お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

審査落ち=債務整理という考え方

カードローンにしてもキャッシングにしても絶対借りれるというものはないです。
必ず審査がありますから、審査の甘い中小消費者金融に行けば、借りれる可能性が高いというだけです。

ところが、ローンカードのある中小消費者金融は少ないです。
また、極甘審査では、対面審査であり、現金手渡し。
返済もきっちり現金というところがあります。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

今は金か?我慢か?債務整理か?

審査落ちを1度でも経験をした方の選択肢です。
まだ借りたいのなら、中小消費者金融や街金などの甘い審査を受けてみることです。
我慢というのはどうしてもお金がほしい場合は、日払いバイトをするとか、親に借りるとか。
一番健全な方法です。

なんといっても借りられないのですから、何らかのトラブルが発生しています。
返済をしなければならない事態ですから、甘い審査もないでしょう。
そこで、債務整理が登場です。
 

債務整理と言っても

自己破産だけではないです。
利息カットの任意整理や個人再生は住宅ローンを守ることができます。
任意整理では数回返済をしていくになりますが、裁判所も通さないので、早く解決します。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

カードローンの申込なのに債務整理?

審査落ちしたときには、必ず検討はしてみてください。
借りに行って借りられないのが、間違った申込みとか、返済していなかったなどのど忘れなどで、「今後間違いなく完済」できるのであれば良いのですが、ギリギリの状態で無理しているキャッシングであれば、債務整理です。

ここで、中小消費者金融のカードローンなどで借りてしまうとその後債務整理になると、問題は大きくなってしまいます。債務整理はできれば、大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちの段階で行うのが理想です。
そして、自分で行うのではなく、費用はかかっても弁護士依頼が妥当です。
 

審査に通らないということは借りれない

債務整理まで行かなくともという方は、弁護士などの借金相談を受けてみてください。
債務整理の必要性もわかりますが、金融業者の審査落ちというのは普通はない話しです。
甘い審査の中小消費者金融があるから良いと言うのは、考えも甘いです。

完済ができ範囲内のキャッシングなら良いのですが、中小消費者金融カードローンの審査落ちだったり、途中で返済ができないことは大変な対応になります。弁護士にしても、中小消費者金融相手では、解決まで時間がかかると言います。大手消費者金融と銀行カードローンの審査に通らないとき、一度立ち止まりましょう。
 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg