お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金を借りるときの勤続年数と収入 審査に必要な要件

お金借りたい方の中で、収入はあるけれど転職したばかりで審査落ちになる方も多いです。
信用情報的にはブラックではないし、多重債務だけど問題はない。
金融事故ではないのですが、勤続年数は申込情報としては、大きなポイントです。

最低1年以上の勤続年数が必要

収入があるけれど、勤続年数は数ヶ月では信用がないです。
これが新入社員だけではなく、転職も同じです。
収入が上がったとか、ヘッドハンティングだよと言ってもダメでしょう。
それは先が見えないからです。
勤続年数が長く、カードローン会社に申込みをした後に退職したとしても、申込み時点での勤続年数が問題になります。
反対に、勤続年数が長いパートやアルバイトの方が、カードローンとして信用度が高いです。
消費者金融カードローンで、21歳のアルバイトと22歳の新入社員では、21歳のアルバイトは借りれるのですが、新入社員は審査落ちなのです。
勤続年数が短いことで審査落ちの場合は、改善方法としては時が経つのを待つしかないのです。

他社借入がない日雇い労働者

職業に関しては、消費者金融カードローンも銀行カードローンもアルバイトもパート主婦もOKです。
ただし、日雇いバイトの場合は難しいです。
昨日今日の働きでは借りれないのです。
また在籍確認があり、必ず勤務先には申込者が働いているかを確認します。
これは、虚偽申請ではないことを確認するためです。
アルバイトも毎日ではないけれど、在籍確認ができればOKになりますが、日雇いバイトのときには、審査落ちになる可能性が高いです。
ただし、派遣会社に登録の形で審査に通ることがあります。
在籍確認ができれば良いということで、実際の勤務先も短期で働いている、日雇いバイトではないのですが、継続していない場合でも審査に通ることがあります。
意外なようですが、このあたりの審査の盲点は覚えておくと良いでしょう。
50万円以下のキャッシングであれば、収入証明書も必要ないです。
他社借入などの信用情報で金融事故がない場合と返済ができることが条件ですが。

派遣会社の存在

派遣会社に登録、仕事の実績などの詳しい審査は原則的にしないです。
ですから審査も通りやすくなりますが、希望借入金額が高いと金融機関で怪しまられます。
実際に仕事しているなどの探りが入りますから、最初は小さな金額の申込みをしてください。
専業主婦でも消費者金融で借入をしたいために派遣会社に登録してから、大手消費者金融に申込みをする方もいます。
それでも1年以上の登録と仕事をしていることが条件になりますが。

 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg