お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

金がないから多重債務は危険な行為

すでにカードローンの契約をしている方で、返済のためのお金がない。
他社のカードローンの契約をしようとしている。ちょっと待った、です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

多重債務の始まり

カードローン審査は通って、毎月返済をしているけれど、今月はちょっと苦しいから、別の大手消費者金融のカードローンを借りよう。銀行カードローンでもいいかな?多分1社の借入件数では、総量規制範囲内で借入ができます。

ただ、この多重債務の方法では、次の返済も同じように行うのでしょうか?
実際こうして多重債務をしている人の数は多いですが、ここはその方法はオススメしないです。
 

返済のためには多重債務も必要

返済のために他社から借りたというのは、返済をしていないことになります。
というのも、新たな返済が増えるからです。キャッシングは必ず金利が付きます。
低い金利キャッシングだとしても、それが毎月積み重なることで、多重債務地獄になります。

大手消費者金融、銀行カードローンの審査に通らないと、中小消費者金融や街金というように審査の低い方へ走ります。何回かの返済で完済と言っても、新たな返済が増えているはずです。方法としては最悪です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

返済ができないときには金融業者に相談

1万円の返済額が出ないときには、5,000円に交渉をする。
債務整理の一つになってしまい、ブラックになることは必至ですが、それで他社借入なくも完済できれば良いでしょう。1万円から5,000円の返済額にして完済をしたのなら、新たな借入なく完了です。

そして、また借りたい時には、大手消費者金融カードローンや銀行カードローンは借入ができないですが、中小消費者金融や街金ならキャッシングができます。そこで、自分が毎月返済できる金額に設定することで、無理のないキャッシングをしましょう。
 

交渉がイヤな方も多いでしょう

しかし、信用情報では返済のための借入の事実はバレバレです。
そして、その先の返済状況では不審感も出ます。

それなら、思い切って今月から返済額を減らしたいと相談をすることです。
大手消費者金融でも銀行カードローンでもこうした相談はOKです。
完済意欲がある方、変えた金額で返済ができるのなら、快く対応してくれます。
途中で任意整理や自己破産されるよりもずっとましです。
 

債務整理の一つですが

契約の改定は債務整理になります。返済トラブルの一つですが、信用情報的に債務整理では最も軽い部類です。
そして、この債務整理は中小消費者金融や街金では問題にしない内容であり、完済後数ヶ月経っていれば、中小消費者金融でのキャッシングが普通にできます。ここでは、きちんと計画的なキャッシングをしてね。
 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg