お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

過払い金請求と債務整理 中小消費者金融の甘い審査

最近は、過払い金請求の話も聞かなくなったのですが、貸金業法の改正により払いすぎた返済金を引当計算をした上で、余計な返済額を法的に請求できる権利です。

完済後10年間が時効ですが、稀にそれ以降でも請求ができることがあります。
既に10年以上経っている方が多いのですが、今からでも過払い金請求ができる方も存在しています。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

過払い金請求と債務整理

過払い金請求の法律が制定避けたとき、債務整理も簡単にできるようになりました。消費者金融などに返済額が多くこれ以上払えないときに、消費者金融に言うのではなく、法的にこの人は支払いができませんと宣言します。
働けない、収入が減少したなどの理由で良いのですが、債務整理は返済額を少なくすることが目的です。
消費者金融などに、苦しいのでなんとかして下さいというのでは返済期間が長期化して、毎月の負担を小さくする程度の内容です。

債務整理は、根本的に全部の返済を小さくします。
過払い金請求も法的にグレイゾーン撤廃ですから、余計な分は返済するもの。
過払い金請求も債務整理も、消費者金融にとっては大損の内容です。
 

過払い金請求と債務整理の違い

過払い金請求は、既に支払いをしたものから返金してもらうので、ブラックではないです。
債務整理は返済をしていないのに、減らしてほしいと申し出でるのでブラックです。

この違いは大きく、ブラックリストになるので過払い金請求をしない方もいましたが、そんな心配はないです。
債務整理もブラックにはなるのですが、このまま支払いができない借金を抱えているのは問題です。
ブラックでもなんでも返済ができないのなら、さっさとキレイにしてしまうことが必要です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

もしお金を借りたくなったら?

この悩みを持つ方もいます。
ダラダラと返済せずに持っていて、また借りれるようになったら良いと考えているのです。
確かに、債務整理をしてしまうと借り入れが難しいのですが。甘い審査の中小消費者金融に行けば、債務整理ものでもキャッシングができることが多いです。

多いというのは、収入があることが大前提であり、多重債務者とは違い、返済がない状態での申込なら完済ができると判断されます。ブラックですが、返済ができる小口融資を中心に、中小消費者金融では、債務整理者のお金借りたいの相談ものってくれます。

返って良心的なのは、中小消費者金融にとっては、きちんと借金が整理されているし、二度と債務整理はたくないと本気で考えて申込をしていると思うからです。

ちなみに、すぐの債務整理はできないです。
中小消費者金融では、そうならないよう、最初からあまり多くのキャッシングができません。
 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg