お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金借りれない

  1. お金が借りれないけれど借りたい
  2. お金を調達するには
  3. お金借りれないときはどうしたらいい
  4. なんとかしてお金を借りたい
  5. お金借りれないときはどうしたらいい?
  6. どこもお金を貸してくれないときは
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金が借りれないけれど借りたい

お金を借りたい人の中で、一番困ってしまうような人がいるんだとすれば、それはお金が借りたいけれど借りれない人の属性の場合です。消費者金融や銀行でお金が借りれない属性にも関わらず、お金が借りたいというわけなのですから、審査に通るわけもなくお金が借りれないと思うのです。それでもお金が借りたいと思ってしまう人になっている事でしょう。

しかし、本当にお金が借りれない属性の人が、消費者金融や銀行などの金融機関でお金を借りようとしても、結局ブラックお断りの大手金融機関の審査では全く歯が立たないので、お金が借りたいと思っても結果的に借りれないものだと言えるでしょう。
 

ブラックのカードローン申し込みは厳禁

大手の業者にブラックは絶対にだめなんです!!信用情報に事故情報や金融事故でお金が借りれないのであれば、即金利が高くてもブラック対応の消費者金融などでお金を借りておいた方が良いでしょう。

指定信用情報機関でブラックが発覚してしまえば、審査では大変不利。
ほぼ通らないも同然で、お金が借りれないも同然ですよ。
 

多重債務に比べてブラックは完全にだめ

これがブラックではないのであって、多重債務などであればまだ対応もしてくるのかもしれません。しかしながら、完全にブラックではアウトだし、金融事故となっているのでお金が借りたいと思っても、大手消費者金融とか銀行では本当にお金が借りれないので気をつけて下さい。

ちなみに、債務整理した人であればほぼブラックとなっているので、心当りがあるのであれば、消費者金融やの銀行で審査に通らないので、お金が借りれません。ただちに申し込みはやめておいて下さい。

但し、多重債務などの返済目的の融資であって、総量規制でお金が借りれないのであれば、おまとめローンで融資が受けられる可能性はあると思います。しかし、どっちにしろブラックであって、債務整理をしているならば、新規登録不可能です。
 

ブラックの人は中小消費者金融が一番借りやすい

よって、どうしてもブラックでもお金が借りたいと思うのであれば、消費者金融と銀行のカードローン以外、自己破産なんかした人も含めてお金が借りれる、審査の甘いブラック対応の中小消費者金融となってくるでしょう。

と言っても、審査が甘くてもあくまでお金が借りやすい可能性があるというだけなのです。絶対に借りれるわけではないでしょうから、ブラックにしても多重債務にしても、大手でお金が借りれない人が大手以外の業者で絶対に借りれるかといえば、そうでもないのです。

あくまで、金融ブラックでも申し込み出来るんだ程度で考えておいて下さい。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金を調達するには

銀行や消費者金融会社でお金を借りたくない、銀行や消費者金融会社でお金を借りるのは、最後の手段にしたいという人も少なくないでしょう。しかし、そういったときはどうしたらいいのでしょうか。生活資金が足りないといった切羽詰まった状況でしたら、公的機関からお金を借りるといった方法があります。

公的機関というと、生活保護ということを最初に思ってしまいがちですが、生活保護を受けるとなると、かなりの制約を受けることを覚悟しなくてはいけません。持ち家がある場合でしたら、持ち家の処分をしなくてはいけませんし、車を持つこともできないので、車を所有していたらその車の処分も必要です。贅沢品と思われるものの所有は一切認められないので、生活保護を受けるにもそれなりの覚悟が必要なのです。

公的機関から借りることができるのは生活保護だけではありません。都道府県や市役所などから借りる方法として、考えられるのが生活福祉資金貸付制度です。貸付対象となるのは、生活保護と同様に低所得者層や障害者層、さらには高齢者層などです。それでも、生活保護と違って財産の処分をすることをしなくてもいい気軽さがあります。

そして、生活福祉金貸付制度ですが、それにも大きく資金の種類が4種類に区分けされているのです。その4種類とは、「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」です。申込窓口は、住んでいる市区町村の社会福祉協議会となります。これらの貸付け制度のメリットとなるのが、連帯保証人を立てることができれば、無利息で借りることができる点です。保証人無しでも年利1.5%といった低金利で借りることができるので、それも大きなメリットと言えるでしょう。

一方で公的資金ですから、すぐにこの貸付け制度を利用できるというわけではありません。社会福祉協議会に貸付けの相談に行くことからスタートするのですが、そのときに失業状態だったら、まずはハローワークに行くことを勧められるでしょう。借金が多くて返済に困っているということでしたら、債務整理を勧められるはずです。ですから、ただ、お金が困っていると言う理由だけで、はいそうですかといったように、すぐにお金を貸してくれるわけではないということに注意が必要です。

貸付けまでに時間がかかるので、お金がすぐに必要といった場合でしたら、緊急の対応にはならないことに注意が必要です。また、失業保険給付中の人はこの生活福祉資金貸付制度は利用できないので、この点にも注意しましょう。気軽に利用の申込みに社会福祉協議会に来ても、門前払いになることもあります。

クレジットカードを持っている人は多いでしょう。というよりも、今ではクレジットカードを持っていない人のほうが少ないと言えるかもしれません。そのクレジットカードを持っているのでしたら、お金の調達も簡単です。気軽に利用できるキャッシングすることができるからです。

クレジットカードでキャッシングするには、銀行ATMやコンビニATMが利用できます。最寄りのATMですぐにキャッシングできるので便利です。一方で注意しなくてはいけないのが、クレジットカードのキャッシングの金利です。これは通常のローンやカードローンの金利と比較しても、高めの金利設定となっているのです。借りることのできる利用限度額も低く設定されているので、まとまったお金を借りるのには、金利の高さと限度額の低さから適当ではありません。

ショッピング枠と、別になっていると思っている人も少なくないと思いますが、クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は共有されているので、キャッシングしすぎると、毎月の光熱費やスマホ代の支払いをクレジットカードで行っていると、キャッシングをしすぎると残高不足で引き落とし不能となる場合があります。これは、延滞が発生したということになるので、そのままにしておくと金融事故に繋がってしまいます。ですから、クレジットカードのキャッシングをする場合は、キャッシングのしすぎに注意しなくてはいけません。

また、ショッピングと同じ扱いではない点にも注意しましょう。クレジットカードでショッピングして翌月一括払いにすると、利息無しで買い物代金だけ支払えばいいので、キャッシングも同じように考えている人が多いのです。キャッシングの場合はキャッシングした翌日からしっかりと金利計算されて、クレジットカードの締め日まで利息が発生するのです。金利が高いので、利息もそれなりに高くつくということはしっかりと覚えておいたほうがいいでしょう。

加えて、キャッシングの返済にリボルビング払いが設定されているときは、毎月の返済が楽になる反面、かなりの利息を支払うことになりますし、キャッシングの手軽さを覚えてしまうと、さらに追加でキャッシングして、どんどん借金が膨らんでしまう。支払いもリボルビング払いなので、月々の支払いが増えないので安心してしまう、ということになるのです。

実際はどんどん支払期間が延びているので、総支払額もどんどん増えていくということになります。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

お金借りれないときはどうしたらいい

属性が低く、銀行カードローンのカードローン審査に通らないときは、消費者金融カードローンに頼るしかないでしょう。消費者金融会社のカードローンのほうが、銀行カードローンよりも審査が厳しくないので借りやすいのです。

もっとも、その分銀行カードローンよりも金利が高くなります。信用情報機関で信用除法を共有されているので、銀行カードローンの融資に対して延滞などがあると、そういった情報も共有され、消費者金融会社のカードローンの審査のときに、そういった記録が照会されることになるので、延滞などがあると、消費者金融会社のカードローンの審査にも通らなくなるでしょう。

また、債務整理中の人でしたら、これも消費者金融会社のカードローンの審査に通ることはありません。これは、銀行などの金融機関も、消費者金融会社などの貸金業者も同様です。他社借入れが多くなると、それが高じると多重債務者ということになります。他社借入れが多くなると、それに返済のために新しいカードローンに融資の申込みをする人も少なくありません。そうなるまえに、現在の複数の他社借入れをおまとめローンを利用することで一本化することが望ましいです。

債務の一本化のメリットはいろいろあるのですが、まず第一に文字通り債務を一本化することで、返済日が同一になります。また、返済口座も一つになります。これまでの各ローンによって、返済期日がまちまちであったり、引き落とし口座も別口座ということがなくなり、債務の一本化に合わせて返済日や返済口座も一つになるのです。

これは、毎月それぞれの返済日が来ると憂鬱になってきたのが、おまとめローン以降は憂鬱になる回数が月に一度になるのですから、そのメリットは計り知れないのです。ですから、多重債務に陥る前にまずは、おまとめローンあるいは借り換えローンを活用するようにしましょう。

おまとめローンの場合は総量規制の対象外ですから、消費者金融会社から年収の3分の1近くまで借りてしまって、もうこれ以上の借入れができないという場合も、おまとめローンは総量規制対象外として借りることができます。新たな借入れをするよりも、おまとめローンのほうが返済が楽になることもあるので、多重債務に陥る前になんとかしておまとめローンを借りるようにしましょう。

まずはそこから考えなくてはいけないのです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

なんとかしてお金を借りたい

借金を重ねてしまうと属性が低くなってしまうので、新たな借入れが難しくなってしまうのです。大手消費者金融会社のカードローンでしたら、業容が大きいのでいくら申込者が増えても問題ないのですが、それ以上に属性の低い人には審査NGということになってしまいます。

カードローン会社というのは、大手消費者金融会社のことなのですが、カードローン自体が業容の大きな消費者金融会社でないと運用できないので、消費者金融会社の大半を占める中小消費者金融会社と街金は、カードローンを取り扱っていません。

とはいっても、中小消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社に業容の近い、準大手と呼ばれる中小消費者金融会社では、カードローンを取り扱っているところがあります。アコムやプロミスといった大手消費者金融会社のカードローン会社の審査に通らず、それでもカードローンでお金を借りたいのでしたら、カードローンを扱う、中小消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをするようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

 

お金借りれないときはどうしたらいい?

大手消費者金融会社はもとより、中小消費者金融会社でもお金を借りることができないとなると、あとは街金しかありません。

多くの人は街金ならお金を貸してくれると考えている人が少なくないでしょう。中には、返済不能隣金融事故を起こしてブラックとなった人でも、街金ならお金を貸してくれると思っているのです。実際に、ブラックでもお金を貸してくれる金融業者もあるようですが、それはごく一部と考えていいでしょう。

街金が重視するのは、返済能力があるのかといった一点です。ブラックにお金を貸してはいけないという法律もないので、それではブラックでもお金を借りることができるのかというと、そうでもなく、特に返済不能となった、銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンなどの融資は絶対にありませんし、基本的に債務整理に陥った人は属性ががたっと落ちているので、そもそも融資の審査に通ることはないのです。

それでも街金ならお金を貸してくれるというのは、街金が信用情報機関に信用情報を照会しない、独自審査を行っているからです。これは、きちんと働いていて電話に夜在籍確認が取れると、審査に通るというスタンスの審査です。もっとも、確実にブラックでもお金を借りることができるというわけではありません。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

どこもお金を貸してくれないときは

どこもお金を貸してくれない、それでもお金が必要というときは、わらにもすがりたくなるものです。それでも闇金などからお金を借りることがないようにしましょう。

そういったときは、ネットの個人間融資掲示板を利用しましょう。個人での貸借りになるのでリスクは当然あるのですが、少額融資でしたらそれほど心配することはありません。ただし返済利息については注意しましょう。一日の金利は0.3%を超えると違法になります。0.3%でもかなり大きいのですが、これは年利が109.5%計算です。これは、出資法に基づくものですから、本来のお金の貸借りでしたら、年利は20%ということになります。

ここにもちょっとしたグレーゾーンがあるのですが、返済金利については交渉毎となることが多いので、金利計算には十分注意して借りるようにしましょう。個人間融資掲示板には基本的に審査が無いので、即交渉となることが多いです。
 
▲メニューに戻る
 
saisyuusyudan_468.jpg

闇金も嫌う無職 お金借りれないですかね

無職ブラックでもお金を貸してくれるところがあります。 気になる方は、ココをクリックしてください。そうしたサイトは多いですかね。 金融事故のこと、キャッシングのことを正しく理解している方は、ここ…
saisyuusyudan_468.jpg