お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

審査の存在 共有される個人信用情報機関

カードローンは審査キャッシングですが、知人や家族からの借金であれば、審査は信用だけです。
データではない信頼関係だけが頼りです。
ただ、信頼関係が崩れるとき、返済ができないときには人間関係も崩れます。
金融機関からの信頼関係が審査であり、過去の借金状況のデータだけが頼りなのです。
そして、完済までの関係で、うまく行かないときには、債務者の信頼データが金融事故として個人信用情報機関にブラックとして登録されます。

共有される個人情報

金融業者では、こうしたデータ上の信頼関係は、個人信用情報機関にすべて記録されることになっています。
ただし、個人信用情報機関に加盟している場合です。
審査では、融資をする時に必ず信用情報を確認します。
この時に、金融事故がないことを確認されれば、審査が通ることになります。
ただし、1つでも金融事故があると、審査がきびしい銀行カードローンや大手消費者金融ではお金を借りることができないです。
ただし、中小消費者金融では独自審査、柔軟審査で多少の金融事故に関しては、ブラック融資として、キャッシングができることがあります。
そこで、大手消費者金融審査落ち、甘い審査の消費者金融の検索でできる金融業者では、ブラック対応の金融業者として、多くの方が利用することになります。
個人信用情報機関の共有は絶対的な存在として、金融業者の審査に欠かすことができないのです。

審査は何を重点におく?

金融事故の種類として、延滞、多重債務、債務整理などの返済トラブルです。
どれもうまく返済ができない、返済できないリスクがある金融事故です。
中小消費者金融では延滞だけがNGになりますが、あとの多重債務と債務整理に関しては、総量規制範囲内であれば、許容範囲としています。
現在、どうしてもお金を借りたいという方で、総量規制範囲内であれば、中小消費者金融に行くと良いでしょう。
収入があり、返済ができる自信があれば、中小消費者金融の審査通過の可能性があります。

大手と中小の違い

大きな差としては金利が中小消費者金融の方が高いこと、小口融資しかできないことでしょう。
あとはカードローンではないため、借りるときも返済も振込になることが多い点です。
完済後は、追加融資などのメリットもありますが、取立が厳しいとされていて、延滞には厳しい内容となっています。

また、ブラックならだれでも借りれるのではなく、中小消費者金融の審査落ちの方もいます。
この場合は、他社の借入を考えるのではなく、債務整理をすることをおすすめします。
多重債務者ではない場合は、債務整理ではなく、借金そのものができない期間であることを自覚しましょう。
間違っても闇金の申込みはしないことです。
絶対に後悔することになります。

 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg