途中の債務整理の危惧があります。
そのため審査落ちになってしまうことがあり、中小消費者金融のまとめローンの可能性が少ない場合もあります。
 

まとめローンはよく考えて

中小消費者金融で言えば、低金利の中央リテールが、まとめローン専門業者として存在しています。
しかし、ここのまとめローンは、審査が厳しいですから、審査通過率は低いようです。

それでも、借金が多いので借りれない事態になった時には、まとめローンの提案はあります。
3分の1以上借りたいというのも、まとめローンでは対応できますが、安定した収入と借入が収入に迫る金額では、借りれないことが多いです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

借金が多い、返せないでは債務整理しかない

借金が多いので借りれないのならまだ良いですが、借金が多すぎて返せないと言うことになると、事情は変わります。そのまま延滞し続けることだけは絶対にしないようにしてほしいです。
 

とにかくカードローンは作れない

多重債務になっていると、借入ができないです。
大手消費者金融では3社も難しいですし、中小消費者金融でも5社以上の借入件数になることはできないです。一応、多重債務の審査基準を超えるキャッシングができない状態です。これ以上の借入は諦め、多重債務者として次のことを考えましょう。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

次のこと?

返済ができるのであれば、まとめローンに挑戦です。
大手消費者金融、銀行カードローンでもまとめローン目的での申し込みが可能です。
普通ならそれだけの債務での大手消費者金融と銀行カードローンの多重債務はできません。

しかし、今回の目的がまとめローンであることを申し込みの時に告げることで、審査次第ではまとめローンができます。今、返済では信用情報で金融事故がない場合は、まとめローンの可能性は試してみる価値はあります。
 

実は返済も困難になってきた

その場合は債務整理です。
ところが、債務整理の選択の時に住宅ローンがある方、その他のローンの破産では回避したい方もいます。
その場合には、自己破産という選択以外の債務整理の内容を確認してください。
詳細については、弁護士の借金相談が必要です。
特に住宅ローンでは、その借金だけは生かす事ができる個人再生などがあります。

また、任意整理だけの金利カットの債務整理などがあります。
収入とのバランスもありますが、債務整理はぜひしなければならない場合があります。
ブラックリストになってしまうのは覚悟の上です。

返済できない借金を持っている方が問題であることが大変なことです。
債務整理を回避したい方でブラックリストになるのが嫌がる方は多いです。
しかし、返済できない借金を持ち続けることが、どれだけ人生においてマイナスになるのかに気がつくことです。
 

お金を借りれない=債務整理の必要がある

実は債務整理もできる人とできない人がいます。
隠し貯金があったり、返済したくないから返済しない人は債務整理ができないです。
特に自己破産では、財産を顕にしなければならないですし、自分で行うには時間と労力がかかります。

それでも、延滞遅滞をして、最終的に給与の差し押さえ、裁判所からの呼び出しなどに関わる前に、返済前の借金はキレイにした方が良いです。一生ブラックリストであることなく、再び借金を多くすることなく、完済の癖をつけることで、きちんとキャッシングができます。

ただし、新たな住宅ローンなどは、自己破産者は困難ですが。
多い借金に悩んでいる方は、弁護士などに相談に行くことだ妥当です。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

関連ページ

saisyuusyudan_468.jpg