お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

返済不能となるとどうなるの?

資金繰りができなくてどこからも、お金が借りられないとなるとどうしようもありません。返済は待ってはくれません。消費者金融会社のおまとめローンを利用して多重債務の状態から脱却する方法があるのですが、おまとめローンを借りるにも審査があります。

多重債務者が審査に通る可能性は低いです。審査に甘い街金などはどうかということですが、審査には通るかもしれませんが、債務の総額をまとめるほどの融資を受けることはできないでしょう。街金自体規模が小さいので借りることができてもせいぜい100万円までです。

多くの街金は10万円から50万円までの融資が多いのです。その月の返済のために街金から借りることができても返済不能の状態を先送りしているだけで、借金がどんどんかさんでしまいます。ですから、どこかで見切りをつけることが必要になります。

消費者金融会社も利用者の窮状がわかってくるとローンカードの停止などの措置に出てくることでしょう。返済して空きが出てくるとそこから借入れを繰り返していたのにそれもできなくなってくるといよいよ最終的に債務整理ということになります。

これは自分で弁護士などに相談して調停に入ってもらうほうがいいでしょう。弁護士には全ての支払いをストップできる権限がります。ですから、そこでお金の流れを止めて消費者金融会社や銀行などの債権者と利用者である債務者が一つのテーブルについて返済額などについて話し合いをすることになります。

金融会社としては返済を続けてもらいたい、しかし利用者にはその返済能力がすでにないということで金利の緩和や一部債務の取消しなどの措置をして少しでも返済してもらいたいということになります。それで債務者も緩和された条件で支払いを続けていくことになるのです。それが債務整理です。

この債務整理の状態になることを俗にブラックと呼んでいるのです。そして債務整理になると新たな借入れはできません。返済のみに集中することになります。返済総額も緩和されることが多いので、債務者にとっては有利となる債務整理ですが、借金を一部帳消しにしてもらう、あるいは金利を低くしてもらうなど、最初の契約にはなかった金融会社からするとかなりの譲歩をした内容となっているので、その代わり債務者側にも社会的制裁を受けるという意味で、クレジットカードの利用の停止や新たな借入れの禁止などの措置がとられるのです。

債務者側にお金がまったくなく、返済することができないとなると自己破産ということになってしまいます。

 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg