お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

どうやってもお金が借りれない

  1. 借りれる条件を1つ1つ確認していきましょう
  2. ブラックではないのに大手消費者金融で借りられないこともある
  3. 金融事故をしてしまった人へ
  4. 中小消費者金融で怖い所?
  5. 借りれない、返せない時には債務整理を
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

借りれる条件を1つ1つ確認していきましょう

20歳以上の方なら、とりあえず消費者金融や銀行カードローンの申し込みができます。
これが住宅ローンやカーローンではなくキャッシングやカードローンのことです。
 

次の条件として

20歳以上であれば、次に必要なことは収入があることです。
理想としては正社員などの安定した収入であることですが、パートやアルバイトでも借入ができます。
20歳以上で収入があり、この収入が1年以上続いていること。これが最低条件です。

大手消費者金融、銀行カードローン、中小消費者金融では、この条件がないことには話にならないでしょう。
もし、どちらかが欠けていたり、1年未満の勤続年数であるのなら、甘い審査の中小消費者金融のキャッシングもできない状態です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

キャッシングの言葉

フリーローンと言えば、銀行の商品ですが、カードローンとは違います。
中小消費者金融で言うフリーローンであれば、キャッシングと見て良いです。

何にでも使用ができるお金ですが、個人で借りるのですから、事業性資金として借りる事はできません。
個人事業主などは気をつけましょう。
 

20歳以上で収入があるけれど借りれない

多重債務でしょうか?すでに借入がある場合は、場合によっては、それだけで審査落ちです。
大手消費者金融では多重債務は一応OKですが、借入額によっては審査に通らないです。

大手消費者金融の借入は年収3分の一以内であり、これ以上の借入はできません。
また、連続して短期間でキャッシングをしたりしている場合も借入ができないでしょう。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

同じく多重債務で

先月の返済はしたでしょうか?
キャッシングだけではなく、携帯電話を分割指定支払っている方は、これも返済対象になります。
返済しなければ、次の借入はできないと思ったほうが良いです。
返済をして借りれる範囲が広がるという考え方です。

新たなキャッシングでもそうですが、信用情報はすべてつながっています。携帯電話の料金は機種代金です。こちらもすべて信用情報に記載されている情報ですから、遅れたとしたらキャッシングに影響が出ます。
 

すべてクリアしています

20歳以上で収入があのに審査に通らない方がいます。それは、クレジットカードの使用経験がない方です。
どちらかというと30歳以降に多いのですが、一度もクレジットの経験がないのに、いきなりカードローンの申し込みでは、審査に通らないことがあります。

つかぬことをお聞きしますが、過去にキャッシング経験はありますか?と聞かれます。
これは、キャッシングして、自己破産をして、信用情報に記録がない方かどうかの確認です。

もちろん初めてですと言ったとしても、借入ができない可能性もあります。
このようなときには、一度クレジットカードを作ってからカードローンの申し込みをしてみましょう。
信用情報の記録がない中年以降の申込者は一応要注意です。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

ブラックではないのに大手消費者金融で借りられないこともある

大手消費者金融も銀行カードローンもブラックの審査は通らないです。
ブラックリストなら中小消費者金融に行くか、債務整理をオススメします。
何度も大手消費者金融に申込をして、審査落ちを経験すると申し込みブラックという新たな金融事故ができます。
 

多重債務ブラック

金融機関、金融業者の複数契約をしている方は、多重債務者になっています。
借りていないと大丈夫と思うこともありますが、実は契約だけでローンカードをたくさん持っているのは自慢になりません。あちこちで借りれるチャンネルを持っているのは、信用情報上マイナスです。

一度でもどこが延滞遅滞をしているのなら、それだけで他のキャッシングができない状態です。
使わないキャッシングは解約してしまう方が良いとされています。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

解約で借りれた?

無利息期間狙いで数社の大手消費者金融で借入。
すべて1万円ばかりでしたが、財布の中にはたくさんのローンカードがたまっていました。
無利息期間は大手消費者金融では1回きりのサービスでしたから、もう2回めは普通の金利です。
そこで、プロミスで借りようとしたら借りられなかったと言います。

このときに他の大手消費者金融の借入は完済している状態でした。
そこで、思い切って、プロミス以外は解約してから、カードローンで借りれたと言います。
信用情報で解約情報が届いたことで信用が増したということです。
無利息期間は魅力ですから、つい多くのキャッシングをしてしまいがちです。
 

しょっちゅう借りるのなら

新生銀行のノーローンは、金融業者のキャッシングです。
1週間は何回でも無利息です。この借り方なら返したらすぐに借りれる方法です、

無利息キャッシング狙いでは、ノーローンだけがオススメです、
やたらあちこちのローンカードを持たないことで、必要がなかったら解約がベストです。
 

信用情報では

多重債務ブラックではあちこちの借入をしている状態ですが、借りれる状態であることから危険です。
返済能力が高いとか、計画的に借り方ができている間は良いですが、1度の金融事故が首を絞めることがあります。できれば、ローンカードは1枚で多重債務はしないことです。

どうしても多重債務と言えば、大手消費者金融とそこの審査落ちで中小消費者金融に行くことくらいです。
大手消費者金融の多重債務はオススメできないことであり、借りられない事態になります。
案外とこのことは知られていないようであり、使わないローンカードは次から次へと解約していくことで、審査通過ができます。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

金融事故をしてしまった人へ

金融事故とは、お金の借り方と返し方での失敗です。
成功は、ルールに沿った内容であり、失敗はルール違反です。
ですから、審査落ちとかブラックリストということになってしまいます。
 

キャッシングとは

借りたお金を返す。契約どおりに、約束どおりにできれば良いだけです。
大手消費者金融では、これ以上借りられないという件数があります。

総量規制は限度額であり、他店で借りたから、もう借りられないという審査落ちもあります。
この総量規制は中小消費者金融でも有効ですが、中小消費者金融では4件程度の多重債務者なら借りられます。
このようにある決まり沿った借り方ができれば、ブラックリストにはなりません。
キャッシングとは約束どおり貸して、約束どおり返す事ができれば◎です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金が借りられない事実

ルール違反では、しばらく借りられないです。
多重債務者では件数の問題ですが、返済をすることが借りられるようになります。
債務整理は、法的に守られた減額ですが、金融業者にしてみれば、ルール違反です。

損もするのですから、当然しばらくの間は借りられないでしょう。
債務整理をした金融業者は、出入り禁止になることでしょう。
こうしたルールがあり、借りられない状態が続きますが、当然のことです。

お金を貸すということは信用して貸しますという事です。
それを守らないのですから、借りられないこともあるということです。
 

債務整理の考え方

しかし、現実には契約したときと返済中では経済的に変化してしまうことがあります。
そこで、債務整理で法的減額をしてもらいます。

大手消費者金融や銀行カードローンでは、約10年間程度で元のように借りれるようになります。
自己破産した方でも、普通にキャッシングができます。
ちょっとした謹慎期間ということですが、これも仕方のないことです。

ルールと言えば、金融業者も金融庁からの監視で、いい加減な貸し方をしていると業務停止になります。
貸金ができない状態です。すべて決まりによって成立していることであり、どうしても今は借りられない。

多重債務者、債務整理者、延滞遅滞などでルールに違反をすると謹慎期間があります。
この間は仕方ないと諦めることと、多重債務者は債務整理をしてしまうことをオススメします。
ここからしばらく借りられない場合がありますが、延滞遅滞してしまうようであれば大変なことになります。

多重債務で返済が難しいのであれば、任意整理などをオススメします。
どうしたって、今は借りられないのですから、無駄な抵抗はしないことです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

中小消費者金融で怖い所?

甘い審査の中小消費者金融や街金は大手消費者金融や銀行カードローンと審査基準が違います。
大手も銀行も借りられない方も審査次第で借りれるブラック対応の金融業者です。

ただし、条件として無職ではないこと、収入があること、在籍確認ができること、収入証明ができることです。
しつこい言い方ですが、収入が命です。
 

中小消費者金融の審査

極端な言い方ですが、返済できる収入があれば相談に乗ってくれる中小消費者金融がほとんどです。
信用情報で多重債務ブラックの場合、総量規制範囲内で数万円しか借りられないとしても、返済ができるのなら貸してくれることがあります。その時に、他の借入の延滞遅滞もしないことが大切です。

甘い審査の内容は口コミ情報でもありますが、かなり甘い審査ほど、借りれる可能性が高いです。
収入、ある方だけであり、絶対に言ったことを実行で切ることが必要です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

中小消費者金融は裏切ってはマズイ

大手消費者金融も同様ですが、返済できない約束は中小消費者金融では絶対にしないことです。
取り立てが闇金と同様であり、ろくなことはないです。

ですから、収入がなくて借りられないかもしれないけれど、なんとかなるでしょうという気持ちでも中小消費者金融の利用は厳禁です。信じられないほど取り立てが厳しいです。
 

消費者金融カードローンのように便利ではない

中小消費者金融のキャッシングはフリーローンであり、数万円単位の少額融資です。
振込になりますが、返済手数料はこちら持ちです。
1日でも返済に遅れると大変であり、勤務先に請求に来る場合もあります。
甘い審査ですが、金融業者としてはなかなかきびしい対応です。

この中小消費者金融で借りれるのは、本当にすぐに完済ができる範囲内のキャッシングがオススメです。
闇金に行かないようにきちんと情報サイトで内容を確認した上で、安心な金融業者に行くことです。
カードローン審査よりも甘いですが、いろいろと話を聞かれたり、時間もかかります。
即日融資はまずないと思ったほうが良く、振込キャッシングでは数日かかります。

専業主婦は配偶者貸付制度がありますが、配偶者の同意が必要であり、内緒キャッシングはできません。
その他収入がある方のキャッシングでは、知られないように内緒で借りる配慮はしてくれます。

中小消費者金融でもレディースローンがあり、女性ら優しい配慮もあります。
金利は高めですが、正規の金融業者であり、一応安心ですが、返せなければ借りないことです。
これは絶対です。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

借りれない、返せない時には債務整理を

消費者金融カードローンも審査に通らないのであれば、中小消費者金融の借入の可能性があります。
大手消費者金融では、ブラックリストになってしまう申し込みブラックでも、中小消費者金融なら借りれることがあります。多重債務ブラックでは3社程度、債務整理者では解決した債務整理で1年以降経っていれば、借りれることがあります。
 

ただし、延滞中の申し込みは審査に通らない

どうやってお金が借りられない原因が、現在の借入で返済ができていない、延滞中は中小消費者金融でも審査に通らないでしょう。稀に、延滞中でも借りれるとの情報がありますが、あまり当てにしないほうが良いでしょう。

信用情報では、延滞と遅滞に関しては、フリーローンの申し込み1万円でも、返せない人との判断になってしまうことが多いです。カードローン審査で、延滞していることは、金融事故でも最も信用されないとされています。
なんとか返済をしてからの申し込みで、延滞だった、遅滞だったでは、中小消費者金融の甘い審査でも通用しますが。

多重債務ブラックでは、この延滞中の申し込みは厳しいです。
返せない状況での新規キャッシングでは、中小消費者金融の甘い審査でも冷たい対応です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

債務整理後ならまだマシ

債務整理をしてからなら、審査次第では借入ができます。
延滞してしまい、任意整理などで債務整理をしましょう。
任意整理でも債務整理の決定が出るまでは返済不要です。

その間の返済がないことで、返済負担がなくなりますが、これは弁護士や司法書士の依頼をしたときです。
自身で頑張って債務整理制限をしたとしても難しいでしょう。延滞しなければならない状況下では、債務整理が早道であり、自己破産でもした後1年程度で、中小消費者金融の借入ができます。
 

借りられないときには

ブラックリストで借りられない。任意整理では、債務整理を選択することが可能です。
一部の任意整理などで、返済負担が小さくなるのなら、他の借金返済は続ける事ができます。
そういう手段でもとって、延滞は回避しましょう。

延滞中でなければ、正規の中小消費者金融の借入ができます。
闇金などでは延滞で借りれるのですが、これだけは絶対に手を出さないことです。正規の中小消費者金融で審査落ちで債務整理がオススメであり、キャッシングができないときであることを自覚して下さい。

もし、今無職であるのなら、借入は絶対にできません。
生活費がないから闇金というのは間違った選択であり、自己破産が早い解決になります。
借りれないときには債務整理で多重債務ブラックは解消ですし、再び借りれるときが来ますので、時を選ぶことが大切です。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

関連ページ

saisyuusyudan_468.jpg