お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

審査基準の違いから借りれることも 中小消費者金融の審査

キャッシングは、消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠で可能です。
いずれも審査がありますが、審査基準はいろいろです。ですから、一番厳しいとされる銀行カードローンで審査通らないとしても、消費者金融で借りれるという現象は多いです。

また、消費者金融も大手消費者金融と中小消費者金融でも、審査基準は大きく違います。
 

信用情報の何をみる?

大手消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠の審査では、金融事故が1つでもあると審査通らないです。些細な内容だとしても、言い訳は通らないです。

この金融業者の審査はコンピューターで行うことが多く、人の手でその内容を確認する前に、審査結果がでてしまいます。信用情報では、金融事故は異動情報として記録されてしまっています。中小消費者金融の審査基準が違うのは、その異動情報の内容を確認するからです。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

中小消費者金融の異動情報の許容範囲

それぞれ審査基準も違うのですが、中小消費者金融では総量規制範囲内、延滞の有無などが問題になります。
借入件数も4件までは違反ではないです。大手消費者金融などで審査落ちで中小消費者金融の審査を受けた時に、総量規制範囲が余裕があるなら、中小消費者金融では問題なく借りれるということです。

この異動情報を挟んだ審査の違いは、中小消費者金融で段違いに審査が甘いです。
融資をしてほしいけれど、大手消費者金融ではすぐに断られたとしても、まだ総量規制に余裕がある場合は、中小消費者金融でラクラク借入ができます。
 

債務整理者の扱い

異動情報で、債務整理も大きいです。
大手消費者金融などでは、5年以上は経過してなければならないのですが、中小消費者金融では違います。一応債務整理から1年以上経たないと借りれることはないとされていますが、審査の甘さの違いで、任意整理の返済中の審査通過の口コミもあります。

ある中小消費者金融では、任意整理や個人再生で返済しているけれど、総量規制に余裕ができて、収入が安定している場合の審査通過ができます。その借りたお金で、任意整理完済で完全に債務整理完了ができた口コミもあります。臨機応変の中小消費者金融の審査ですが、金融事故やブラックリストのキャッシングを積極的に行っているところも少なくないです。

しかし、その裏付けとして、安定した収入があり、完済ができるとの見込みがあることが必要です。
ですから、延滞の金融事故に関しては、さすがの中小消費者金融も審査通らないことが多いのは納得です。
saisyuusyudan_468.jpg
 
saisyuusyudan_468.jpg