お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

滞納を続けているとどうなるの?

多重債務にもいろいろあるのですが、最悪のパターンが借金の返済のために大手消費者金融会社などからお金を借りることです。もっとも複数の借入れがあると銀行や大手消費者金融会社のカードローンの融資を受けることはできないでしょう。俗に言われる街金などの金貸し屋や、ネットなどで調べて消費者金融紹介業者などを頼るしか道がなくなるのです。目的があってお金を借りている人は借金の返済の目処を立てている人です。

しっかりとした返済計画を立てているので無理のない借入れで返済に対しても滞納をすることはありません。それは多重債務になっても変わらないのです。返済できるといった目処を立てているのですから当然です。こういった多重債務者もいれば、前述したように借金の返済に借金を繰り返すような多重債務者もいるのです。

そして、銀行や消費者金融会社などから見たら前者も後者も同じ多重債務者でしかないということです。それでも目的をもって多重債務をしている人は返済するにも滞納することなく計画的に返済していくことでしょう。結果的に何も問題はありません。

返済に窮していないのですから、それ以上の借入れをすることもないでしょう。しかし、借金に借金を重ねている人は常に自転車操業です。カードローンでは融資限度額内であればいくらでも入出金ができます。返済すると、多少の限度額の枠が空きますからそこで借りるだけ借りて、次の返済に充てるのです。それができなくなると新たな借金をするということですね。
 
saisyuusyudan_468.jpg

増額申請をするという手もある

新たな借金をしても審査に通るかどうか怪しいと思ったら、現在のカードローンの融資可能限度額の増額申請をするという手があります。増枠申請ともいうのですが、新たな借入れの審査よりもこの増額審査のほうが通りやすいようです。

ですから、新たな借入れに対して審査が不安な場合は現在のカードローンの増枠申請をするとよいでしょう。これも審査に通りやすいというだけで、借金の返済に借金をする体質は何も変わっていません。ですから、根本的な解決にはなっていないのです。

いたずらに傷口を広げる結果にもなりえるのでおすすめできる方法ではありません。しかし、多くの人は、何とか今を凌げばなんとかなると考えているので、その場しのぎにはなるでしょう。消費者金融業者には大手から街金まで様々な貸金業者がいます。なかには、審査がいくらでも通るといった街金もあるようです。しかし、根本的な問題が解決していないので結局は先々で破綻してしまうことになるのです。

 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg