お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

お金がない最終手段「不動産担保ローン」の検討

お金が無くて困った場合の最終手段方法に、不動産担保ローンがあります。
文字通り、不動産を担保として融資を受ける方法です。
持ち家があれば、その持ち家を担保としてお金を借りる事が出来ます。
その為、比較的どなたでもご利用出来る融資方法となります。

持ち家や不動産をお持ちの方は、最終手段としてお金を借りる事が出来るかもしれませんよ。
不動産担保ローンについて、詳しくご紹介致します。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、お持ちの不動産を担保にして、お金を借りる事が出来るローンとなります。
不動産担保がある事で、比較的柔軟な審査により、低い金利で高額なお金を借りる事が可能となります。
担保がある分金利が低くなり、不動産担保に似合った金額を借りる事が可能となります。

不動産はお安い物ではありませんので、
それに似合った融資となると、高額な金額の借り入れが可能となります。
 

不動産担保はどの金融機関でご利用が出来るのか

不動産担保ローンは、様々な金融機関で取り扱っております。
耳にしたことがある大手金融機関でも取り扱っておりますので、非常に入りやすいローンとなります。
銀行や労働金庫、信用金庫、信用組合、消費者金融等、様々です。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

不動産担保ローンの金利や融資額

不動産担保ローンの金利が融資額は、金融機関によりマチマチです。
どのような内容となっているのか、有名どころの金融機関の、
不動産担保ローンの金利と、融資額をご紹介致します。
 

東京スター銀行

  • 金利:変動金利0.80~8.60%、固定金利1.20~9.15%
  • 融資額:100万円~1億円
  • 借入可能期間:1~20年
  • 審査最短5日
 

住信SBIネット銀行

  • 金利:変動金利2.95~8.90%
  • 融資額:300万円~1億円
  • 借入可能期間:1~25年
  • 審査最短:最短1日程度
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

楽天銀行

  • 金利:3.61~9.51%
  • 融資額:100万円~3,000万円
  • 借入可能期間:最長25年
  • 審査最短:最短翌営業日
 

日本保証

  • 金利:5.0~18.0%(プランによって異なる)
  • 融資額:50万円~10億円
  • 借入可能期間:1~240か月(プランによって異なる)
  • 審査最短:最短3日
 

オリックス銀行

  • 金利:変動金利型3.675%、
  • 固定金利期間特約変動金利型 3年固定特約型3.300%、5年固定特約型3.500%
  • 融資額:2,000万円~2億円
  • 借入可能期間:最長35年
  • 審査最短:1週間程度
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

三井住友トラスト・ローン&ファイナンス

  • 金利:変動金利3.90~7.40%
  • 融資額:300万円~10億円
  • 借入可能期間:最長3年
  • 審査最短:最短即日
 

セゾンファンデックス

  • 金利:2.60~15.00%
  • 融資額:100万円~9,999万円
  • 借入可能期間:5~25年
  • 審査最短:最短即日
 

関西アーバン銀行

  • 金利:2.90~3.90%
  • 融資額:100万円~5,000万円
  • 借入可能期間:5~25年
  • 審査最短:最短3日程度

これらの金利をアコム等の大手消費者金融と比較してみると、
大手消費者金融は上限金利が17~18%ですので、全体的にかなりお安い金利という事がわかります。
融資額もとても大きく、不動産の価値によっては億単位で借入れする事も可能となります。

ご利用可能であれば、おまとめローン等お金に余裕を持たせる事が可能となります。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

不動産の評価額とは

不動産担保ローンは、不動産の評価額により融資額が決定します。
融資額は、ほとんどの金融機関の場合不動産評価額の70%が上限となります。
1,000万円の不動産評価額となった場合は、70%の700万円が融資額となります。

金融機関によっては、不動産評価額の割合が70%よりも低い場合もございます。
評価額の割合が高い金融機関をご利用する事が、カギとなります。
 

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンのメリットは、これらが挙げられます。
 

資金使途自由

不動産担保ローンの大きなメリットといえば、資金使途が自由な場合が大半という事です。
特定の目的にしか使う事が出来ないローンとは違いますので、様々な使途にご利用が可能となります。
お金が無く困っている方には、とてもオススメのローンとなります。

ただし、事業性資金に使う事が出来ない不動産担保ローンもございますので、
事業にお金を費やしたい場合は、事業性利用可能な不動産担保ローンをご利用するようにしましょう。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

返済期間が長い

どの不動産担保ローンをチェックしても、返済期間が長いのがわかります。
お金が無い方は、ローンの返済が大変な場合もあります。
不動産担保ローンの様に返済期間が長い事で、月々の返済が楽になります。
 

低金利

低金利であるために、支払い総額が少なく済みます。
その為、おまとめローンとしてご利用される方も多くいらっしゃいます。

お金が無くて困っている方は複数社より借入れをしている場合がありますので、
このようにおまとめローンとしてご利用出来るようになれば、お金に余裕も生まれます。
 

ローン中の住宅でも担保と出来る

不動産担保ローンは担保とする不動産が必要となりますが、この場合お住まいの住宅でも該当します。
しかし、ほとんどの場合は住宅ローン支払い中であるために、
そのような建物を担保とする事が出来るのか、不安に思われる方もいらっしゃると思います。

支払いが残っている住宅の場合、購入額の半分まで支払いが減っていれば、
不動産担保とする事が可能となりますが、金融機関により考え方はマチマチです。

東京スター銀行や、三井住友トラスト・ローン&ファイナンスなどでは、
残債がある住宅でも、担保としてご利用する事が可能となります。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

このような不動産は担保と出来るのか

担保と出来る不動産はどのようなものなのか、気になる方もいらっしゃると思います。
不動産のパターン別に、担保が可能なのかどうかをご紹介致します。
 

親や兄弟が所有する不動産

親や兄弟が等の親族が持っている不動産の場合、
その不動産の評価額が高い場合は、担保としご利用が可能となります。

そのようなご自分所有以外の不動産の場合は、
その不動産を所有している親族に、保証人になってもらう必要が発生してしまいます。
 

古い不動産

古さというのは人の見方のさじ加減があります。
基本的に人が満足して済むことが出来ない不動産の場合は、
価値が無い不動産と断定され、担保とならない場合が大半となります。
 

山奥にある田舎の不動産

山奥にある田舎の不動産の場合、
余程良い物件じゃなければ、担保と出来ない場合があります。
山奥は立地条件が良くないので、不動産として価値が付きにくいからです。
番地等の住所の不動産の場合は、余程良い物件じゃなければ難しいといえます。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

不動産担保ローンの審査対象とは

不動産担保ローンは不動産を担保としたローンですので、不動産への審査と評価が大半を占めます。
しかし、ご利用されるご本人の返済能力も、もちろん問われます。

他社からの借り入れ状況も審査の対象となってしまいますので、
多くの債務がある場合は、審査が通りにくくなってしまう場合があります。
その場合、不動産の価値でカバーできる場合は審査に通る可能性もございますので、
お金を借りる事が出来ず、困っている場合でもお申し込みしてみる事をオススメします。

いかがでしたでしょうか。
お金が無くて困っている方でも、
持ち家さえあれば、不動産担保ローンのご利用が可能となります。
大きな金額を低金利で借りる事が出来、比較的審査が通りやすい部分もオススメです。
急ぎの融資とはなりにくいので、長くても1か月程度待つ事が可能であれば、検討してみる事をオススメします。

 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg