お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

キャッシングなら銀行カードローンが良い理由

銀行カードローンは、消費者金融カードローンよりも低い金利です。
金利が低いということは、返済そのものが楽になることです。

また、審査は消費者金融カードローンよりも厳しいです。
しかし、個人信用情報機関的にも、銀行カードローンに審査通過は一応の評価があります。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

カードローンには違いないですが

銀行も消費者金融もキャッシングで同じことです。
しかし、管轄の法律が違っていて、消費者金融より銀行のキャッシングの方が低金利で信用情報の内容でも多少違いがあります。

銀行カードローン利用者は消費者金融カードローンの審査に通る場合が多いですが、消費者金融カードローン利用者が銀行カードローンの審査に通ることは少ないです。

これはカードローン審査の内容の違いですが、それだけ差があるということです。
ですから、最初に借りたいカードローンとしては、銀行カードローンがオススメです。
その後、消費者金融カードローンの申し込みの方が、スムーズに多重債務に移行できると言えます。
 

難点として

銀行カードローンの方が低金利であり、有利です。
しかし、消費者金融のサービスとして、30日間ですが無利息期間があるキャッシングがあります。
今回だけしか借りないというのなら、無利息期間は魅力的です。

10万円では1,000円台の金利ですが、利息ゼロでキャッシングでは、消費者金融の方が良いです。
また、大手消費者金融限定ですが、たいてい即日融資です。
銀行カードローンも以前は即日融資でしたが、現在は即日融資はしていないです。
お金がない、しかもすぐに現金が必要なら、銀行カードローンではNGということに。

金利は高いけれど、無利息期間のある消費者金融で即日融資なら、銀行カードローン以上のお得な内容になります。しかも、無利息期間中に完済ができる内容なら、銀行カードローンよりは大手消費者金融の審査に行く方が良いです。
 

もう一つ提案

銀行カードローンの方が将来的には、低金利です。
無利息期間の消費者金融カードローンも初回だけしか利用できないです。
そして、ずっと使用をというのなら、やはり銀行カードローンが良いです。

大手消費者金融カードローンで無利息期間のキャッシングをしたとします。
完済後は、そのカードローンはそのままにしておくのではなく、解約をすることをオススメします。
もう、その消費者金融カードローンは使わないということで、解約をしてしまうと、個人信用情報機関の内容もまっさらになります。別の機会に、銀行カードローンの審査を受けるときにとても有利です。

信用情報で借入がないとしても、消費者金融と契約をしているのとしていないでは印象も大きく違います。
無利息期間、即日融資以外では、断然銀行カードローンのメリットが大きいということです。
 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg