お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

自己破産後10年も経てば借り入れができるはずだけど

債務整理をした方のキャッシングでは、大手消費者金融や銀行カードローンでは、5~7年間は借り入れができないと言われています。しかし、少なくても10年経っていれば、再び違う大手消費者金融では借り入れができる算段になっています。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

10年経っても審査落ち

消費者金融カードローンなどで、自己破産をした方では、甘い審査のクレジットカードなどでは5年程度で契約ができる場合があります。電気量販店で、大きな買い物をしてたまたまカード払いができて助かった方もいます。

そして、10年目で大手消費者金融カードローンの申し込みをすると、審査に通らない。
自己破産は永遠に審査が通らないのでしょうか?そんな不安もあります。
 

一部の金融業者の仕業

自己破産をした場合、金融業者では自己破産の記録を更新します。
それまで遅滞や延滞をしている場合も、自己破産でご破算になります。
信用情報的には真っ白になるはずです。

ところが金融業者で成約残しと言って、その記録を付けない場合があります。
本人としては、裁判所も認める自己破産をして返済義務もなくなりました。
ですが、金融業者の仕業で信用情報では延滞のままになっています。
これでは、どこの大手消費者金融も街金もクレジットカードも審査に通らないわけです。
完全な違法行為であり、個人信用情報機関に異議申し立ても行うことができます。

自己破産後、10年経っても借り入れができない場合は、個人信用情報機関で、自身の信用情報を確認されることをお勧めします。債務整理者も10年の謹慎期間があれば、もう反省したと言っても良いでしょう。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

これは金融業者の違反

なぜ成約残しなのか?というと、自己破産は金融業者にとっては大損だからです。
こちらは返済ができないからと債務整理をします。
しかし、金融業者では詐欺に遭ったようなもので、借り逃げと同様です。
その腹いせに成約残しをする、信用情報で長期延滞をしているようにして、嫌がらせをしているのです。

当然、個人信用情報機関としては金融業者を攻め立てるのですが、あ、忘れてましたという感じで、自己破産記録を10年後に行うこともあります。もっとも、こうした金融業者は信用がなくなり、個人信用情報機関の加盟からも外される運命にありますが。
 

自己破産後10年は自信を持って

と言いたいのですが、既に40代以上になっていた場合、10年間の個人信用情報機関記録なしでは、信用も低くなります。ですが、ブラックリストではない時期なので、甘い審査のところから申し込みをすると良いでしょう。

自己破産10年で、今お金がほしいと申し込みをしても、審査通過の可能性はありますが、金融業者としてもさまざまな事情があります。
 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg