お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金がない最終手段に検討してほしい「定期預金」でお金を借りる

お金が無くなって困った時、定期預金を積んでいる方は、
定期預金を担保に、お金を借りる事が出来る事をご存じでしたか。
定期預金を担保にお金を借りるとはどのような意味なのか、詳しくご紹介致します。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

定期預金を担保に融資を受ける事が出来る

銀行の定期預金というのは、一定期間お金を積んだままにしないといけない代わりに、
普通預金よりも、高い利子として預け入れが可能となります。
定期預金をご利用すると一定期間お金を下ろす事が出来ない事により、
定期預金を担保に、お金を借りる事が可能となります。
どの銀行でも行っている事ですので、是非一度ご相談をしてみると良いでしょう。

定期預金を積んでいるお客様は銀行にとって良いお客様ですので、
優遇し、お金を貸してくれる傾向があります。
しかも、担保に定期預金があるので、
審査も緩めで、融資を受ける事が出来るという流れです。
 

銀行の定期預金担保の貸付ってどのようなものなのか

定期預金を担保にしてお金を借りる方法は、ほとんどの銀行にて定期預金の90%を限度、
若しくは上限200~500万円までを限度に融資を受ける事が可能となります。

例えば、300万円の定期預金の場合は、270万円若しくは、
200万円までの融資が可能という流れとなります。(金額は銀行によりマチマチ)
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

いつまで返済すればよいのか

定期預金を担保とした融資の返済は、定期預金の満期日までが返済期日となります。
定期預金の満期日まで返済が出来なかった場合は、残りの返済額と利息を、
満期になった定期預金の金額から、差し引きされて支払われる形となります。

定期預金担保の融資金額は定期預金の90%までの金額ですので、
例え満期日まで支払いが出来なかったとしても、
定期預金満期の支払いの際に、マイナスになる事はありません。
支払い日が滞ってしまっても信用情報に傷が付く事は一切ございませんので、
安心してご利用出来る融資方法となります。
 

あくまでもご自分の定期預金から借りるという流れ

定期預金担保の融資は、定期預金の金額より貸付してもらうと行った流れとなります。
もしも、満期日に全額支払いが出来ない場合は、定期預金の金額が少なくなってしまいます。
つまり、低金利であっても特にならない場合があります。

せっかくの定期預金が、残念な形にならないように、
出来るだけ満期日まで、支払いを完了させる事がオススメの流れとなります。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

定期預金担保貸付のメリット

定期預金担保貸付のメリットは、このような内容となります。
 

借入まで手続きが早い

一般的に銀行からお金を借りる場合は、お申し込みから審査、契約まで1か月程かかってしまいます。
もちろん銀行や貸付に対し審査が厳しいので、必ず審査に通るという訳でもありません。

定期預金担保貸付の場合は、定期預金通帳若しくは、
定期預金証書を持ってお申し込みを行う事で、早ければ当日借入が可能となります。
とってもスピーディーですので、早くお金が必要な場合大変重宝します。
 

金利が低い

定期預金担保貸付の場合、金利は定期預金の約定金利に0.5%加算された数字となります。
大手都市銀行をはじめとした銀行の全国平均金利は、
約0.025%ですので、0.5%加算をすると0.525%となります。

一般的な銀行のフリーローンの金利は4~5%ですので、
0.525%という借入金利が、いかに低いのかがわかります。
格段にお安い金利でお金を借りる事が出来る、合理的な融資とする事が出来ます。
 

定期預金を解約せずに融資が可能

定期預金にお金があるのだからそれを解約したほうが良いと思われるかもしれませんが、
定期預金というのは、満期まで動かさないのが基本であり鉄則です。
その為、せっかくの定期預金に手をかける事は出来るだけ避けたいものです。

定期預金というのが銀行との約束ごとですので、
それを途中解約してしまうという事は、銀行に対し良くない行動となってしまいます。
そんな定期預金を解約せずに借入が可能となります。
よって、とても良い借入れ方法となるという事となります。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

定期預金担保貸付の際は途中解約はできない

定期預金担保貸付をご利用している間は、定期預金の途中解約はできません。
大きな費用が必要となり定期預金自体を解約したいとなっても、それは不可能となってしまいます。

定期預金担保貸付が良いのか、定期預金解約が良いのか、
よく考えて決めるようにする事が、大きなカギともいえます。
 

定期預金担保貸付は便利ゆえに注意も必要

定期預金担保貸付は、低金利で便利に借入れが出来る融資方法です。
元々、ご自分が定期預金で積んでいるお金を借りる様なものですので、
罪悪感が無く、自由に使われる方も少なくありません。

そんな便利さゆえに、お金を借りている感覚が無くなってしまう方もいらっしゃるようです。
ご自分が積んでいる定期預金から借りているのですが、
あくまで定期預金から差し引きしている事であり、借金には変わり有りません。
融資の金額が多くなっていくにつれ、気が付いたらマイナスになっている場合もあります。

そんな時は「そのうち返済すればよい」と思われるようですが、
収支が合わなくなり、最終的には定期預金を解約しないといけない場合も発生してしまいます。
こうなってしまうと、せっかくの定期預金も水の泡となってしまいます。
手軽さゆえに便利な定期預金担保貸付ですが、融資しすぎには注意するようにしないといけません。

借り過ぎを防止する為には、こまめに記帳するようにしましょう。
こまめに記帳をしていると、預金残高をマイナスにせずに済みます。
定期預金の管理にもなりますので、こまめにチェックする習慣を付けるようにしましょう。
 

いかがでしたでしょうか。
定期預金担保貸付は便利な借入れ方法ですが、
あくまでお金がなく困った時にだけ、ご利用してほしい融資です。
気軽にお金を借りる事が出来る便利な制度ではありません。
勘違いしないようにしましょう。お金のピンチの時には助けてくれます。
消費者金融等をご利用したくない方は、検討してみると良いでしょう。

 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg