お金の借りれない人のお金を借りる最終手段とは?キャッシングですか?ローンですか?消費者金融ですか?お金を借りる方法いっぱいあります。まだ諦めないで下さいね。少々の金融事故程度での借金は可能です。

お金を借りる最終手段【お金借りれない人】

saisyuusyudan_468.jpg

金融事故だけではないけれど、キャッシング前にクレヒスを作る 

基本的に、消費者金融も銀行カードローンも金融事故があると借りられないです。
大手消費者金融では、スピード審査で即日融資ができます。

1時間という速さで、審査結果だけではなく、キャッシングができるのは、コンピュータースコアリングシステムでの審査だからです。入力データを一挙に審査をして、問題がなければ、在籍確認で審査が完了です。
コンピューターで、チェックが入ると、一応確認をすることがありますが、たいてい審査に通らないことになります。金融事故はコンピューターですぐに引っかかります。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

大手消費者金融でいう金融事故

キャッシングの際の返済トラブルでは、遅滞や延滞などです。
現在はもちろんですが、過去に長期延滞があると審査に通らないです。
債務整理後は最低5年間。多重債務は2件が限界では、年収3分の一の総量規制範囲内の借り入しかないことです。

そして、今回、希望額が総量規制を見えることがあれば、金融事故者の扱いです。
さまざまな項目があるのですが、申し込み情報で収入が少ない、年齢制限、本人確認書類と住所が違うなども審査落ちになってしまいます。銀行カードローンもほぼ同様です。
 

信用情報機関の存在

申し込みの時に借入件数とか、債務整理の有無にチェックをします。
これらは信用情報で消費者金融側で確認ができますが、申し込みの内容と違う場合は、借り入れができないです。
間違った入力も審査に通らないです。

信用情報に関しては、こちらで思うよりもきちんと確認されますから、ごまかしなどは一切できないです。
大手消費者金融では、国内すべての個人信用情報機関での信用情報を確認します。
 
saisyuusyudan_468.jpg
 

初めてのキャッシングだけではなく

クレジットカードの利用もない方は、多分審査に通らないこともあります。
これは個人信用情報機関で記録がないためで、実は自己破産をしているとか、憶測が飛び交います。

憶測だけで審査?ということですが、記録がないことには信用ができないです。
自己破産などで、借りられない状態のときも久しぶりの申し込みで借り入れができないことがあります。
 

クレヒスを作る

自己破産後の方で、個人信用情報機関出が空っぽな方はハウスカードでクレヒスを作りましょう。
ハウスカードとは、特定の店舗で使えるクレジットカードです。
デパートだけで10万円程度のクレジットカードのショッピングだけができる内容です。

そこで、買い物を繰り返して、クレヒスを作ります。そうすると、審査に通りやすくなります。
初めてのキャッシングの方にもお勧めですが、コンピューターで審査では、クレヒスがないことで、審査落ちになるので、一応ご参考に。
 
saisyuusyudan_468.jpg
saisyuusyudan_468.jpg